オススメの特集

  • 2016年03月18日

役立つ!歌手オーディション情報と、いざデモテープ応募に役立つミニ知識を伝授!

画像

歌手オーディション情報をお探しのみなさんは、どこのレコード会社に入って、どんな歌を歌いたい、という具体的な夢を描いていますか?歌手という大きな夢を掴むには、自分という楽器を知り、踏み出すことからです。今回は、その一歩を踏み出すためのミニ知識をご紹介します。

あなたの歌声はあなただけが持つ世界で一つの楽器

歌手と一口に言っても、踊れるアイドルから、楽器を演奏するミュージシャンまで、そのジャンルは様々です。みなさんが目指すのはどんな歌手ですか?

幸か不幸か、機械技術の発達した昨今では、多少歌が上手でなくてもミキシングと言われる音響効果を使っていかようにもアレンジできてしまいます。プロの歌手にとっては頭を抱えるところです。どんなに努力を重ねてもミキシング次第で同じくらいのレベルの歌唱力に聞こえてしまっては努力も報われませんよね。

ですが、歌手オーディション情報をお探しのみなさんも、せっかく歌手を目指すのならば、本当に実力のある歌手を目指してほしいところです。歌声は、あなたの身体一つで、どこにいたって奏でることのできる素晴らしい楽器です。ぜひ今、この瞬間から、あなただけの楽器を奏でる一歩を踏み出してみてください。

知ってる?憧れの歌手のレコード会社

歌手オーディション情報をお探しのみなさんは、あなただけの楽器を奏でる一歩として、「こんな歌手になりたい」という目標や憧れの歌手はいますか?また、憧れの歌手が、どこのレコード会社に所属しているか、などは知っていますか?

レコード会社によってもジャンルの得手不得手がありますから、憧れの歌手がどんなレコード会社に所属しているかを調べると、その会社の特色が分かり、自分がどこの会社に所属したいのか?ということも少しずつ分かってきます。

常に進化し続ける芸能界。各社が、常に次のミュージックシーンを担う新人を求めていることは確かです。エイベックスやソニーミュージック、ユニバーサルミュージックなど大手レコード会社や、各芸能プロダクションなど、公式サイトには歌手オーディション情報が常に載っていますから、応募にあたり、まずはどんな手順が必要かを調べてみてはいかがでしょうか?

応募準備!あなたの長所を生かした選曲とは?

デモテープを作る際に、オリジナル曲が既に完成されている方は、そこもあなたの才能の見せ場ですから、オリジナル曲で挑戦することもおすすめします。楽器の弾き語りができる方も同じです。その他に、既存の曲を選ぶ場合にもいくつかのポイントがあります。

高音の得意な方なら高音を聴かせる曲を、低音の得意な方なら低音を選ぶに越したことはありません。もちろん全部を満遍なく歌えることは重要ですが、高音や低音など、多くの人にとって難しい部分を上手く歌える技術を持ち合わせているということをアピールすることも審査員の目に留まる大事な要素です。

また、音程を外さずに歌うことも大切ですが、歌の場合は「詩」の意味が必ずありますから、歌詞に想いを込めて歌うことも忘れてはいけません。ただただ歌詞としてメロディー通りに歌うのではなく、その言葉の意味や情景を聞き手に伝えられるように表現することを心がけてください。


合格することも失敗することも、次へ繋がる大きな挑戦です。あなたが悩んでいる間にも見えないところでライバルが一歩ずつ前へ進んでいます。まずはオーディションに挑戦し、自分の実力を試してみてはいかがでしょうか?どんな大物歌手だって、勇気を持って踏み出したからこそ今があるのです。

この記事を書いた人:栗田麻衣