オススメの特集

  • 2016年04月16日

これぞオーディションで活かせる歩き方!日常で実践できるキレイな歩き方の練習方法について

画像

表向きは俳優、女優、モデル、タレントと一見して職業が分かれているように見えますが、実際には女優がモデルのようにファッション雑誌の撮影の仕事をする事もあるし、モデルがドラマや映画に出演する事もあります。そう考えていくと俳優、女優、モデル、タレント達はお互いに似たような練習を積んでいくのが理想的だといえるでしょう。
今回は様々なオーディションの場面でフレキシブルに対応できるようになるための歩き方の練習法について紹介していきます。

ファッションショーのオーディションでは表現力のある歩き方がポイント!

ファッションショーのオーディションでは、ランウェイをただまっすぐ歩くだけでなく、音楽に合わせてリズムに乗りながら歩く事が重要ポイントとなります。
歩き方も、

●大股でかっこよく歩く
●脚をクロスさせるキャットウォーク
●背筋を伸ばして歩く
※お腹の筋肉に力を入れる事によって背筋が伸びますが、これはドローイングの効果もあるのでダイエット効果も期待出来ます。
●頭のてっぺんを1本の糸で吊られている感じを意識して歩く
●指の先まで美しく見せる事を意識して歩く
※指先がだらんとしないように注意しましょう。
●いつでも笑顔を振りまけるように楽しそうに歩く
●あごは若干上げ気味にする
●膝が曲がらないように注意しながら足をまっすぐ出す

こういった点をしっかり注意しながら、普段の生活の中で歩く訓練をしていきましょう。
これらの条件をすべて満たすようにと全身を意識して歩いていく事は、実際には非常に難しいです。
普段の生活の中で練習する時には、歩道を歩く時にまっすぐに伸びた線があったら、その道に沿って歩くようにしましょう。キャットウォークの訓練を積む場合には、1本の線の上を左右で踏む際にクロスするように意識して歩くと良いです。パリコレといった海外のファッションショーに比べると、日本の東京ガールズコレクションやブライダルショーなどでは、モデル達は満面の笑顔を振りまくシーンが多いので、歩きながらいろいろな笑顔を表現できるように訓練しておいて下さい。

O脚やX脚は早めに改善しておきましょう!

脚は細くて長いのに、左右の足の隙間が空いていて目立つ人がいます。このようにO脚やX脚は女性に多いようですが、これはモデルとしては大変不利な状態です。O脚やX脚の人は、歩いていると正面から見た時に隙間が目立ってしまうので、見た目が美しくないのです。その隙間をカバーするために、かなり大胆に左右の足をクロスして歩かなければいけなくなるのですが、それだと足がもつれやすくなってしまいます。
まずはO脚やX脚を改善する事を先決に考えてトレーニングしていきましょう。

●O脚を改善するエクササイズ
手軽に取り組めるO脚矯正のエクササイズとしては、立ったままでできる膝曲げ屈伸です。
まっすぐ立って膝を前に突き出して、そのままきゅっとお尻を引き締める事を意識しながらまっすぐに立ちます。そうするといつもよりは、お尻や足がくっつている感じがするでしょう。これを毎日リピートして行う事によって、次第にO脚が改善されてきます。

●X脚を改善するエクササイズ
X脚の原因としては、骨盤の歪みや骨盤の筋肉のコリ、足の内側の筋肉が弱くなっている事によるものが大きいようです。改善策としては、骨盤を大きくぐるんと回しながら骨盤のコリをほぐしていきます。この動作は一般的に骨盤体操と呼ばれています。
他にもまっすぐに立った状態で椅子に片手を軽く載せて膝を曲げないように注意しながら、片足を後ろ方向へ蹴ってつま先を立てるようにします。これで内側に向いてしまった膝をまっすぐに向くように改善していきましょう。

O脚やX脚は体の歪みから生じている事が多いのですが、体に歪みがあるとドラマや映画の歩くシーンの撮影の時にただ普通に歩く時にも歪んで見えてしまうので、早めに改善しておくように心がけていって下さい。

かっこいいキャットウォークの練習法

モデル志願の子達の一番のあこがれは、何といってもファッションショーだと思いますが、そんな時に大変なポイントが、

●リズム感
●表情
●ポージング
●表現力

といった事です。
ファッションショーで使用される音楽の種類も衣装も様々なので、出来たらいろいろな種類のダンスの振り付けをマスターしておく必要があります。そんな時にお勧めのエクササイズが、ZUMBAです。
ZUMBAはサルサやタンゴ、フラメンコ、ヒップホップ、ベリーダンスといった風にノリのいい音楽に合わせて様々な種類のダンスの振り付けを交えたエクササイズなので、ダイエットも兼ねて楽しみながら取り組む事が出来ます。普段の生活の中で、簡単に取り組めるZUMBAのエクササイズによって、様々な種類のダンスの振り付けをマスターしておく事によって、オーディションの場面でもフレキシブルに対応していけるでしょう。
オーディションの場面では、このようにただまっすぐ歩かせるだけでなく、実際のファッションショーのような動きを取らせる事もあるので、普段から反射神経やリズム感を養っておいて下さい。

まとめ

今回はオーディションで活かせる歩き方と日常で実践できるキレイな歩き方の練習方法について解説していきました。実際にこれらの注意するポイントを全て満たすように意識して歩いていくと、非常に難しいといった事がわかるはずです。それも自然な感じでできるように、普段からしっかり訓練を積んでいきましょう。

この記事を書いた人:猫瑠璃