オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年12月20日

声優は声の仕事だけじゃない!演技力以外に身に着けておきたい能力とは?

画像

今、声優の仕事が大変人気になっています。様々な登場人物になりきって声を務める仕事になりますが、声優をする上で演技力が大切になってきます。しかし、ただ演技力だけを磨けば良いというものではありません。

そんな声優にとって演技力以外で必要な能力とは何か、ここでは詳しく紹介しています。是非しっかりと身につけて役立てていきましょう。

想像力を膨らまそう

声優の仕事をする上で様々な登場人物になりますが、時には意外なキャラクターなど、現実の世界ではありえないキャラクターを演じなければいけません。
そんな時は想像力を膨らませ、その人物になりきりましょう。実際にはあり得ない設定であっても、もしそうだったらと常に想像力を働かせ、もしもの世界をしっかり演じ切りましょう。

歌唱力を磨こう

声優の仕事は声の仕事ではありますが、ただ会話をするだけではありません。
時にはそのストーリーの中で歌を歌わなければいけないシーンが出てきたり、その時々で様々な役柄を演じる必要があります。そのため、歌唱力も身につける必要があります。

声優は声の仕事ですから、発声の仕方など、声の出し方を中心に、キャラを引き立てる事が出来る歌の歌い方をしっかりと身につけましょう。声に表現をつけるためにも、歌唱力はとても重要です。歌が下手すぎてそのキャラがぶれてしまっては意味がないのでしっかり練習をしましょう。

ダンスで表現力を豊かにしよう

声優とダンスは一見結びつかない人もいるかもしれませんが、実は声優にとってダンスはとても大切です。様々な役を演じる中で、時には迫力のあるシーンなど躍動感溢れるシーンを演じなければいけない事があるかもしれません。

その際はやはり体で表現しながら声を発声する方が、その役になりきる事が出来、臨場感溢れる声を発する事が出来るのではないでしょうか。

そのため、音に合わせて体を動かすダンスは表現力を鍛えるためにとても大切です。

まとめ

声優は声の仕事ではありますが、それ以外にも身に付けておくと役立つものがたくさんあります。演じる役も人物とは限りません。動物や空想の生物など、その時々のキャラクターに合わせた声を発していく必要があります。

そのため、そのキャラクターになりきるために想像力を膨らませ、もし自分がこのキャラクターだったらと自分を置き換え、なりきる必要があります。 

声優として第一線で活躍するためには、キャラクターの中に入り込み演じる事で、見ている人をそのストーリーの中に引き込む力が必要です。是非しっかり役柄に入り込み、声を発しましょう。

この記事を書いた人:nana