アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2022年03月14日

有名企業のCMにも多数出演、舞台の主演も務める大石夏摘さんにインタビュー! ヒラタオフィスの新人部フラッシュアップに所属して得られたこと

narrowでは、芸能人の卵を応援すべく、事務所所属オーディションを定期的に開催しています。
そこで、今回はヒラタオフィス新人育成部門であり、系列事務所でもあるフラッシュアップに所属している大石夏摘さんにインタビューしました。ヒラタオフィスは宮崎あおいさんや多部未華子さん、松岡茉優さん等を擁する大手芸能事務所です。

大石さんから見るフラッシュアップはどんな事務所なのか、所属してよかったこと、主演を務める舞台のことなど色々とお伺いしました。 俳優やタレント、芸能人になりたいという気持ちがある方は、必読の内容なので、是非見ていってくださいね♪

現在の活動について教えてください

広告やCMに出演したり、舞台のお稽古や芝居のレッスンをしています。
3月は舞台で初主演をやらせていただくことになりました。

画像
「ゲートシティーの恋」稽古写真

―「ゲートシティーの恋」ですね!

舞台自体をほとんどやったことがないのに、今回主演なことに加えて男役というのもあり、全てが初めてなんです。覚えることや、やっていくことが映像とは全然違って。新しい発見の数々で、得られるものが多いですね。
映画を観て男の人の仕草に注目したり、宝塚歌劇団の舞台を観たりして、「どうやったら、かっこいい男の子になれるんだろう?」と研究しています。
いままでは女性を中心に見ていたのが、男性に着目することで、全然魅せ方やかっこよさ が違うんだなと気づきます。視点を変えてみることで発見することが多くて、楽しいです。

―お芝居のことでレッスンの講師に相談をしたりもしますか?

私が今回舞台で演じる「輝人」はすっごくかっこいいんですよ。
でも、おちゃらけている部分もあって、そういうかっこよさと面白さに差をつけて魅せられたらいいなと考えているのですが...。 まだちょっと女っぽく演じてしまうことも多くて、そういう時は事務所の演技講師にも相談して「こうしたらいいよ」とアドバイスを頂いたりします。

―苦労していることはありますか?

舞台は、観客の皆さんに届くように台詞を言うのでお腹から声が出ないとダメだし、大きく動いたりすることが大事になってくるんです。
例えば、映像のようにカメラがサイズを決めていくスタンスではなくて、舞台は全部を見られるので、立ち姿や座り方など、細かいところまで全身に神経を集中させてやっています。
今まで映像中心の活動でそういう経験がないので、苦戦している部分ですね。頭がパンクしそうなくらい(笑)
でも、お稽古の時に他のメンバーにアドバイスをもらったり、それを実践すると団結力も高まる感じがするし、意見交換しながらやるのはとても楽しいし、充実しています。

事務所でのレッスン内容を教えてください

週に1回、2時間ほどで、映像について学ぶことが中心です。
お芝居をしている様子を2台のカメラで撮って、そのまま編集された映像をモニターで見て、「こうやると、こういう魅せ方になるんだよ」と教えてもらったり。
でもそれは一例で、講師によってやることはとても様々です。
例えば、台本をもらってその場で演じるレッスンもあれば、事前に自分でお芝居の映像を撮ってきて、講師に見せてフィードバックをもらうものもあります。 それから不定期ですが事務所内で映画監督のワークショップが入ったり。 教えてもらうものがそれぞれ違って、色々な視点から見てもらえるので、「なるほどなぁ」って思ったり、「これを応用すればいいんだな」って考えて、レッスン内容をより一層吸収することが出来ています!

オーディションやお仕事について教えてください

フラッシュアップに所属してから、どんなオーディションを受けていますか?

広告やCMやドラマ、映画、バラエティなど色々なジャンルでたくさんオーディションを受けています。
所属する前と、仕事内容は全然違いますね。
以前はアイドル活動を中心としていたので、グループでの取材や歌、イベントがメインでした。それが180度変わって、私個人で自分を魅せる形のお仕事が増えて、「自分をさらけだそう!」という気持ちが強くなりました。

画像

―オーディションはたくさん受けられたのですね

所属してから、そろそろ3年くらいになるのですが、数えられないくらいオーディションには行っています。 当たって砕けろタイプなので、どのオーディションでも100%を出していますね。
オーディション現場で求められることって、やはり自分の存在感を示すことだと思うので、全身全霊で取り組んでいます。

レッスンとオーディションは並行して行っているのですか?

はい!
いまでもレッスンを受けながらオーディションも受けてお仕事させて頂いています。
現場で得たものをレッスンでブラッシュアップして、「こう魅せればいいのか」というのを学べたりするのがいい所だと思います。

いままでで印象に残った仕事はなんですか?

え~~なんだろう!?
色々あるのですが、あえて言うなら、某テーマパークのCMをやらせていただいた時かなぁ...。
ぐるぐる回るアトラクションがあったり、アヒルに餌をあげて会話したり(笑) もちろんそれもすごく楽しかったのですが、やっていくにつれて、友人役で共演していた子と一緒に「魅せ方」を研究したりしましたね。
監督さんにも相談しながら、こうしたいという意思を持って一緒に作っていくのはとても充実感がありました。

フラッシュアップについておしえてください!

