オススメの特集

  • 2016年01月22日

憧れのファッション雑誌のモデル オーディション合格のために今すぐできる準備とは?

画像

流行最先端の服に身を包んだファッションモデルは、誰もが一度は憧れる仕事ではないでしょうか?今回は、そんな雑誌の専属モデルオーディションを受けるメリットや、チャンスをつかむために誰もが今すぐできる準備をご紹介します。

雑誌の専属モデルになるメリット

普段からファッション雑誌を読まれている方も多いと思います。おそらく皆さんが読まれている多くの雑誌には専属モデルがいるのではないでしょうか?

ファッション雑誌の専属モデルは、年に1度、大々的なオーディションが開催されているものが多いようです。専属モデルオーディションのメリットは、合格すれば「雑誌の専属モデル」という活躍の場所があらかじめ用意されていることです。

雑誌の専属モデルオーディションは、合格すれば雑誌への登場が約束されています。しかも、雑誌の場合は多くが毎月発売ですから、コンスタントに毎月モデルをこなしながらその先の未来を探っていけるという意味では、合格後の門戸の広い仕事です。また、雑誌の大々的なオーディションの場合はモデル事務所の関係者も多く足を運ぶ場ですから、合格ならずとも、事務所へ所属するチャンスをつかむ方もいます。

誰にでもチャンスがある身近な読者モデル

一口にモデルと言っても、世界的なコレクションに登場するようなファッションモデルから、雑誌の誌面を飾るファッション雑誌のモデル、そして最近では「読者モデル」も知られるようになりました。

読者モデルは、多くの場合、一般の読者からより親近感を抱いてもらう役割を担っています。読者モデルのメリットは、芸能事務所や雑誌の専属として活躍するいわゆる“商品”としてのモデルと違い、規制にとらわれない自由さではないでしょうか。

読者モデルになるきっかけは、雑誌のファッションスナップに登場したことがきっかけ、という人が多いようです。ファッションスナップの場合は、個人のファッションセンスが重要ですから、自分自身を磨くことももちろん重要ですが、日頃からファッションも意識するとチャンスに繋がることがあるかもしれません。

日頃からファッションセンスを磨こう

専属モデル、読者モデル、どちらにとっても大切なことは、主にファッションを見せる仕事ですから、日頃からファッションセンスを磨くことです。

特にファッションは毎日自分の身を包むものですから、一日24時間、センスを磨き続けるチャンスがあります。自分に似合う色は何色だろう?襟の形は?スカートの丈は?メイクは?髪型は?突き詰めていくと、自分はどんなファッションが好きで、どんなファッションが似合って、ということが少しずつ分かってきます。

必ずしも流行を追う必要はありませんが、流行に対してアンテナを張ることも大切です。その上で、どんな洋服を着れば自分が一番綺麗に見えるか、ということも研究すると友達に少し差をつけることができるのではないでしょうか。


ファッション雑誌のモデルは常にみんなのファッションの最先端にいる仕事です。今、何が流行っているかな?これからどんなものが流行るかな?私には何が似合うのかな?そんなことを意識しながら、日頃からセンスを磨き、オーディションに挑んでいてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人:栗田麻衣