• 2017年03月21日

バラエティな役柄を演じるために!なびきやすい心と体を構築するためのツール

画像

俳優を目指して日々稽古に励んでいる方へ。
俳優として演じる役のアイデンティティは千差万別です。

人間の数だけ、演じる役柄の種類があるといっても過言ではありません。
プロの俳優としてどんな役が回ってきたとしても、フレキシブルに対応していけるように、今回はなびきやすい心と体を構築していくコツについて解説していきます。

フレキシブルに動くために!アレクサンダー・テクニークの活用

演技の稽古でよく活用されるテクニックに、アレクサンダー・テクニークというものがあります。
アレクサンダー・テクニークとは、フレデリック・マサイアス・アレクサンダーが発見した初源的調整作用の自動調節機能のコントロール方法論です。
わかりやすく説明すると、頭、首、背骨の緊張感を解いて呼吸法や発生法、演技力を高めていくためのテクニックの事です。

人間は成長していくにしたがって、日々の生活習慣の癖といったものが染み付いてしまっていくので、何か上手く演じようとしても、声が出にくい、演技の動きがぎこちないといったトラブルに見舞われてしまう事があります。
そこでアレクサンダー・テクニークでは、頭と首の位置をコントロールしていきながら、全身の緊張状態を解いていくといった結論にたどりついたのです。
緊張状態から筋肉を開放していく事によって、細やかな動きを要する演技もスムーズにこなしていけるようになるので、演技力や発生力、セリフ力がどんどん上達していくようになるのです。
アレクサンダー・テクニークの頭と首の位置づけ方法も、芸能事務所の演技のレッスンを受けながら講師の先生に指導してもらって下さい。

普段から出来るだけたくさんの作品に触れておく事!

俳優は与えられた役柄のアイデンティティについて、深く理解する必要があります。
もしかするとその役柄は、自分が今まで全く経験した事のない人生を歩んでいる人の役かもしれません。
そういった時にも戸惑わなくていいように、普段から少しでも時間があったら映画やアニメを観たり、小説や漫画を読んで、そこに出てくる様々な登場人物のアイデンティティについて深く理解できるように訓練していきましょう。

そういった予備知識が多ければ多い程、どのような役が回ってきても、フレキシブルに対応していけるようになります。
できればミステリー、サスペンス、アクション、ファンタジー、恋愛ドラマ、コメディ、SFといった風に、様々な種類の作品に触れながら感動する事が大切です。
このように感動のある毎日を送る事によって、より深みのある感情や表情が養われていくのです。

たくさん笑って、涙を流して、ときめきながら、毎日を充実させていって下さい。
それがきっといつか演技に役立つ日がきます。

自由自在に体重管理が出来るように普段からダイエット!

俳優は、役柄によっては大幅な体重コントロールが必要となる場合があります。
太る事は比較的簡単ですが、中には役のためにマイナス5キロ、10キロといった風にかなりきついダイエットを強いられる事もあります。

それも早く撮影に入るために短期間で強いられる場合もあるので、普段から健康を損なわないように注意しながら、ダイエットしていく知識を蓄えておく必要があります。
役のためにダイエットを強いられていなくても、俳優として常にスタイリッシュな体型を維持するためにも、常日頃からダイエットに努めるようにしましょう。

最近ではダイエットを継続していくのに便利なスムージーやプロテイン、酵素、こんにゃく加工食品など、おいしくて栄養価が高く栄養バランスの良い健康食品が、通販やドラッグストアで手軽に手に入るので、そういった物も上手に取り入れながらダイエットに体を慣らしていって下さい。

まとめ

今回は、俳優としてバラエティ豊かな役柄を演じていくために、アレクサンダー・テクニーク法を用いた演技のコツや、映画や小説にたくさん触れる事の大切さ、役造りのためにダイエットに慣れておく必要性について解説してきました。
プロの俳優として活躍していくためには、このように様々なスキルが必要となってくるので、出来るだけ若いうちから芸能事務所に所属しながら、稽古を積んでいって下さいね。

この記事を書いた人:猫瑠璃