オススメの特集

なりたい職業別
夢に近づくHow to 特集

アクセスランキング

  • 2018年09月05日

サンリオピューロランドで開催! ダンスボーカルオーディション02取材レポート

画像

©2018 SANRIO CO., LTD.

8月5日にサンリオピューロランドで行われ、narrowでも参加者を募集した「ダンスボーカルオーディション02」を取材させていただきました!
実際にオーディションがどのような流れで行われるのか気になる方も多いのではないかと思います。ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

会場はサンリオピューロランド&審査員はそうそうたるメンバー

画像
ここが会場のディスカバリーシアター 入り口

ここが会場のディスカバリーシアター入り口

画像

ポップでかわいいステージ! ここに上がって歌やダンスを披露します

画像

豪華な審査員!

審査員は現役で活躍されている方や、avex、ビクターエンタテインメント、フォーライフミュージックエンタテイメントなど大手レコード会社の方などそうそうたるメンバーでした。
※服部さんは、当日仕事のご都合で残念ながら欠席となりました。

narrowから出場される方たちにインタビュー!

M.Sさん

画像

ー自己紹介をお願いします。
高校生の2年間、エイベックスのダンスアカデミーで歌とダンスのレッスンを受けていました。高校卒業と同時にアイドルの活動を始めたのですが、あまりメンバーと意見が合わなくて、短い期間で卒業という形で辞めてしまったんです。
演技もやってみたらと進めてもらって演技の勉強もしていたのですが、このオーディションを見つけ、やっぱりグループに入ってダンスと歌をやるのが自分の夢だなと思ったので応募しました!

ー今日歌う曲は奥華子さんの「恋」ですが、この曲を選んだ理由を教えてください。
アカデミーに通っていたとき、3か月に1回発表会があったのですが、その中でもいちばん気合を入れて練習した思い出の曲だったのでこれにしました。バラードなので、今日は歌だけで勝負します。

ー最後に、オーディションへの意気込みをどうぞ。
ダンスと歌ができるグループに入って活動するのが夢なので、今回にかけたいと思っています! よろしくお願いします。

ーありがとうございました!

楓菜々さん

画像

ー自己紹介をお願いします。
楓菜々と申します。将来の目標は、大きいミュージカルの舞台にしっかり立って、それでごはんを食べていくことです。

ー目標としている人はいますか?
新妻聖子さんと、大野拓朗さんです。

ー今日歌う曲はディズニーの「パート・オブ・ユア・ワールド (リトル・マーメイド)」ですが、この曲を選んだ理由を教えてください。
ミュージカルの曲でみなさんが知っている曲は何だろう、と考えて選びました。この曲は、オーディションで「歌が特技です」というときにもよく歌います。「あ、ミュージカルやりたい子なんだな」とわかってもらえると思って。

ー最後に、オーディションへの意気込みをどうぞ。
せっかく観客席もあって、普段はしっかり舞台をやっている場所なので、自分が楽しんでできたらいいなと思っています。

ーありがとうございました!

横山伶菜さん

画像

ー自己紹介をお願いします。
宮城から新幹線できました、高校3年生17歳の横山伶菜です。

ー目標としている人と、夢のために努力していることを教えてください。
憧れの人は西野カナさんです。作詞作曲もできるシンガーソングライターになりたくて、中学生の頃から詞を書いたり、曲を作ってみたりしています。

ー今日歌われる曲は高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」ですが、この曲を選んだ理由を教えてください。
小学生のとき、たまたまテレビで見たカラオケ番組で聴いて衝撃を受けました。力強く歌っていて「ああ、きれいだな」と素直に思って、それからすごく好きになりました。同じ高橋洋子さんの「魂のルフラン」とどっちにするか迷ったんですけど……。

ー最後に、オーディションへの意気込みをどうぞ。
もともとほかの事務所に所属していたのですが、このオーディションをどうしても受けたくて事務所をやめました。なので、今はこのオーディション一本で勝負をかけています。

ーありがとうございました!

