オススメの特集

メインビジュアル
  • 2019年11月12日

20代からモデルを目指すのは遅い?「なりたい」と思ったらすぐに動き出そう

「モデルになるためには10代の頃から動き出さないといけない」
「だから20代の私にはもうモデルになるチャンスはない」

そう思っていませんか?だとしたら、それは間違いです。

実は20代を過ぎてからもモデルとして活躍するチャンスはあります。
かくいう筆者も20代後半からモデル事務所に所属しました。周りには「学校を卒業してから一度は社会人を経験したけれど、やっぱりモデルをやりたい」と言って始めた人がたくさんいます。

20代からでもモデルになれます。「なりたい」と思ったらすぐに行動を起こすようにしましょう。

20代の女性にもモデルとしての需要はある

なぜ20代の女性にモデルとしての需要がたくさんあるのかご説明します。日本では老若男女問わず全ての人が少なくとも人前に出るときには服を着ますし、歳をとらない人はこの世にいないので、各世代のモデルが必要なのです。
ファッションを楽しむ人が多い20代、30代のモデルも当然需要があります。

20代の女性には、モデルとして「オフィスなどで働くキャリアウーマン」や「お母さん」などの役が求められることが多いです。特にお母さん役ができる人はモデル業界で長生きできると言われています。

今からモデルになるためにやるべきこと

画像

20~30代の人にもモデルになるチャンスがあることをお伝えしました。。一方で、時間がたてばたつほどチャンスを逃してしまうのも事実です。「モデルになりたい」と思ったらすぐに夢を実現するための行動に移しましょう。

以下には「モデルになりたい」と思っている20代女性がいますぐやるべきことを2つ紹介します。

キャリアプランを立てる

モデルになれたとしても、食べていけないと困りますよね。
現在仕事をしている場合は「仕事と両立する方法を探す」「転職する」など、どうやってモデルをやっていくかというキャリアプランを立てる必要があります。経済的に困らない、かつ夢を叶えられるアイデアをまずは考えてみてください。

モデルの仕事と他の仕事を両立させている人は少なくありません。特に最近は副業を許可する企業も増えているので、会社員のかたわら副業としてモデルをやっている人もたくさんいます。

自分の今の状況を踏まえた上で、どのようにモデルとして活動していくかをたくさん考えてみましょう。

事務所に応募する

キャリアプランを立てるのと同時に、モデル事務所を探しましょう。

20代の女性でも応募を受け付けてくれるモデル事務所はたくさんあります。「モデル事務所 地元の地名」などで検索すると自宅近くのモデル事務所が見つかるかもしれません。

書類選考や面接、オーディションを受けていく中で、モデルとしてどう活動していきたいか、というキャリアプランがより明確に描けるようになります。もし不合格になった事務所があったとしても、そういう気付きに意味があるので、どんどん応募することをおすすめします。事務所のスタッフに相談することで、自分では気づかなかった活動の仕方を発見することもあるでしょう。

まとめ

夢を叶えるのに遅すぎるということはありません。20代を過ぎてもモデルになるチャンスはあります。

モデルになりたいと思うのであれば、今すぐ行動するべきです。自分自身と向き合い、夢を実現する方法を考えましょう。

画像

ライター・モデル・作家: 鈴木詩織

1990年生まれ。
2016年に一念発起し、勤めていた会社を退職。以降モデル、作家として活動を開始。
過去に3度のミスコン出場経験を持つ。
結婚後も中国の歴史小説を執筆する傍、モデルとしての仕事もこなしている。

この記事を書いた人:鈴木詩織