pick_up
工藤めぐみ
東宝芸能

東宝芸能

東宝芸能では、自社オーディションにより数多くの才能を発掘し、息の長い実力派俳優…

工藤めぐみ
クドウメグミ

リオのカーニバルで優勝した、唯一の日本人サンバ ダンサー(パシスタ)

毎年2月、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催されるサンバカーニバル
実はリオ中から集まった、約150以上のチームがメッセージ性や芸術性を競い合い、優勝を賭けたコンテストなんです。
1チームが、4,000から5,000人で構成される中、たった30人だけ選抜されるチームの花形ダンサーを「パシスタ」と呼びます。
2009年、日本人で初めて「パシスタ」として優勝を飾り、現在も来年2月のカーニバルに向け、単身リオで挑戦し続ける日本人トップダンサー、それが工藤めぐみです。

【略歴】
1995年:9歳の時、母親と一緒に、クラシックバレエとサンバを始める
2004年:18歳の時ダンスインストラクターになり、2004年秋19歳・大学1年の時、後期を休学
単身、リオデジャネイロにサンバ留学 
「G.R.E.S Tradicao(トラヂサォン)」「G.R.E.S Portela(ポルテーラ)」2チームのオーディションに合格
2005年2月:パシスタとして、リオのカーニバルに初出場
2008年秋:23歳 「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro(サルゲイロ)」のパシスタに選ばれる
2009年2月:チームは16年ぶりに優勝 日本人パシスタとして、初めての栄冠!!

2010、2011、2013、2114、2015年
「サルゲイロ」のパシスタとして出場を続ける
*2014年、2015年は、準優勝

2015年11月:渡伯
「サルゲイロ」パシスタとして、2016年2月のリオのカーニバルで、優勝を目指しました

帰国時は、神戸のサンバチーム「BLOCO Feijāo Preto(ブロコ フェジョンプレット)」のダンサーリーダーを務める
日本国内で数々のショーに出演の他、トップアーティストのバックダンサーとしても活躍
そして、地元神戸では、ダンススクールで後進の指導にもあたっている

サンバコンテスト「サンバフェスタKOBE」では、2008年~2014年まで、続けて最優秀賞を受賞、6連覇(2013年は、悪天候により中止)

ジャンル
サンバダンサー
生年月日
1985年9月3日
出身地
神戸
身長
168cm
特技
サンバ
出演歴
[テレビ]
2016年2月28日
TBS『情熱大陸』
同じプロダクションに所属する芸能人