事務所に所属しててよかったことはありますか?

やはり得られるものはとても多いです。
アイドルの頃は、与えられたことをこなすことが中心だったのが、いまは「これやりたい!」と言ったら、それがどんどん実現していくんです。
マネージャーさんにも気軽に相談できて、提案したことに対して「やっていいよ」って言ってもらえて、自分のやりたいことができている実感があります。
あとは、色々と新しいお仕事をできることもよかったことですね。
今回の舞台に関してもそうです。
元々、小さな時から舞台が好きで憧れていて、芸能界を目指したきっかけでもあったのですが、声が低いので少し諦めていたんです。
でも、今回は低めの声が武器になる男役ができるということで、紹介されたときに「やってみたい!」と思い、応募できました。

―マネージャーさんが話しやすいのは良い風土ですね

気軽に相談に乗ってくれるし、すごくフレンドリーで話しやすいので、とても居心地がいいです!
各案件の担当マネージャーさんがそれぞれのお仕事をサポートしてくれているので、色々な方に相談したり、「その分野はこの人がいいよ」って教えてもらえたり。
お人柄が良い人が多くて、「気軽に話してください」という方ばかりなんですよ。
社長もフランクだし、「とりあえず、作品をたくさん見たほうがいいよ」ってよくアドバイスを頂いています。

フラッシュアップに入りたいと思った理由はなんでしょう?

目標にしている女優さんが所属している事務所のグループ会社だからです。
宮崎あおいさんや松岡茉優さんなど、透明感のある「こうなりたいな」っていう人物像の方も学んでいたことがあったということはイメージがつきやすかったですね。

事務所に入った前と後のイメージの違いはありますか?

画像

実は、オーディションを初めて受けた時は、マネージャーさんとか怖い方なのかなって思ってドキドキしていました(笑)
でも、実際に入ってみると、皆さん凄くフレンドリーに話してくれるし、「なにかあったら言ってね」って気にかけてくれるし、とても暖かい事務所だなって思います。いいギャップでした!

どんな方におすすめの事務所でしょうか?

やりたいことがはっきりしていて、自分自身の軸がある人にはおすすめですね。
相談を気軽にできて、マネージャーさんやスタッフさんが皆さん応援して下さるので、そういう意識を持った子は、自由に気楽に活動できて向いていると思います。

―取材後記

とってもキラキラしていて、透き通った雰囲気の大石夏摘さん。
「モチベーション維持の秘訣は、ご飯を食べて寝ること!」という、天真爛漫でお茶目な一面もあり、魅力たっぷりでした!
皆さんも、大石夏摘さんのように、やりたいことが出来る環境を手に入れませんか?
ヒラタオフィス全国新人オーディション締め切りは2022年4月13日まで。
このオーディションでは、 ヒラタオフィスに合格し活躍している人は勿論のこと、新人部合格からキャリアをつかんでいる人も輩出されているようです。是非奮ってご応募くださいね!
【ヒラタオフィス全国新人オーディション】 https://sp.narrow.jp/audition/7836

画像

大石夏摘

フラッシュアップ所属 女優 17歳
P&G「銀のファブリーズ」〈ホテル編〉/ネスタリゾート神戸/鈴乃屋 など多くのCMに出演している

画像

ヒラタオフィス

工藤夕貴、宮崎あおい、多部未華子、長谷川博己、松岡茉優らが所属する大手芸能事務所。 俳優、モデル、声優などのオーディションを開催。

舞台「ゲートシティーの恋」

2016年の初演以来2020年まで毎冬連続上演し、
終演後は「ゲートシティーロス」が大量発生する超人気舞台。
本作はW・シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』のモチーフを近未来に設定。
出演者は全員女性で、男性役も女性が演じます。
今年は「GATE」「CITY」の2チーム。
大石夏摘はCITYチームの主役・輝人役にて出演致します。

「CITYチーム」上演スケジュール
3/17(木)19:00
3/18(金)15:30
3/19(土)12:00/19:00
3/20(日)15:30

■劇場:下北沢 「劇」小劇場
東京都世田谷区北沢2-6-6
小田急線・京王井の頭線/下北沢駅 徒歩1分

■チケット料金(税込み)全席自由席
一般    前売:4,000円/当日:4,500円
高校生以下 前売:3,500円/当日:4,000円(学生証を提示)
※開場は開演の30分前。未就学児は入場出来ません。
※感染対策で定員100席を70席に減席し販売。

■チケット取り扱い:ライブポケットにて
パソコンより→『ゲートシティーの恋』専用予約サイト
https://t.livepocket.jp/e/gatecity2022

スマホ・携帯より(QRコード)

画像

■電話受付03-5573-8722 ドラマデザイン社(平日12-18時)
*チケットは整理番号付きで各公演回予約した順に整理番号がつきます。
 公演当日、開演の40分前から整理番号順に受付します。
 開演30分前の開場時に整理番号順に入場して頂きます。
 開場時にご不在の場合は順番が後になりますので、ご注意下さい。
*電話予約の場合システム上、予約時に整理番号をお渡しすることが出来ません。
 公演当日、受付で整理番号をお渡しします。

■問い合わせ先
(株)ドラマデザイン社
電話 03-5573-8722 (平日12時~18時まで)
https://drama-design.co.jp/

画像

この記事を書いた人:いいむら ゆう