オススメの特集

なりたい職業別
夢に近づくHow to 特集

アクセスランキング

  • 2017年07月14日

応募者多数の書類選考通過!次の面接でするべき自己PRは?

画像

面接で重要となる自己PR。自己PRは、あなた自身がどのような人なのか、どんな事が出来るのか、どのように考えている人なのかと言ったように、見た目だけではわからない、あなたという人をアピールするための大事なものです。
自己PRに大切なポイントについて見てみましょう。

自己PRは簡潔に、わかりやすく

面接で審査される場合には、自己PRが非常に大きなポイントを占めているため、合格を左右すると言っても過言ではない、大事なものとなっています。また面接では、あなた自身が発表する場合もあれば、質問されて答えると言った場合もあります。

たとえ伝えたいことがたくさんあっても、限られた時間でしっかりと自己PRを行う必要がありますので、事前に発表するべき自己PRポイントはまとめておくようにしましょう。
注意しておきたいのは、なんでもかんでも自己PRを行えば良いというわけでは無いということ。

たくさんの内容を一気に説明すると、聞いている方も何が伝えたいのかわからなくなります。大事な中身が伝わらずに、単に話が長い人と思われてしまう可能性もありますので、伝えたいことがたくさんあるのならば、簡潔に、しっかりと印象に残るような伝え方を身につけるようにしましょう。

グループ面接に備えておく

1次審査となる書類選考を合格したわけですから、基本的な部分はクリアしているという事です。
そのため次に見られるのは、実際に触れ合う「あなた」と言う人間性です。
2次審査となる面接では、グループ面接である場合も想定しておきましょう。

グループ面接では、数人が同時に、同じ内容の質問を受け答えすることとなります。
グループで面接を行うことで、それぞれの個性を見比べたり、よりインパクトの残る人材かを判断するのです。
グループ面接に慣れていない場合は、雰囲気に飲まれる場合もあるので、まずは落ち着いて、人と違う特技や特徴といった内容を事前に用意しておき、あなた自身の世界観を持つことが大切です。

社会人としてのマナー

面接での自己PRももちろん大事ですが、今後、仕事としてやっていくことを考えれば、社会人としてのマナーや資質を身に着けていることが大事になってきます。
アルバイトで経験を積むことも、社会経験として十分に役立つ事ですが、アルバイト経験が無い場合には、言葉遣いや社会的なマナーをしっかりと身につけるように意識しておきましょう。

芸能人になってからは、数多くのスタッフや関係者の方と接する機会が増えてきます。
社会人として当たり前の行動が取れなければ、仕事も上手くいかなくなることでしょう。
こうした当たり前の行動を、面接を受ける時点でしっかりと身につけておくようにしましょう。

まとめ

面接では、あなた自身の人間性を判断されます。
しっかりと社会人としてやっていけるか、集団の中でも目立つようなキャラクターか、意見や主張をしっかりと相手に伝えることができるかなど、短い時間で様々な部分を見られることとなります。

自己PRは難しいものではありますが、ポイントさえ掴めばチャンスに変えられる絶好の機会にもなります。
あなたという人を存分に伝えられるように、日頃から面接を意識して生活してみてもよいかもしれませんね。

この記事を書いた人:nana