オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年07月09日

ダンサーを目指すあなたへ!~オーディションを勝ち抜くために~

画像

HIPHOP、JAZZ、BREAKIN’など、ダンサーには様々な種類があります。情報を収集し、オーディションまでたどり着いても共通していることはダンスがいかに好きかという点です。相当長い時間踊り続けて疲れ果ててもやはり踊りたい、その情熱が大切です。オーディションで勝ち残っていくために、どういった要素が必要か見ていきましょう。

ダンサーオーディションに欠かせない「再現力」

ダンサーを目指すオーディションで欠かせない能力に関する情報は色々ありますが、まず「一度見たダンスをその場で再現できるか」というスキルはとても重要です。

オーディションはダンサーの実力を試す場で、繰り返しが許されるレッスンとは異なります。既に知っている情報とは思いますが、一度見た振り付けは正確に覚えて再現しなければダンサーのオーディションはクリアできません。そのために、オーディションに向けたレッスンを日頃から意識することが鍵となります。振り付けにはあるパターンがあり、日々の練習でその引き出しを作っておくことが鍵です。

ダンスには流れもあり、振り付けの流れも多く身につけることがオーディションで選ばれる重要性という情報もあります。振り付けと流れをより多く備えておくことで一度見たダンスであっても記憶・再現しやすくなります。

サービス精神を養う重要性

ダンサーになるためにオーディションを受けることはもちろんですが、ダンスに関わる情報収集や練習を重ねてスキルをマスターしてもオーディションではどれ程ダンスが好きなのか伝わりません。緊張で表情にまで気が回らないと思いますが無愛想なダンサーはいません。やはり「楽しい」「ダンスが好き」という気持ちを伝えることがオーディションでは大切です。

オーディションの目的を考えよう!

ダンサーとして次のステップに登るために、オーディションを受ける時の心構えやスキルを懸命に勉強することはもちろん、見落としてはならないことはディレクターの求めている「ニーズ」です。それを考えず、踊りたいダンスを披露するだけではオーディションには通りません。自分の力を発揮することはもちろん、ディレクターや面接官が「どういったことを求めているのか」、「オーディションの目的」を考えながら本番は自分を魅せていきましょう。頑張ってくださいね!

この記事を書いた人:木村さち