オススメの特集

  • 2016年09月10日

オーディションを受ける直前には、復習をしておこう!

画像

あなたは、オーディションを受ける直前に復習していますか?
オーディションを受ける前は緊張してしまうものですが、復習をすることで緊張も和らげることができます
。オーディション直前の復習について一緒にみていきましょう。

オーディション直前に復習をするわけ

オーディションの直前に復習をする目的は、1知識の定着と2メンタルの安定があります。

1知識の定着は、よくテスト前に教科書などを確認するのと同じで、やればやるほど知識は定着し易くなります。

2メンタルの安定は、直前に復習すると安心感が得られるため不安解消に有効です。
しかし、あまり直前まで復習していると逆に余裕が持てなくなる恐れがありますので、数分前には終えてオーディションを受ける体勢を整えておきましょう。

オーディション直前の復習方法

静かな場所であれば、台詞や振り付けなどを頭の中で反すうすると良いでしょう。
頭の中で繰り返すことによって、知識は定着し易くなります。

さらに声を出したり動ける場所であれば、台詞などは声に出し、振り付けなどは動いて確認をしましょう。
声を出したり動いたりすると緊張も解れますので一石二鳥の方法です。

注意すべき点は、オーディション直前ですのでまわりの参加者たちも緊張している状況です。
くれぐれもまわりに迷惑が掛からないように気を付けましょう。迷惑にならない範囲で直前の復習に努める心掛けも大切です。

オーディション直前の復習はあくまで補足

オーディション直前に復習をするからといって、それまで何もやってこないというのは本末転倒です。
直前はあくまで確認程度のことしかできませんので、覚えることはオーディションの前日までにはしっかり覚えておきましょう。
俳優であれば台詞、歌手であれば歌詞、ダンサーであれば振り付け、これらは最低限覚えておく必要のあるものでパフォーマンスの大前提となるものです。

仮にカンペなどを見ながらできたとしても、覚えている人とそうでない人のパフォーマンスには一目瞭然の差が出てきます。
しっかり覚えてオーディションに備えましょう。

まとめ

オーディションは今までやってきたことを披露する場所です。
努力の成果が問われる場所ですので緊張するのは当たり前ですが、直前に復習をすることで安心感も得られます。
直前に復習をして自信をもってオーディションに臨みましょう!

この記事を書いた人:MCBR