• 2017年07月18日

スクールで誰よりも輝く!キッズダンサーにおすすめの髪型は?

画像

キッズダンサーたちのダンスといえばまず思い浮かぶのがヒップホップスタイル。
そのダンスをさらにおしゃれに見せるヘアスタイル。
他の人に対してのアピールになるし、自分自身の気持ちをあげるのにもいいですね。他の子よりもしっかり目立っちゃいましょう。
ショートヘアーはお手入れも簡単ですが、いろいろアレンジをしやすいのはミディアムヘアですね。
小物も上手に使いながら印象に残るヘアスタイルを目指しましょう。

定番のコーンロウ・ブレイズ

コーンロウは、ヒップホップスタイルのキッズダンサーに、もはや定番と言ってもよい髪型。
編みあがった形がトウモロコシ(コーン)がいっぱい並んでいるように見えることからコーンロウ(CORN=コーンROW=列)と呼ばれます。基本的なものから、ハートや星の形などオリジナリティを出したり、チームでまとめたりすると楽しいですね。

ワンポイントに入れたり、ブレイズなどと組み合わせたりするのもいいですね。
ブレイズは細い三つ編みをたくさん作る髪型。こちらもキッズダンサーには定番。
つけ毛や毛糸を一緒に編み込んだりしておしゃれに仕上げましょう。

ビーズなどを一緒に編み込むのもアクセントになります。
ワンポイントにブレイズを入れたりするのもいいですね。色々な色のゴムを使ってみるのも簡単で可愛いアクセントになります。
どちらも、ほどけば元に戻るので、平日の学校にも安心。
アフロやパーマもキッズダンスの定番。ふわっとかわいいですが、学校などでは指導を受けてしまうかもしれません。
できれば、夏休みなどの長期のお休みに楽しみましょう。コーンロウ、ブレイズ、アフロどれももともとは黒人の髪型。
まさにヒップホップダンスに最適。

激しい動きに負けないスポーティーな髪型

キッズダンスの特徴は、元気な動き。アップスタイル、ポニーテールやお団子ヘアーなども邪魔にならなくて、キッズダンスのスクールの練習にはいいですね。ポイントは高めにまとめること。キュートなイメージになります。
ヘアゴムやヘアピンやスプレー、ジェルなどを上手に使ってダンスの時に邪魔になってしまわないよう注意しましょう。

小物を上手に使って印象的に見せる

キッズダンスのスクールで目立つには、小物を印象的に使ってみてください。
いつも同じ小物を使っていると、「いつもバンダナをつけているあの子」とか、相手の印象に残りやすいもの。

キャップやヘアバンド、バンダナ、スカーフ、ターバンなど、いろいろな小物を上手に使ってみましょう。
髪型やファッションに合わせた小物を上手に活用しましょう。
たんに髪をまとめるだけのものと考えるのではなく、あなたのイメージを印象付けるアイテムとして意識して使ってみましょう。

いろいろ試してみてあなたの個性がはっきり伝わるものが決まったら、それを使ってあなたをアピールしてみてください。

まとめ

スクールでの髪型は、ダンスしやすいもので、手入れがあまり大変でなく、それでいて印象に残るものがいいですね。
人気のコーンロウ・ブレイズも、組み合わせであなたのオリジナルの髪型にしてみてください。

ファッションとのバランスも考えながら、キッズダンサーならではのオリジナルな髪型を楽しみましょう。
スクールでは、本番用のとっておきの髪型は、隠しておいて本番でみんなをびっくりさせるのもいいかもしれません。

この記事を書いた人:ONE