質問詳細

ゲスト

三島泰平さん

現在、20歳で映像での俳優を目指しています。
決意するのが遅かったこともあり正直焦っています。
まずは演技の基礎から身につけなければいけないと思い、
先日、某大手事務所の育成機関に応募しました。
そこで数名の方と一緒に育成機関に入るための実技審査を受けたのですが、結果は落ちました。
育成機関に入りたい方の大半は初心者の方だと思うのですが、
そこにも入れない僕のような人は何から始めればいいのでしょうか?
事務所に入るためのオーディションなどは沢山受けてきましたが、まず書類選考から通りません。

この世界は甘くない。
失敗しても当たり前の世界。

少なくとも覚悟は決めてきているつもりです。
やれることは何でもやります。

ただきっかけが欲しいです。
厳しい意見でも聞かせていただけると幸いです。

プロダクションからの回答

こんにちは
下記①②を参考にしてください。
①初心者でも受講できる演技ワークショップを受講してみてはいかがですか?
受講してそこが良ければ継続。別のワークショップに変更するのもあり。Googleキーワード検索で「初心者演技ワークショップ」等と入力すればたくさん見つかるでしょう。

②ある人気俳優さんがインタビュー記事でオススメしていた演技書があります。それを読めば、今やるべき事が見えてくるかもしれません。
「俳優のためのハンドブック」(日本語版) 「武器」としての演技技術と俳優という仕事の哲学を書いた単行本。
★人気俳優さんのインタビュー記事抜粋
「演劇入門書や演技論の本を読むのが好きなんです。言ってることは、古典的な本と一緒なんですけどね。“魔法なんて起こらないよ”と。あるいは、“役になりきるなんてあり得ないよ”。膝をポンポン叩きながら読みました。~省略~ このメソッドが100%正しいわけではないし、あらゆる場面で当てはまるものではないと思うけれども、エッセンスは間違いなく役に立つと思うんです。“いい役者になりたい”“いい芝居をしたい”というゴールを直接目指すのではなく、具体的に、いま自分は何ができるのかということを徹底的に考える。自分は何になりたいかじゃなくて、自分には何ができるのか……。うん、やっぱり、役者じゃないみなさんにもオススメしたい1冊です」

以上です。頑張ってください!

初めまして

書類で落ちるのであれば、まずは写真の見直しをしてみては?
しっかりしたスタジオで撮ってみるのももちろん大事なんですが、被写体である三島さん自身をどうすればより魅力的に見えるようにするのか。
スタイルなのか表情なのか見ていないのでわかりませんが、きっと改善できることはたくさんあるはず。
ビジュアルは大事ではあるのですが、それよりも雰囲気が大事です。清潔感だったり爽やかさだったりのいわゆる好感度です。
好感度がなければ仮にイケメンだったとしても通過しないです。

例えば弊社でも良くあることなんですが、新人の子はできるだけスタイルを良く見せようとして黒系のパンツをチョイスしたり、流行りの髪型や、自分らしさが出るような服装にしてみたりなどで工夫をします。でも意外と逆効果な時もあります。
確かに今売れている若手俳優さんの中には前髪重めでアンニュイなイメージの方もいますが、事務所のオーディションの場合、素材そのものの良さを見たいと感じます。
白Tにデニムなどシンプルな服装で、顔が良く見える髪型、そして表情。
かっちこちの笑顔ではなく、愛嬌のある見ている側がつられて笑顔になってしまうような笑顔。
それを例えば全身で使うとしたら、バストアップは意思の強いまっすぐな目線を意識するなど。
工夫はいくらでもできます。

あとは書類の書き方。
字はもちろんキレイな方が好印象です。
書いている内容が「覚悟あります」「死ぬ気で頑張ります」などの精神性をアピールするより、実際にそのために何をしているか、もしくは俳優をやりたいと思ったきっかけ(心が動いた瞬間のこと)など今の三島さん自身に興味が湧くようなことを書いてみる。

少しでも何かしたい気持ちが今は強いと思います。
ワークショップなどは探せばいくらでもありますが、それよりも今は上記のような努力をした方が良いかと思います。
あとはとにかくたくさんの映画・ドラマ作品を観て、本をたくさん読んでください。
とある監督さんは俳優にとって必要な能力は読解力・想像力・コミュニケーション能力と言っていました。
私も激しく同意しています。
本を読むことで読解力・想像力が身につきます。
どこかに所属した時のためにできるだけお金をかけず、基本的な能力を磨いてください。

都内だけでプロダクションは数百はあると思います。
きっかけを掴むためにも、まずは書類通過かと思います。
頑張ってください。