オススメの特集

  • 2017年11月05日

ダイエットで-10kg減量に成功!“ダイエットの努力”は自己PRに使える?

画像

若い女性はみんな減量に興味を持っている、と言えるほど多く女性がダイエットに挑戦しています。
憧れのタレントや女優、モデルのような体型を目指して努力していますが、アイドルの卵たちも同様に少しでも体重を落とすことに汗をかいています。
見た目だけの問題でなく、その努力も評価される「ダイエット」を有効に活用してみましょう!

オーディションとダイエット

夢だったアイドルになる為のオーディションを受ける際に、ダイエットをして大幅な減量をすると言う人も少なくないようです。
そして、恐らくそのような方たちの多くは、それに伴う努力を審査員に評価してほしいと思っていることでしょう。

しかしながら、減量をしたことがオーディションにおいてどれくらい評価されるのかと言う点はあまりよく知られていません。
そこで今回は、ダイエットの努力が自己PRに使えるのかどうかと言う点について解説していきたいと思います。

ダイエットを評価するかどうかは人それぞれ

単刀直入に言ってしまうと、ダイエットの努力をオーディションで評価してもらえるかどうかは審査員によります。
その為、痩せた努力が自己PRとして有効かどうかについても、審査員によると言わざるを得ないでしょう。

例えば、ある審査員はダイエットにより大幅な減量をしたとことに対し、継続した努力ができると言う良い評価をしてくれるかもしれません。
しかしながら、別の審査員はダイエットをしなければならない程、だらしない生活を送っていたという悪い評価をするかもしれません。

痩せた努力が自己PRとして有効かどうかは、審査員の見かた次第と言えるでしょう。

より良い評価をしてもらうためには

それでもダイエットをしたと言う事実を自己PRに利用したい方はいることでしょう。
そのような際にはせっかく恥じらいを捨てて、自身の体重に関わることを人に知らせる訳ですから、どうせなら良い評価をしてもらいたいと思います。

ダイエットによる努力を自己PRとして利用するためには、真面目さを知ってもらえるようなその他のエピソードと併せて、ダイエットをしたこともアピールすると良いでしょう。
例えば部活で頑張ったことなどと共にダイエットを自己PRとして利用すれば、自分自身の真面目さや努力ができる人間であると言う印象をより強く審査員に与えることができるかもしれません。

まとめ

今回はオーディションにおいて、減量努力が自己PRとして有効かどうかと言う点について解説しました。
ダイエットに限らず、どのような評価をしてもらえるのかは審査員の見かた次第であり、より良い評価をしてもらうことは運次第と言えるかもしれません。
その為、ダイエットをした事実を自己PRに利用する際には、その他のエピソードも交えることで、審査員により強い印象を与えることを重視すると良いでしょう。

この記事を書いた人:nana