オススメの特集

なりたい職業別
夢に近づくHow to 特集

アクセスランキング

narrowからデビュー!
東京ボーイズコレクションシンデレラ総選挙グランプリ

水上 アンナ
みずかみ あんな

水上 アンナ

水上 アンナさんにインタビュー!

  • 東京ボーイズコレクションシンデレラ総選挙グランプリおめでとうございます!

    ありがとうございます!
    人生初めてのグランプリで、本当に信じられなくて。これまでの経験から、オーディションは100個受けて1個通ればいいくらいに考えていて、結果は努力したオマケ、オマケがついてきたらラッキー、というスタンスで、あまり期待しないようにしていたので、本当にびっくりしました。
    母と姉にすぐに報告して、すごく喜んでくれて、母に「グランプリとったよ」って電話したら1回電話切られちゃって(笑)母も動揺したのだと思います。

  • いつから芸能人を目指し始めましたか?

    幼少期からダンスや芸術系の習い事を多くしていましたが、10歳の時、演劇がやりたいと思い自分で児童劇団を調べて電話して入団し、演技やミュージカルが好きになり、女優になりたいと思いました。
    高校は演劇コースのある学校に進み、卒業後上京して、ワタナベエンターテイメントカレッジで1年間勉強しました。母が鬼のように厳しい人で(笑)、本当に小さいころから厳しくて、上京するときも、結果を出すまで福岡に帰ってくるなと言われていて、成人式しか帰れていません。
    今回のグランプリで1回帰っていいか聞いたのですが、まだだめと言われました。女優を目指すようになって、小さいころ「意味ない」と思っていた、勉強も習い事もトップを目指しなさいという強引なスパルタ教育(笑)、芸術鑑賞、声楽、ダンス、読書などすべてに意味があって今の糧になっていると感じるので、鬼のような母に感謝しています(笑)

東京ボーイズコレクションシンデレラ総選挙グランプリおめでとうございます!

  • 今までにプロダクションに所属したことはありますか?

    ないです。
    自力で一般公募のオーディションを探して受けて、メディアに出演したことはあるのですが、やはりフリーで応募できる案件に限界を感じ、プロダクションに所属したいと思って、自分に合ったプロダクションを探して活動中です。
    大手を受けて落ちたりしながら色々な方に会ってお話を聞いて、有名なプロダクションにこだわらず、自分を評価してくれて育ててくれるプロダクションにお世話になりたいと思うようになりました。narrowで調べたりしていますが、やはり会ってお話ししてみないとわからないところが多いので、書類が通って面接をしてくださるプロダクションにはできるだけ行くことにしています。

厳しい母から受けた教育が今の糧になっているという

  • 日々努力をしていることはなんですか?

    ワタナベ(エンターテイメントカレッジ)時代に叩き込まれた「映画鑑賞ノート」をつけています。毎日1本映画をみて、監督名、その監督の尊敬する監督とその作品などを調べて、さらにその映画をみて・・・という感じで知識を深めていきます。映画を見終わったらバラエティやドラマなどの動画をひたすらみて、研究しています。あとはジャンルを問わず、とにかく世界を広げるために本も毎日読んでいるのと、児童劇団のときからの習慣で、毎日欠かさずお風呂で「ういろう売り」の暗唱をしています。これは10年続けている習慣です(笑)
    「つながりを広げるための飲み会」の誘いもあるのですが、何度か行ってみて、実力がないのにつながりにすがるのは本質的でないというか、精神的にきつくなるように思えて、今の自分にはつながりよりも実力をつけることが大事だと思い、限りある時間は勉強や自分磨きにつぎ込もうと決めました。
    太りやすい体質なので、サラダやさんでアルバイトをして日々まかないのサラダを食べて(笑)栄養の勉強をして毎日自炊して、300回の腹筋と40分のランニングを習慣にしています。ミュージカルのレッスンに月2回、ダンスは講師として週1回やっています。
    中学になるときにバレエをやめたら20キロ太ってしまって、ミートボールに似てると思い(笑)。姉は美人なのに妹はって言われていて、このままじゃヤバいと思って、栄養の勉強をして食事制限をして必死で運動もして、3か月で15キロ痩せた過去があるので今でもストイックに努力しています(笑)ご飯は半分こんにゃくにしたり、揚げ物の衣はキヌアを使ったり、いいですよ。

  • 目標は何ですか?

    目標としている女優さんは、石原さとみさん、満島ひかりさんです。石原さとみさんは、どんな役でも毎回ハマり役で、満島ひかりさんは、演技の重点が想像を上回るというか、すごく独特なところが惹き付けられます。
    女優さんではないですが、指原莉乃さんは、奇をてらわない普通のキャラなのに、頭の回転が速くて、人の話をちゃんと聞いてそれに対してどう答えるか、が抜群に上手で、尊敬しています。理屈っぽくてすみません。いつも映画、ドラマ、バラエティを見て分析ノートをつけているので(笑)

  • narrowユーザーに向けて伝えたいことをどうぞ!

    みんなが見ていてみんなが使っているnarrowに自分の記事が出るなんて夢みたいです。
    自分より綺麗な人はたくさんいる中で、私の長所、ハガネのメンタルで何をされても壊れないところは負けない!という思いで、ついにグランプリと映画出演のチャンスをつかみました。芸能界は想像以上に時間や礼儀に厳しい世界なので、気を抜かずに、あとは周囲に感謝を絶やさない姿勢が大切だと実感しています。結果は努力したオマケですが、努力しないとオマケはついてこないので、自分を信じて、強い意志を持って努力をし続けてください。

グランプリを受賞した水上さん(左)歌手の森口博子さん(右)