オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年04月08日

オーディションで合格するには現場でもできるダイエット法がおすすめ!

画像

モデル、タレント、女優、俳優といったオーディションでは、ただ面接官との会話だけでなく、場合によっては実際に何か演じたり、歌ったり、走ったり、踊ったり、ウォーキングをしたりといった風に様々な事が要求される場合もあります。
そう考えていくと、オーディションで合格するためには、一般人が行っているようなダイエット法を行うよりは、現場でも活かせるような要素を身に付けながらダイエットしていくのが効率が良さそうです。
今回はオーディションで自分の個性を最大限にアピールしていくために、芸能の現場でも活かせるような要素を取り入れたダイエット法について紹介していきます。

いつでもどこでも楽しく取り組めるカラオケダイエット法

歌手だけでなく、良い声は俳優や女優、声優、、タレント、モデルみんなに共通して大切なポイントです。
良い声を出すためには、普段から声を出す訓練を積んでおかないといけません。
ドラマや映画、バラエティー番組では、長く会話するといったシーンもあるので、肺活量を鍛えたり、長く話していてもスムーズに会話が出来るように訓練を積んでいく必要があります。
オーディションの際にも、面接官の質問に対して1時間以上しゃべりっぱなしといった事もあります。
普段から訓練を積んでおかないと、30分もしゃべると声がかすれてきたり、声にハリがなくなっていくといった状態に陥ってしまいます。
そうなってしまったら、いくら演技が上手くても顔やスタイルが整っていてもオーディションで落とされてしまうでしょう。
そんな時にお勧めなのが、カラオケダイエットです。
1曲歌うとおよそ5~20キロカロリー消費出来ます。
平均10キロカロリーだとして、10曲も歌えば100キロカロリーの消費となります。
さらに振り付けも加えると、より高い効果が期待できるでしょう。
カラオケダイエットは、料理や掃除しながら、お風呂に入りながら、ドライブ中といった風にながらで出来るので、毎日でも気軽に取り組む事が出来ます。
何よりも楽しく取り組めてストレス解消にもなるので、良い声がいつでも出せるようになるためにも是非取り組んでいって下さい。

画像

以外と消費カロリーが高い?!格闘技系エクササイズ

●ピロキシング
ピラティスとダンス、ボクシングの3つの要素がミックスされた楽しいエクササイズです。
ノリノリの音楽に乗りながら、ボクササイズのようなトレーニングが出来ます。

●ファイドゥ
キックボクシングとムエタイ、マーシャルアーツの3つの要素を取り入れたエクササイズです。
有酸素運動と無酸素運動がミックスしているので、筋力アップ、持久力、柔軟性、反射神経とバランスよく鍛えていく事が出来ます。
腕のパンチだけでなく、キックして足を高く上げる動作もあるので、格闘シーンの演技にも活かせそうなエクササイズです。
ノリのいい音楽と一緒に行うので、ハードな運動でも楽しく進めていけそうです。

●ボディコンバット
キックボクシング、テコンドー、空手、ムエタイ、ボクシング、太極拳といった様々な格闘技の要素がミックスされた、各種スポーツジムでも人気のエクササイズです。
ハードな動作の繰り返しエクササイズでも、ノリのいい音楽に合わせて楽しく取り組める点が魅力的です。

●バレトン
バレトンのバレはバレエ、トンは筋肉を鍛える、もしくは調和するといった意味があります。
バレエダンサーが開発したエクササイズプログラムなので、バレエの要素を活かしながら全身の筋肉のバランスを整え効果的にダイエット出来ます。
骨盤矯正、O脚矯正に効果的な動作も盛り込まれているので、女性にとっては大変魅力的なエクササイズです。
柔軟なボディを構築していくのにお勧めです。

●トライバレトン
フィットネス、バレエ、ヨガの要素をミックスしたエクササイズです。
3つの要素を1つにまとめる事によって、より効果的にボディコンディニングが行えます。

普段からパンチ、キックといった動作を繰り返していると、格闘系の演技のシーンでも体をスムーズに動かす事が出来そうです。どれもダイエットや筋トレに効果的な要素を取り入れているので、継続的に続けていきながらメリハリボディを構築していって下さい。

まとめ

今回は、俳優、女優、タレント、モデルといった芸能関係のオーディションに挑むためのダイエット法について紹介してきました。
現代では様々なダイエット法がありますが、同じダイエットを進めるのでも、オーディオションや現場で活かせる要素が盛り込まれたダイエット法を行った方が、訓練にもつながるから、時間を有効に使う事が出来ます。
さらに楽しく取り組めるといった点も重視してセレクトしていったので、長く継続的に続けながら、オーディション会場でも面接官の目を惹くような魅力溢れるボディを構築していってくださいね。

この記事を書いた人:猫瑠璃