オーディション開始! 大まかな流れをご紹介

司会の「ニレンジャー」のお二人が場を盛り上げつつ進行。
ボーカル・ダンス部門の各審査は参加者本人が選んだ曲で行われ、いずれの曲もちょうど2分たったところで音楽が止まるルールでした。

・開始の挨拶・審査員紹介

・ボーカル部門審査

・ダンス部門審査

・スペシャルゲスト「Super Break Dawn」ステージ

・結果発表

オーディション写真

ボーカル部門

画像
画像
画像

ダンス部門

画像

パフォーマンス後は質疑応答

ひとりひとりの審査のあと、審査員陣から質疑応答の時間がありました。
パフォーマンスでよかった点や気になった点、追加で聞きたいことなどが直接伝えられました。緊張をほぐすため、場が和むような話が振られることもあり、和やかな雰囲気でした。

実際の質疑応答内容をいくつか紹介


・楽しそうにやっていてよかった。
・表情をつけて、顔で歌っていてよかった。
・司会の二人が振らなくても自然と手拍子が起こり、歌で観客を引きつけられていた。
・感情があまり込められていないように見えた。
・服装を歌に合わせていてよかった。歌の世界観をつくることは大事。
・今日のお昼ごはんは?
・猫派ですか? 犬派ですか?
・(両部門とも出演した人に)歌とダンス、どっちが好き?
・ダンスはキメ顔が大事なので、キメ顔のレパートリーを増やそう
・振りは自分で考えたのか?
・正面だけでなく、左右へ目線を向けていてよかった
・どんなトレーニングをしているか?
・気が抜ける瞬間があるように見えたので、テンションを保つ努力を

……などなど。これが正解、というものはないですが、ちょっとした質問でも、受け答えの際の印象も選考に含まれます。

結果発表! そしてキティちゃんが登場!

今回合格したのは7名! ひとりずつ、今の気持ちを話しました。
そして、なんとキティちゃんがお祝いにかけつけてくれました! これには会場のみなさんも大喜び。

画像

narrowからは3名が受賞! 喜びの声を聞かせていただきました。

◆M.Kさん
自分では普通に駄目だと思っていたので、びっくりしています。声も上ずっちゃったりしたので……本当に嬉しいです。全力でやりたいことに向かって頑張っていきたいです!

◆楓菜々さん
まだ何も実感ないです。他の出演者の方とカラーが違いすぎて、場違いだったかなと思っていたので、ああよかった、と思いました。自分の歌もダンスもまだ満足いっていないので、プロの舞台に自信を持って立てるように、しっかり身につけていきたいです。

◆横山伶菜さん
緊張して、受けるのやめたいなと思ったくらいだったんですけど、今は本当に受けてよかったな、と思いました。これからは、音楽の活動をしっかりやりつつ、演技などにも興味があるので、幅広く頑張っていきたいです。

選考は応募時から始まっている……? 代表の三島さんからひとこと

このオーディションを開催した、ファーストライン代表の三島さんからオーディションの参加者にお話がありました。

合格した方、おめでとうございます。
とはいってもこれからです、今後どうするかをご相談してやっていきたいです。
受かったからすぐに何かがあるわけではありません。

不合格の方たちもこれはあくまでファーストラインの企画、ファーストラインのオーディションでたまたまそれに合わなかっただけなので、あきらめずにチャレンジしてください。個人的には、夢はあきらめなかったら何とかなると思っています。

今回受かった方の中にも、この先落ちた方たちよりうまくいかない方もいると思います。
先は何があるかわからないので、それぞれ、今日のこの結果がよかったと思って今後も頑張っていただきたいです。

また、今回に関しては、応募後のメールのやり取りからすべて見ていました。言葉遣いや礼儀がきちんとしている方は、そこも含めて合否を検討しました。

まとめ

いかがでしたか? なかなかオーディションをまるごと見られる機会はないので、これからオーディションを受けると思っている方、ぜひ参考にしてみてくださいね。
三島さんの「メールのやり取りから選考している」というお話が印象的でした。実技のクオリティを高めるのはもちろん、自分の内面を磨いていくことも重要。ぜひ、今後意識してみてくださいね。

©2018 SANRIO CO., LTD.

画像

協力先プロダクション: FIRST LINE

ハローキティをはじめ、ワールドワイドキャラクターがたくさん存在するサンリオピューロランドで、
ハローキティのように日本のみならず世界中の人達に愛されるようなグループのメンバー募集オーディションを開催します。
あなたのサウンド、パフォーマンスが世界を変える!新しいムーブメントを巻き起こそう!

※FIRST LINEは、
上記のようなオーディション、イベント、ライヴ、コンサート、舞台、映像作品等の主催はもちろん
芸能プロダクションとして、
芸能タレント、音楽家、スポーツ選手、インストラクター等の養成並びにマネージメントも手掛けております。

この記事を書いた人:narrow運営チーム