オススメの特集

なりたい職業別
夢に近づくHow to 特集
  • 2017年12月22日

背が低くたって格好良い男はモテるんです!160cm前半の魅力的な低身長男性俳優を紹介します!

画像

2017年もたくさんの魅力的なドラマが放送されました。中でもNHKの朝ドラ『わろてんか』は、「笑い」をテーマに子供から大人まで安心して楽しめる最高のエンターテインメント作品。ヒロイン「藤岡てん」を演じる葵わかなさんや、その相手役「北村藤吉」を演じる松坂桃李さん、藤吉の母親「ごりょんさん」を演じる鈴木京香さんなどなど、とにかく魅力的なキャラクターがたくさん登場する同作ですが、その中でも特に魅力的なキャラクターが、濱田岳さん演じる「武井風太」ではないでしょうか。

不器用ですがヒロインを想う気持ちは作中一。自分の幸せよりも「てん」の幸せを考える彼の言葉や行動には観ていて胸を打たれます。そんな「風太」を演じ、男から見ても面白くて格好良い濱田岳さんですが、彼の身長は160cmとかなり小さめです。

なにかと高身長の男性がもてはやされる世の中ですが、背が低くても格好良い男性はたくさんいます。前回、「魅力的な高身長女優」について記事を書かせて頂きましたが、今回は逆に「魅力的な低身長俳優」を5人ピックアップし、その魅力について紹介させて頂ければと思います。

濱田岳(160cm)

160cmの身長はもはや彼の武器といっても良いのではないでしょうか。前述の『わろてんか』での活躍はもちろん、『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』では主役のハマちゃんをコミカルに演じ、某CMでの金太郎役も濱田さんのイメージにぴったりです。

今ではそんなコミカルな演技で私たちを魅了してくれる濱田さんですが、役者としての転機はやはり、あの伝説の名ドラマ『3年B組金八先生(第7シリーズ)』の「狩野伸太郎」。卒業生代表として答辞を述べる彼の姿に涙した人も多い事でしょう。

卒業式後、教室で金八先生が生徒へ贈る言葉。彼に贈られた言葉の中に「どうか香りのある男になって下さい」との台詞がありました。コミカルからシリアスまでその小さな体に様々な香りを纏う、まさに今の濱田さんにぴったりな言葉ではないでしょうか。

浅利陽介(162cm)

お次は、2017夏ドラマの中でも高視聴率を誇った名作『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』で、主要キャラのひとり「藤川一男」を演じた浅利陽介さん。お調子者キャラでありながら医療・患者への熱い思いをしっかり持った、チームを盛り上げるムードメーカーを見事に演じました。

そんな浅利さんの身長は162cm。同作に出演する山下智久は174cm、新垣結衣さん、比嘉愛未さんが共に169cm、戸田恵梨香さんは164cmですから、メインキャラ5人の中ではもっとも小柄という事に。そんな体の小ささなどまったく感じさせない堂々たる演技は、井上真央さんとのバトルが印象的だった『キッズ・ウォー』の頃から健在でした。ヤンチャな茶髪の不良生徒「風間一平」の姿も今となっては懐かしいですね。

伊藤淳史(162cm)

そしてお次は、夏ドラマ『脳にスマホが埋められた!』で主人公「折茂圭太」を演じた伊藤淳史さん。冬ドラマ『大貧乏』でも主要キャラ「柿原新一」を演じ、主演クラスでの露出が増えている中堅俳優のひとりです。代表作でもある『チーム・バチスタシリーズ』の「田口公平」など、少し頼りないけど真面目で熱い、そんな役柄をやらせたらピカイチの名優です。

伊藤淳史さんの身長は162cm。世の男性の平均身長に比べれば小柄ではありますが、懐かしの名作『仮面ノリダー』を知っている世代からすれば、むしろ「大きくなったな~」とほっこりする人も少なくないのでは?とんねるずの木梨憲武さんの腰にも満たないほどに小さかったあのチビノリダーが、いまや日本ドラマをけん引するほどの名優になっているのですから。

八嶋智人(162cm)

お次は少し世代を上げて、名バイプレイヤーとして活躍し続ける俳優、八嶋智人さん。ドラマや映画以外にも、バラエティやクイズ番組でキレキレのトークを披露し、その活躍の場を広げているマルチな才能を持つ名優です。

そんな八嶋さんの身長は164cm。その小柄な体から響く舞台仕込みの大きな声と抜群の演技力で、いまや日本ドラマに欠かせないバイプレイヤーのひとり。個人的にはやはり『HERO』の「遠藤賢司」役の印象は強いです。あの八嶋さんのコミカルな演技が、『HERO』の作品としてのイメージにも大きく影響を与えていた気がします。

小日向文世(164cm)

そして5人目もまた『HERO』のメインキャラのひとり「末次隆之」を演じた小日向文世さん。そんな小日向さんの身長も八嶋さんと同じく164cmです。

小日向さんと言えば、昨年の大河ドラマ『真田丸』での「豊臣秀吉」役は圧巻でした。特に秀吉が最期に流した一筋の涙には、小日向さんの秀吉としての演技を越えた役者魂を感じました。『HERO』でのコミカルな演技、『真田丸』でのシリアスな演技、そして『THE LAST COP』での「神野晴彦」のような少し謎めいた役、さらには『天才バカボン』の「レレレのおじさん」のような少し不可思議な役柄でも、そのどこかに小日向さんらしさを感じるから不思議です。

というわけで、今回は日本の男性俳優の中から、特に「低身長」で魅力的な5人をピックアップして紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?ドラマや映画で活躍する俳優となると、背が高くてイケメンで、なんて思いがちですが、逆にその身長の低さを魅力のひとつにして活躍されている俳優さんもたくさんいます。

今回紹介させて頂いた5人以外にも、寺島進さんや片岡鶴太郎さん、阿部サダヲさんなども小柄ですが、一流俳優として第一線で活躍されています。男性で身長が低いというだけでコンプレックスに感じがちですが、男の魅力はそれだけでは無いという事ですね。

記事:猫狸犬虎