narrowからデビュー!
eclat
所属芸能人

北林 千夏
キタバヤシ チナツ

北林 千夏さんにインタビュー!

  • narrowに登録してどれくらいで所属が決まりましたか?

    2ヵ月くらいです。

  • 芸能人を目指したきっかけは何ですか?

    小さいころにドラマや映画に出てくる俳優さんを見て感動をした記憶があり、私も人に感動や希望、何かのきっかけを与える存在になりたいと思ったからです。

  • いつから芸能人を目指し始めましたか?

    中学二年生のころからなりたいと思っていました。

  • 周りの人に芸能人を目指していることを話していましたか?

    家族と親友にだけ話していました。

  • 家族から応援、または反対されましたか?

    応援してくれています!私の考えを尊重してくれている家族に凄く感謝してます。

  • 芸能人になるためにどんな努力をしましたか?

    常に誰かに見られていると意識して生活していました。美意識やモチベーションも上がり、マナーなどにも気を付けるようになりました。

芸能人を目指したのは中学二年生

  • 今所属しているプロダクションを選んだ決め手は何でしたか?

    設立したばかりの事務所で、先輩もいないですし正直不安はありましたが、事務所の方と沢山お話をしているうちに、この人たちと力を合わせて事務所と共に成長していきたいと思いました。
    設立したばかりだからこそ、きちんと見てくれてサポートやアドバイスもしてくれますし、親密に相談にのってくれます。今の事務所を選んで良かったなと思います。

アクションからコメディまで幅広く演じられる女優が目標です

  • 所属するプロダクションを選ぶときに大事だと思うことはなんですか?

    自分の活動したい方向性と合っているかどうか。それとマネージャーが相談にのってくれるなど、人間関係・雰囲気も大切だと思います!

  • 今一番大変なことは何ですか?

    自分磨きです。オーディションを受ける事が中心のこの時期が大切だと思っているので、その間にしっかりと土台をつくっていきたいです。

  • 目標は何ですか?

    アクションからコメディまで幅広く演じられる女優になりたいです。

  • narrowユーザーに向けて伝えたいことをどうぞ!

    自分の将来としっかり向き合ってるからこそnarrowを利用していると思います。まだまだ未熟者の私が偉そうなことは言えませんが、色々と調べて考えて、自分と家族が納得のいく結論を出せるように頑張ってください!

プロダクションからのコメント

eclat

芸能事業部 統括部長 矢竹より

俳優・女優のマネジメントをしていく中で、事務所として打ち出していく色に合っているかどうかを前提に、純粋さ・真剣さ・向上心を見て、最終的には素の人間性を採用ポイントとしています。
ですので過去のキャリアや、現在のスキルは採用ポイントとして大きな割合を占めておらず、それよりもこの世界で長く輝ける素質を持っているかどうかという、将来性の部分を大切にしております。

北林千夏は、面接日程を決める段階から、「電話に出る」「出れなければ折り返しする」「メールを返信する」という最も基本 的な部分がしっかりしており、最初から好感を持っていました。
これは余談ですが実は彼女、面接時間になっても事務所に来なかったのです。その時は非常に残念だった記憶があります。ですがきっちり一時間後に来たので、一時間勘違いしていたみたいで・・・この話、本人にはしてないので、これを読んだらビックリするでしょうけど・・・。
いつもであれば1分でも遅刻すれば不合格とするのですが、実際に面接で話てみて粗削りではあるけども、個性を伸ばせる様に上手く磨いていけば面白い女優になるという印象とともに、真剣さを強く感じたのでその場で合格の決断を出しました。

北林千夏は現在、オーディションで壁に当たりながら苦しい時間を過ごしている事も多いですが、毎回真剣に役と向き合い課題を克服出来る様に生きているので、焦らずゆっくりと壁を乗り越えて大きな女優へ羽ばたいて欲しいと期待しております。

プロフィール

北林 千夏 キタバヤシ チナツ

1997年7月23日生まれ

[MV]蛭子和典『Harmonics』(倍音epilogue) ギターちゃん役(メイン) 監督:大九明子

≫ プロフィールの詳細を見る

取材協力

eclat

2016年1月に設立のeclat。
実力主義の少数精鋭で、個性を大切にマネジメントを行います。
素質とやる気があれば未経験であっても、万全の体制でレッスンを重ねて、長く活躍出来る役者に成長してもらいます。

≫ プロダクションの詳細を見る