オススメの特集

なりたい職業別
夢に近づくHow to 特集

アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2012年12月21日

narrowからデビュー!ボックスコーポレーション柳喬之インタビュー

今秋narrowを通じてボックスコーポレーションからデビューが決まり、
現在は、就活サイト「JOBRASS(ジョブラス)」のCMに「山本タケル」役として出演中!
俳優「柳喬之(やなぎたかゆき)」さんにnarrowが独占インタビューをさせて頂きました。

俳優 柳喬之(やなぎたかゆき)さんにインタビュー!

画像

柳さんがボックスコーポレーションに入られた経緯を教えてください。

narrowでオーディションを受けて、用意していたWEB履歴書を送りました。
そしたらその後、返答が返ってきて面談して、っていうかたちです。

芸能人を目指したきっかけは?

きっかけはラジオですね。実は個人的にラジオが大好きなんです。
それで「ラジオの仕事やりたいなー」っと思い、それなら芸能界しかないな、と。

最終的に自分のやりたいことを叶えるためにはどうしたら良いか、っていうことを考えたときに、
役者さんのほうが色々広がりがあると考えて、俳優を目指すことにしました。

出身は九州とのことですが、デビューと同時に上京されたんですか?

そうです。熊本から上京しました。

まだ在学中(4年生)なので、テストのときに地元に帰って、テストを受けてまた東京に帰って、という生活をしています。
きちんと卒業したいな、と思っています。

柳さんの初仕事はどんなお仕事でしたか?

初めての仕事は「舞台」です。

今年10月に出演させて頂いた舞台(『喫茶ポギー』)が初仕事で、12月に出演させて頂いた2本目の舞台(『ザ・ナイト・オブ・クリスマウス』)も、先日千秋楽を迎えることができました。
次の舞台も1月末から始まるので、来週からまた稽古です。頑張ります。

初めての舞台は緊張しましたか?

学生時代から人前に立つのは好きだったので、あんまり緊張しませんでした。

そのときは目の前のことに精一杯だったんですが、今思い返すと甘いな、と思うところがあります。
そのあたりはちょっとずつ成長していけたらな、と思っています。

舞台をやる上で大変なこと、苦労することはありますか?

そうですね。ドラマとか映画ではみなさんナチュラルな演技だと思うんですが、舞台の場合、人間の自然な動きを、見やすいように大きく誇張したりとか、そういう”芝居心”が必要な印象を受けたので、そのあたりがとても難しいなと思いました。今は少しずつ理解できるようになってきた気がします。

柳さんから見て舞台の良さ、醍醐味はどういうところにありますか?

すぐ目の前でお客さんの反応が見られる、というのが一番かもしれないですね。
同じ芝居でも毎回お客さんの反応が違ったり……やっててすごく楽しかったです。

同じ芝居を一ヶ月間できるので、色々な表現方法も試せますし、吸収できることが多いです。
セリフ一つとっても相手の攻め方によってこちらのすべき返し方が違ったりするので、すごく勉強になります。
こういう機会をいただけてありがたいです。


画像

目標としている役者さんはいらっしゃいますか?

舞台出身の堺雅人さんがすごい好きです。あとは加瀬亮さんとか、ちょっと年上の方が好きですね。
早く落ち着いた大人になりたいな、と思いながら生きています。

今後の活動予定を教えてください!

2013年1月30日から、舞台『14番目の月 ~僕達が貴方をキレイにします!!~』に出演します。
今度の舞台は、歌とダンスのミュージカルです。
自分は歌も好きなので、出演の機会をいただけてすごくラッキーでした。

自分の役柄は”ゲイのメイクさん”役なんですけど、
色々な攻め方がある役だとと思いますので、今からすごく楽しみです!

ーありがとうございました!

柳さんの所属事務所 ボックスコーポレーションにインタビュー!

柳さんの第一印象はいかがでしたか?

まず、佇まいが綺麗だなと思いました。
顔立ちや写真映りもいいですし、存在感があるなと。

柳さんの採用を決めたポイントは?

最初narrowで見たときは、身長もあるし、一応会ってみようかな、と思いました。
それで話してみたら、好感が持てたので。

当時国立大学の4年生ということもあり、最初は地元に残って、普通に就職することを薦めたんですが、本人が「それでもやりたい!」ということで、その熱意としつこさに負けました(笑)。

CM出演の反響は?

おかげさまで、大変良い反響をいただいております。
YouTubeで公開されているCMも、かなりの数ダウンロードしていただきました。

名前での検索は、(CMの役名の)「山本タケル」では増えているんですが、「柳喬之」はまだまだですね。
なんとか今年中には有名になってもらおうかと目論んでいます(笑)。
まずはCMで名前を知っていただいて、あとは芝居を通じて、本人のポテンシャルを高めていってもらいたいです。

お忙しい中インタビューへのご協力、ありがとうございました!
俳優「柳喬之」さんと、所属事務所ボックスコーポレーションのインタビューでした。
narrowユーザーの皆さんを応援してくれたお二方に感謝いたします。

画像

インタビュー協力: 柳 喬之 (俳優)

生年月日:1990年8月6日
出身地:鹿児島県
身長:185cm
スリーサイズ:B 93cm W 78cm H 92cm
趣味:音楽鑑賞・映画鑑賞
特技:バスケットボール・ものまね

◆CM:AiDEM ジョブラスオファー篇
『なぜこんなに山本タケルに選考オファーがきたのか?』出演中!
http://www.aidem.co.jp/company/tvcm/index.html(外部リンク)

画像

取材協力: ボックスコーポレーション

当社はスポンサー企業や広告代理店と太いパイプを持ち、一色紗英、中山エミリをCMクイーンに育てた実績があります。また、デビュー直後から相武紗季を江崎グリコといった多くの大手企業のCMにキャスティングに成功させる等、CM方面のプロモートを得意としております。
新人開発では随時応募を受け付けておりますので、当社に興味を持った方は是非アプローチして下さい。

この記事を書いた人:narrow運営チーム