オススメの特集

  • 2017年11月20日

芸能界独特の常識、社会人としての常識について

画像

芸能界独特の常識、社会人としての常識について

皆様が目指す「芸能界」は、他の一般社会よりも
さらにマナーや高い当たり前レベルが求められる世界で、
それは、プロダクション、業界関係者からは、初めてオーディションに応募する方、
初めてnarrowに登録する方にも、備わっていてしかるべきと思われていることがほとんどです。

「知らなくてマナー違反をしてしまった」
「注意されたけれど何がいけないのかわからない」等、
知っていれば防げる失敗や不和をなくすべく、
実際にプロダクション関係者から意見を多くいただいている事例を中心に、
【オーディション応募時の注意事項】【narrow利用時の注意事項】
をお伝えさせていただきます。


オーディションに応募するときの注意事項

1:応募前に必ず条件を確認しましょう(面接に行けるか、本番に出演できるか等)

2:プロダクション所属者は、必ず自分でプロダクションの許可を取り、
  関係各所に調整をしてから、応募をしましょう。

3:条件について質問がある場合は、事前に問い合わせましょう。

4:未成年者は保護者の同意を得た上で応募しましょう。

5:メッセージのやりとりは、丁寧な言葉で失礼の無いように心がけましょう。

6:プロダクション関係者の方には、
  非常に多忙な中スケジュールの調整をしてもらっているということを忘れず、
  一度約束した面接は必ず日程を守りましょう。遅刻も厳禁です。
  (どうしてもいけなくなった場合は、なるべく早く、丁重に理由を連絡し、
  別日程の調整をお願いできないか相談することが正解です。)

7:他のプロダクションのオーディションにも応募している場合は、
  何社面接を受けていて、いつ結果がでる予定で、いつ返事をします、
  ということを伝えましょう。
  芸能界に入ったら選考を辞退したプロダクション関係者と
  仕事が一緒になることも十分あります。
  面接の時点から、失礼のない言動を心がけることは非常に大切です。

8:所属・出演契約の内容は必ずよく確認し、不明な点や不安な点はうやむやにせずしっかりと質問しましょう。
  未成年の場合は保護者の方にも必ず確認してもらいましょう。
  そして契約した後の「やっぱり出れません」「やっぱり辞めます」は、非常に失礼です。
  あなたの合格の裏に不合格になった方も発生しています。
  「所属・出演契約」について、真剣に考えてください。

9:面接、オーディションを通して知り得た情報は口外してはいけません。(SNSも絶対にNG)
  芸能界は狭く繋がりが多い世界なので、あなたの信頼を損ねて機会を損失してしまいます。


narrow登録時の注意事項

1:虚偽の記載は絶対にNG!
  (芸名で登録されている方もいますが、本名でお願いします)

2:SNSのアカウント名は記載しないでください!
  (スカウト受諾前にあなたの連絡先が分かってしまうことになります。)

3:アカウントは書かずに、SNSのフォロワー数や活動状況の記載は是非してください!
  チャンスがひろがります!

4:学歴(学校名、学科名等)、部活、特技、趣味などは事細かく記載した方がチャンスがひろがります!

5:プロダクション所属者は必ずプロダクションの許可を取って、
  許可をくれた方の名前を所定の欄に記載してください!
  (「(許可無しに)移籍先を探しています」は絶対にNG!
  あなたが今所属しているプロダクション関係者も目にする可能性がありますし、
  業界的にタブーなので、声もかかりません。)

6:首都圏以外の在住者は、
  都内に通える頻度や、上京の意思(可否)、
  地元でできる活動を希望している、等、
  活動希望エリアを記載するとスムーズです!

7:snow等の加工写真は規定違反ではないですが、プロダクションのウケは悪いので注意!


ペナルティについて

面接、オーディションをドタキャンをしてしまった場合、
プロダクションはあなたをドタキャンしたユーザーとして報告する場合があります。
ドタキャンを2回以上してしまった場合、ドタキャン履歴が履歴書に反映されてしまうことがありますので、どうしても行くことができなくなってしまった場合は、必ず電話で担当者の方へ連絡し、別の日程を調整してもらいましょう。

また、
スカウト受諾後やオーディション書類選考通過後、
プロダクションからの連絡に応答しない場合、合格が取り消しになってしまうこともあります。
一般的なマナーとして、1~2日以内(最低でも3日以内)に返事をするようにしましょう。
スケジュール調整が難しい場合は、そのことを担当者へ伝えましょう。


以上、
実際にプロダクション関係者からいただく声を中心に、
あらためて皆様にご留意いただきたい事項をお伝えさせていただきました。
未経験でも、スキル不足でも、
マナーとやる気があれば、チャンスはいただけ、
プロにサポートしてもらえる世界です。

つまり、マナーさえ守れば、
確実に一歩踏み出すことができるとも言えます。
夢に向かってがんばりましょう!

この記事を書いた人:narrow運営チーム