アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2022年03月28日

フォロワー数7.7万人!「やってみたい」を叶えるためには?グアム政府観光局公式アンバサダーオーディション 準グランプリYUIKAさんにインタビュー

narrowでは、毎月イメージモデルやアンバサダーなど、一般企業主催のオーディションを多数掲載しております。
オーディションでイメージモデルやアンバサダーに選ばれることで活躍の機会を増やしている受賞者も続々と出ています!

そこで、今回は、グアム政府観光局公式アンバサダーオーディションで準グランプリを受賞されたYUIKAさんに取材しました。

現在モデル・インフルエンサーとしてご活躍されていて、Instagramフォロワー数は7.7万人を誇るYUIKAさん。
オーディションのことに加え、フリーランスのメリットやInstagram投稿で気を付けている点なども教えて頂きました。
投稿迷子の方にはとても参考になる記事なので、是非読んでみてくださいね!

YUIKAさんについて教えてください

今の活動の中心はなんでしょう?

モデル業の方が多くて、モデル兼インフルエンサーという感じですね。
私、けっこう変わった経歴で、元々モデル事務所にいて、そこをやめて事務職をして、フリーランスモデルになって、事務所に入って、今現在またフリーランスをしているんです。
色々やりましたが、私はフリーランスの方が肌に合ってましたね。自分で何でもするのが好きだし、直接やりとりしたほうが手っ取り早い部分はあります。
フリーランスになって一番よかった点は、スケジュールが組みやすいという所かなと思います。

―意外ですね!スケジュール調整を自分でするのはデメリットだと思っていました。

事務所に入っていると、事務所に全スケジュールの権限があるので、数日抑えてはいたけど仕事が決まらなくて、途端に空き時間になることがあるんですよ。
いきなり暇になるストレスが減って、予定を自由にパズルのように組み立てられるのは私にとってはメリットですね。

―フリーランスだと営業活動も自分でしなければならないと思うのですが、お仕事はどうやって得ているのですか?

リピーターが多くて、前に現場で一緒になった方に新しいお仕事頂いたり、SNSでブライダルモデルとかの依頼を頂く事もあります。
フリーランスでやっていくとなると、Instagramは一つの武器なので、SNSを豊かにしておくのに越したことはないのかなって思っています。

Instagram投稿のモチベーションはどう保っていますか?

とても現実的な話なのですが、本来、わたしInstagram投稿するのすごく苦手なんですよ。「そんなに毎日キラキラ生きていない!」と思って(笑)
でも、Instagramはお仕事と割り切ってやっています。
暇な時に下書きを作って「この時間に何個投稿する」というサイクルは、SNSを始めた時から自分の中で決めているルールなので続けていますね。
正直プライベートだったらモチベーションが続かないと思います。

いままで反応が良かったInstagram投稿はありますか?

珍しいタイプかもしれないんですけど、私のInstagramは投稿によって見てくれるファン層にばらつきがあるんです。
ご飯の投稿は、ご自身も食べ物系を投稿されている方たちからいいね!コメントが多かったり、コーディネートの時は、お洋服の投稿をしている女の子から反応があったり。
もちろん一定層毎回反応してくれる方もいらっしゃるのですが、反応はまちまちですね。
私がその方たちに向けて発信しているものがちゃんと届いているのかなとも思えて嬉しい面もあります。

―投稿によって文章など使い分けていることが影響しているのでしょうか?

言われてみたらそうかもしれないです。
化粧品とかだと、どうしても書きたい欲が強くて、「ここがよかったよ」というのをまとめているつもりでも長文で書いちゃって(笑)
チェックマークをつけたり読みやすくはしています。

―YUIKAさんの投稿は長文でも読みやすいです!ちなみに、ファッションは短めの文章、など決めているのですか?

2~3年前は、ファッションだろうがグルメだろうが、どの投稿も全部「コーディネートはこういう風に着たらこう見えて、トップスはどのブランドで…」っていうのを全部書いていました。
でも、ある時、フォロワー数が多いインスタグラマーの人に、「全投稿同じように長文にすると、全部が全部案件っぽく見えるからやめた方がいいよ」と言われて、意識して短くするようにはしたんですよ。
そこからは、わかりやすくフォロワー数が増えました。
でも、ずっと同じようにやっていてもInstagramの投稿って流行り廃りが激しくて反応の波があるので、その時その時に合わせてって感じでやっています。
ハッシュタグだけをつけるスタイリッシュな投稿が流行ったり、口コミを全部細かく記載していた時もありますし、バラバラですね。

―流行りの投稿を調べるために情報収集はどう行っていますか?

私自身が結構みんなのSNSを見るのが好きなので、他のインスタグラマーさんや好きなモデルさんの投稿を見て、「最近こういうのが流行っているんだな」と思ったら取り入れて、反応が良かったら「やっぱり今はこういう感じか」と確認しています。

グアム政府観光局公式アンバサダーオーディションについて教えてください

応募理由はなんでしょう?

