オススメの特集

なりたい職業別
夢に近づくHow to 特集

アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2018年11月29日

narrow特待生10人が参加!red LIVE密着レポート

2018年9月17日、narrow特待生の中でイベントを勝ち抜いた10人が出演する「redLIVE」が行われました!当日の様子をご紹介します。

それぞれの発表内容をご紹介!

この日何を発表するかは、特待生の方それぞれがnarrowスタッフと話し合って決定しました。
少しずつですが、10人それぞれの発表をご紹介します!

りょーかさん

画像

なんと、現役女子高生ながら僧侶の資格を持っているりょーかさん。日本でも僧侶もできるJKはほとんどいないんじゃないでしょうか?
まず、特技の読経を披露してくれました!

その後は歌です!奥華子さんの「明日咲く花」を手振りをつけて歌い上げました。
自己アピールで、バスケや歌などいろいろなことに挑戦してきて、一番身についたのは精神力と話していたりょーかさん。力強い歌声で会場を魅了しました!

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

ゆきさん

画像

ゆきさんは練習しているアクロバットを披露してくれました!
運動神経のいいゆきさん、スタイルもいいので迫力がありました。

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

あ~ちゃん

画像

あ~ちゃんは全国大会に行ったこともあるチアダンス、お父さんが元チャンピオンで自身もC級ライセンスを持っているボクシングを披露しました!
笑顔が印象的なあ~ちゃん、かわいい一面とかっこいい一面が見られました!

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。

動画1
動画2

万葉さん

画像

万葉と書いて「かずは」と読む名前が印象的!
独特の雰囲気がある万葉さん、弾き語りでみんなを自分の世界へ引き込みました。

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

伊咲舞花さん

画像

剣道着で登場した舞花さん。まず、参段の腕前の剣道を披露しました!
その後は函館の名産、イカをテーマにした踊り「いか踊り」を披露!
ほんわかした雰囲気の舞花さん、剣道ではかっこいい一面を、イカ踊りではかわいくて面白い一面を見せてくれました!いか踊りには会場の人も大ウケ。
北海道出身で名前に「いか」が入ってることもあり、イカには思い入れがある舞花さん。SHOWROOMにはオリジナルのイカアバターをつけたファンの方々が応援にかけつけました。

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

ひとみん

画像

モデルを目指すひとみんはウォーキングを披露した後、
身長が小さくてもモデルになれるということを証明したい!と意気込みを語りました。

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

崎山理奈さん

画像

真っ白なワンピースで登場したりなっち。
2パターンの演技を披露してくれました!
「ホラー映画で悲鳴を上げる演技」は大きな叫び声にびっくり。
「やまとなでしこ」で松嶋菜々子さんが演じた桜子の長台詞も披露しました。

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

七石ゆかさん

画像

七石ゆかさんは特技の「鍋振りしながら早口言葉」を披露しました。器用!
また演技も披露。いつもおっとりした七石さんが迫力ある役を演じていました!

動画1
動画2

あさかさん

画像

車が大好きで教習指導員になる勉強をしているあさかさん。
モータースポーツ実況の再現をしました! 車好きならではの特技ですね。
レーサーも目指しているそうです!

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

しみずさえさん

画像

しみずさえさんは、長回しのお芝居を披露しました。
このredLIVEに出るためのイベントではぶっちぎりの1位だったしみずさん。
SHOWROOMにはたくさんのファンの方が集まり、ファンの方への感謝の言葉もありました。

Instagramには動画もアップしていますので、ぜひご覧ください。
動画

おつかれさまでした!

画像

最後は全員でステージに集まり、全員でおじぎをしました。

参加された10名の特待生メンバー、本当にお疲れさまでした。
この後、エイベックスをはじめとした6つのプロダクションから、8名の方に計19件のスカウトがありました。

いい結果になった方も残念な結果だった方もいますが、夢をつかむためには、こういったオーディションを何度も繰り返し受ける事が必要です。どちらの結果になっても絶対その後に役立つはずなので、みなさんもぜひ何かしら行動して、オーディションを積極的に受けてみてくださいね。

この記事を書いた人:narrow運営チーム