オススメの特集

メインビジュアル
  • 2019年03月03日

クドカン脚本の注目大河ドラマ!オリンピックを目指す人々の熱く、ちょっぴり可笑しい物語 大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」キャストまとめ

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が社会現象となり、改めて実力を認められた宮藤官九郎さんが、いよいよ大河ドラマの脚本を手掛けることになりました。大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」は、初回から宮藤官九郎さんならではのテンポの速いストーリー展開と2話以降の伏線回収の見事さに既に魅了されている人も多いのではないでしょうか?
今回はこれから益々目が離せない「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第1章ストックホルム大会篇の主要キャストや所属事務所をご紹介していきます。

2人の主役

画像

中村勘九郎さん 金栗四三(しそう)役 ファーンウッド

1909年での主人公を務めるのは中村勘九郎さん。最近は「銀魂」シリーズなどの体を張った演技も注目されている中村さんですが、今回は日本人初のオリンピック選手でもあり「日本マラソンの父」と呼ばれる金栗四三を熱演しています。

金栗四三は実直な性格が可愛らしくもあり、魅力的なキャラクターを中村さんが見事に演じています。どのようにして長距離選手としてオリンピックへ出場することになるのか、今後も目が離せません。

中村勘九郎さんはファーンウッドに所属しています。

所属事務所:ファーンウッド


画像

阿部サダヲさん 田畑政治役 大人計画

1964年の東京オリンピックを、組織委員会事務総長として成功に導いた田畑政治役を阿部サダヲさんが演じています。まだ出演時間は少なく、今後、金栗四三の物語とどのように結びついていくのか今から楽しみです。

阿部サダヲさんは大人計画に所属しています。

所属事務所:大人計画

東京高師・大日本体育協会

役所広司さん 嘉納治五郎役 ワイ・ケイ事務所

アジア初のオリンピック出場を目指す嘉納治五郎役を役所広司さんが演じています。スポーツという概念もなかった時代にオリンピックが掲げる平和への想いに強く賛同し、ストックホルムオリンピックへ選手を送り出すべく奔走します。
柔道家としての強さだけではない、器の大きさを感じさせる、それでいてどこか可愛らしさもある絶妙な深みのある演技が光っています。

役所さんはワイ・ケイ事務所に所属しています。

所属事務所:ワイ・ケイ事務所


画像

竹野内豊さん 大森兵蔵役 研音

アメリカの体育に精通し、のちに四三たちが参加することになるストックホルムオリンピック日本選手団の監督を務める大森兵蔵役を竹野内豊さんが演じています。

竹野内豊さんは研音に所属しています。

所属事務所:研音


杉本哲太さん 永井道明役 シス・カンパニー

肋木を普及させた日本スポーツ界のパイオニア的存在でもある永井道明役を杉本哲太さんが演じています。

杉本さんはシス・カンパニーに所属しています。

所属事務所:シス・カンパニー


画像

古舘寛治さん 可児徳役 空

嘉納治五郎の腹心の部下でもあり、治五郎とともにオリンピック初参加へ奔走した可児徳役を古舘寛治さんが演じています。

古舘さんは空という事務所に所属しています。

所属事務所:

熊本の人びと

画像

綾瀬はるかさん 春野スヤ役 ホリプロ

四三の幼馴染で、四三に淡い恋心を抱いている春野スヤ役を綾瀬さんが演じています。熊本弁を話す綾瀬さんが可愛いらしく、四三だけでなく視聴者でも癒されている人は多いのではないでしょうか。
今後、四三との恋は成就するのか目が離せません。

綾瀬さんはホリプロに所属しています。

所属事務所:ホリプロ


画像

中村獅童さん 金栗実次役 エイベックス・マネジメント

病弱な父の代わりに一家を支えてきた大黒柱でもある四三の兄、金栗実次役を中村獅童さんが演じています。
四三に期待を寄せ、時に厳しく、時に優しく四三を支えます。しかし、少し世間知らずで融通が利かないところもある兄を、中村獅童さんが面白みも加えつつ巧みに演じています。

中村獅童さんはエイベックス・マネジメントに所属しています。

所属事務所:エイベックス・マネジメント


画像

勝地涼さん 美川秀信役 フォスター・プラス

四三と同じく熊本から上京した四三の親友、美川秀信役は勝地涼さん。流行に敏感で、お調子者であるものの、どこか哀愁が漂い憎めない役どころを見事に演じています。

勝地さんはフォスター・プラスに所属しています。

所属事務所:フォスター・プラス

三島家・天狗倶楽部

生田斗真さん 三島弥彦役 ジャニーズ事務所

超エリート一族の次男に生まれ、自身もトップエリートでありながら、「運動会の覇王」と呼ばれるほどの身体能力を持つ三島弥彦役を生田斗真さんが演じています。

生田さんはジャニーズ事務所に所属しています。

所属事務所:ジャニーズ事務所


画像

小澤征悦さん 三島弥太郎役 TOM company

小澤さんが演じるのは生田さん扮する三島弥彦の兄であり、のちの日銀総裁にもなる三島弥太郎です。三島家の当主として、弥彦にも厳しく当たる役どころになります。

小澤さんはTOM companyに所属しています。

所属事務所: TOM company


画像

杉咲花 シマ役 研音

今やドラマにCMに引っ張りだこの若手演技派女優の杉咲花さんが演じるのは三島家につかえる女中のシマです。スポーツに興味を持っており、今後どのような役回りに変わっていくのか見逃せません。

杉咲さんは研音に所属しています。

所属事務所:研音

画像

満島新之助さん 吉岡信敬役 ユマニテ

満島さんが演じるのは、三島弥彦が所属する「天狗倶楽部」の名物男、吉岡信敬。応援団長的な存在で「ヤジ将軍」と呼ばれており、存在感のある満島さんならではの役どころです。

満島さんはユマニテに所属しています。

所属事務所:ユマニテ

孝蔵

森山未來さん 美濃部孝蔵役 個人事務所

物語の語り手でもあるビートたけしさん演じる“古今亭志ん生”の若かりし頃の美濃部孝蔵を森山未來さんが熱演しています。語り以外では今のところ、主人公の金栗四三との接点がほとんどない状態なのですが、今後メインストーリーにどのようなに影響してくるかが今から楽しみです。

森山さんは以前はオフィス作に所属していましたが、2016年より個人事務所に所属しています。

志ん生一家と弟子たち

ビートたけしさん 古今亭志ん生役 T.Nゴン

「落語の神様」と呼ばれ、寄席は連日大盛況の落語家でありながら、なぜか突然“東京オリムピック噺”を寄席で始めるなど、四三の物語にどのような関係があるのか謎の人物でもあります。若かりし頃の孝蔵が古今亭志ん生になるまでの物語も気になるところです。

ビートたけしさんはT.Nゴンという個人事務所に所属しています。


画像

神木隆之介さん 五りん役 アミューズ

突然、志ん生の家を訪ね弟子入りをお願いするものの、落語にあまり興味がなさそうな謎の人物を神木隆之介さんが演じています。四三と同じ習慣があるなど、今後の物語に深く関わってきそうな人物です。

神木さんはアミューズに所属しています。

所属事務所:アミューズ

まとめ

既に第1話のあらゆる伏線を回収していますが、新たな伏線も張ってあり、今後もますます見逃せません。宮藤さん脚本ならではの最後まで飽きさせない仕掛けが今後も続々と出てくることが期待されます。
このドラマで気になる俳優さんや女優さんがいたら、ぜひnarrowで情報を調べてみてください!

この記事を書いた人:古村ユカ