国内外問わず旅行が好きで、コロナ禍になる前は、「何月にハワイに行って、次はグアムに行って」という感じで一年の旅行計画を決めて行動していたんです。私、あまり寒いのが得意ではないので、毎年寒い時期には暖かいところに行っていました。
それがこのご時世で全く行けなくなってしまい、今回オーディションを見つけて「海外に行くチャンスのあるお仕事」という点に魅力を感じて、応募しました。

どんな投稿をしようと考えましたか?

グアムにはプライベートで何度も行くくらい好きなので、その時の写真を絶対使おうと考えていて、その中でも目を引くようなキレイな海や水着の写真を選んで投稿しました。

―素材がたくさんあったのですね!

アルバムを漁って、そこから投稿用フォルダを別に作り、選んでって感じです。
ハッシュタグ検索したらとても多くの方が参加していて規模も大きかったので、これは頑張らなきゃと思い、事前準備は結構したつもりです。
以前グアムアンバサダーやったことがある友達がいたので、その子に色々とアドバイスをもらったんですよね。実際にアンバサダーになってグアムに行った時の話を聞き、どういう投稿をしようかと作戦を練りました。

フリースタイルを選んだ理由はなんでしょう?

THE女子旅!みたいな感じでファッションジャンルとかもいいなと思ったのですが、結婚したことで、女子旅とはまた違う目線で楽しめるのではと思い、あえて枠を絞らず色々なことを発見できるようにフリースタイルを選択しました。
体を動かすことも好きですし、最近釣りも始めたので、グアムで挑戦したいことはたくさんあって、投稿しやすかったですね。

面接はいかがでしたか?

めちゃくちゃ緊張していて、あまり覚えていないです(笑)
でも、面接官の方が、「グアムが率先してコロナ禍でダメージを受けている旅行業界を盛り上げて、海外に行こう!っていう風にしていきたいんです」とおっしゃっていたのが印象的で、「私もそのお手伝いをさせて頂けるんだな」って思えました。

今回準グランプリに選ばれた決め手はなんだと思われますか?

めっちゃ難しいですね…。
枠に捉われずに何でもやりたいという考えでフリースタイルをとったのが、私には合っていたのかもしれません。
行動が先に出るタイプで、やってみてから好き嫌いを決めようというタイプなので。

グアムの好きなところを教えてください

色んな人と何回も行っていて、グアムは私の中でとても身近なんです。
友達に提案するときも、「グアム行こうよ」と言いやすい国ナンバーワンで。
飛行機で4時間くらいで行けて、南国を楽しめるのがいいですよね。
シャトルバスで島中回れるし、交通の便にも優れているのもいい点だと思います。
あと何より、現地の方が日本人に対してめちゃくちゃ親切で印象に残っていますね。
私が初めて海外旅行に行ったのもグアムだったんですよ。それ以来、年に1回は必ず行っていました。

今後の目標を教えてください

明確な目標は立てていないのですが、今までいろんなお仕事を一通りやらせてもらっていて、ミスコンにも挑戦できて、「自分がやりたい!」と思ったことは何かしらで関わらせてもらえて、やってこれたんです。
なので、これからは自分が今までやれてこなかった分野をやりたくて、いま「ママさんモデル」が私の中で未知の世界なので、挑戦していきたいです。
あとは、最近やりだした釣りに関しても、なにか一つレギュラーを持てたらいいなと思っています。

narrowユーザーへのひとことをお願いします!

私はこのオーディションに応募したきっかけっていうのも、「何でも挑戦してみたい、やってみたい!」っていう少しの勇気とやる気だけでした。
オーディションに応募して、オーディションをずっと進めてきて選んでもらったんですけど、やっぱりオーディションに参加するっていうこと自体が自分の中で大きな一歩になると思います。
narrowユーザーへの皆さんも、気になるオーディションがあったら「どうしよっかな?」って悩まずに、「とりあえずやってみる」って気持ちを大事にして、オーディションにどんどん挑戦していってほしいです。
皆さんがんばっていきましょう!

―取材後記

おっとりした関西弁で話し上手のYUIKAさん。
自分がやりたいと思ったことを全部できてきたというのは、とても素敵なことですよね!先に行動するタイプのYUIKAさんだからこそ実現できたことだと思います。
みなさんも、少しの勇気とやる気を持って、是非narrowオーディションにチャレンジしてくださいね♪

本人からのメッセージ

画像

YUIKA

フリーランスモデル

画像

グアム政府観光局

公式サイトでは、毎週金曜日に更新される「ウィークリーグアム」をはじめ、日々グアムの最新情報を更新している。
グアムは、大自然はもちろん、4,000年に及ぶ歴史もあり、多様な文化が取り入れられたグルメ、ユニークなフェスティバル、活気ある芸術や音楽、ファッションなど、世界の進展とともに生き続けています。
グアムの本当の美しさと魅力をぜひ経験してみてください。
【Instagram公式アカウント】 https://www.instagram.com/visitguam_jp/
【TikTok公式アカウント】 https://www.tiktok.com/@visitguam.jp?

この記事を書いた人:いいむら ゆう