オススメの特集

  • 2017年03月10日

雑誌からの応募が夢への第一歩!読者モデルになるために必要なこと

画像

モデルになるための、一番身近で、間口が広いのが読者モデルではないでしょうか。現在トップモデルとなった方でも、最初はいち雑誌の読者モデルだったという方も少なくありません。読者モデルのための心がけを実践して、夢への一歩を踏み出しましょう!

ファッションセンスを磨く

モデルにとって最も大切なもの、それはファッションセンスです。
「でもセンスなんて生まれ持った才能なんじゃ…」なんて諦めることはありません。
ファッションセンスは努力でもよりよくすることができます。

まずはいろいろなセンスのいいモデルさんのファッションを研究して、審美眼を養いましょう!
服のデザインだけではなく、色彩を見て、どうしてこの組み合わせなのか考えるのがポイントです。

そして大切なのが、自分に似合う服を見つけて身に着けることです。
いくらセンスのいい服でも、自分に似合わないものではなかなか魅力が伝わりません。
普段から自分に似合う服装も探求してみましょう。

服以外のファッションに気を配る

ファッションといえば服選びになりがちですが、忘れはいけないのが、「服以外のファッション」です。
素敵な服を際立たせるには、その周りにも気を配らなければいけません。

具体的には、マニキュア、アクセサリー、化粧、身のこなし方、その全てが洋服とうまく調和しているかということです。

フェミニンな服装なのに、パンクなメイクをしたり、ガサツな動作では、お洋服も台無しになってしまいますよね?
そうならないように、服以外の部分にもよく気を配るようにしましょう。

応募先の雑誌の研究

あなた自身のファッションセンスが良くなったり、服以外のファッションセンスが良くなったら、今度は応募する雑誌を研究したり、応募雑誌を選びましょう。

というのも、せっかく素敵なファッションやメイクで写真を撮って送っても、応募先の雑誌のテイストとあっていなければ意味がなくなってしまうからです。

あなたの応募する雑誌が、どのようなテイストやファッションを求めているのか、それをどこまで理解しているのか?そしてそれを実践することが、その雑誌デビューするための大切なポイントなのです。

まとめ

間口が広い読者モデルでも、できる心がけはたくさんあります。

ここで取り上げた、「普段からのファッションの研究」、「服以外に対する気配り」、「応募先の雑誌の研究」は、どれも押さえておきたいポイントです。

日常から心がけてあこがれのあの雑誌に読者モデルデビューしましょう!
それがきっかけでその雑誌の所属モデルになれるかもしれませんよ!

この記事を書いた人:nana