オススメの特集

  • 2017年07月27日

名演技の女優になるために!普段から経験しておきたいこと

画像

無茶とも思えそうな役作りに対応したり、感情のこもった名演技を女優が実現するためには、普段から知性を磨き、客観的な視点で演技のスキルを磨く必要があります。
また、立ち居振る舞いに自然とにじみ出てくる作法は、普段の努力の積み重ねしだいとなります。
長丁場の撮影や舞台に適応するための体力作りも重要ですので、それぞれ詳しく見ていくこととしましょう。

台本を読みこなせる知性を磨くこと

自分に与えられたセリフを読みこなせ、理解できる知性を磨くことが大切です。
書かれている漢字が読めないようでは、覚えるのに時間がかかりますし、感情をのせて演技をするにも支障がでる可能性があるからです。

普段から本や新聞を読み、幅広い分野の概念を大まかでも良いので、知っておくことが大変重要です。
世間で話題となっているニュースや時事ネタなどについて、他の人たちの会話内容が理解できる程度には、常に馴染んでおくことが大事であると言えます。

台本にかかれているキーワードから、想像力を膨らませて感情を表現することが、短い時間の中で要求されることもあります。
頭の回転の良さや勘の良さを培う努力を惜しまないことが肝要です。

感情表現や本物の作法を身につけること

女優の名演技へつなげるためには、与えられた役柄になりきって感情を表現することが重要です。経験が浅いと想像が足りず、独りよがりになりがちです。

演技のスキルを磨くためには、第三者の前で演技を行いどのように印象に写ったのか、フィードバックしてもらうと演技力の向上に役に立ちます。
そのような訓練を繰り返すことで、自らの想像力や感情表現のスキルが磨かれていくことになります。

また、どんな役が与えられるか予想することができませんので、普段から注意しておかなければならない行儀作法などをマスターしておくことが重要となります。
急造で仕上げても不自然な演技となってしまいかねないからです。
例えば、着物の着付けや、箸の持ち方など、専門家からは厳しく見られがちなポイントです。

長丁場に耐える健康と体力を維持すること

意外に見落としがちなのが、健康面の配慮と体力作りです。
女優の身のこなしや姿勢に運動オンチや体力不足の影響が見受けられる場合があります。
演技をする上でも、ドラマの撮影であれば長丁場となり、深夜に及ぶような撮影になることも珍しくありません。
厳しい撮影条件のもとでも、耐えることができる体力が求められます。

また、舞台に活躍の場を得たとして、ロングランになれば公演を繰り返しこなしていく必要があります。
失敗が許されない緊張感のある舞台の現場では、体力しだいとなるシーンも少なからずあります。
したがって、ふだんから健康に配慮し、多少の無理も乗り越えていけるような体力を維持していくことが大切です。
毎日の積み重ねで健康と維持し、体力をつけていくことが求められます。

まとめ

名演技ができる女優となるためには、セリフを読みこなし役作りができる知性や、客観的に見ても通じる感情表現ができることが大切です。
日頃から、様々な分分野のニュースに慣れ親しみ、役作りをするための想像力を養う訓練を心がけましょう。
また、長丁場なりやすいドラマの撮影や、緊張感のある舞台を乗り切るためには、健康を維持し体力を獲得する努力をしていくことも重要です。

この記事を書いた人:nana