オススメの特集

  • 2017年01月05日

演技派女優を目指している方へ!気をつけておいて欲しい3つのポイント

画像

生き残りが難しいといわれている芸能界の中でも、長く活躍しているのが演技派女優達です。
演技が上手ければ、年を取ってからも、それなりの年齢にあった役柄の仕事があるからです。
今回は、演技派女優として活躍していくために気をつけおいて欲しい3つのポイントについて紹介していきます。

表情ジワに要注意!

演技派女優として若いうちから売り込んでいくためには、表情ジワに注意する事が大切です。
10代、20代といった若者でも、日々の表情の癖によってシワは刻まれていきます。
シワも鏡に顔を映した時に、表情を動かしていなくてもシワが目立つ場合には、そのシワは運勢を大きく作用しています。
もしも笑ったり、怒ったりした時だけに表れるシワの場合には、運命を左右するまでの相とはいえませんが、普段の生活の中での表情の繰り返しによって、その表情ジワが少しずつ刻み込まれていくので、笑いジワを日々刻んでいきながら運気を好転させていくためには普段の思い癖の習慣を見直す事が大切です。
いつも周りの人に笑顔を振りまいていくと、頬の筋肉が発達しながら膨れていって、目の下にもふくらみが出来てくるので、愛らしい顔立ちを形成していく事が出来ます。
いつも笑っていると目じりにもシワが刻まれてくるのですが、若いうちから笑いジワが出来る事は非常に良い事です。
ドラマや映画の演技のシーンでも、きっと表情豊かに魅せてくれるでしょう。
逆にマイナスのイメージとして見られがちなシワもあります。
もしも鏡でぱっと顔を映した時に口周りにほうれい線や目と目の間の眉間のシワやおでこのシワが気になるようでしたら、スキンケアとインナーケアで早めに対処しておく必要があります。
ほうれい線は老けて見られるだけでなく、貧相に見えたり、不健康な印象を与えてしまいます。
眉間のシワは、気難しい印象を与えてしまうので注意しましょう。

おすすめのケア法は、スキンケアとインナーケアを同時進行系で行う事です。
スキンケアには保湿成分である、

・アロエキス
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・プラセンタ
・エラスチン

インナーケアには、

・プラセンタ
・コラーゲン
・ローヤルゼリー
・ヒアルロン酸
・ビタミンC

といった成分をバランスよく補っていく事が大切です。
これらの成分は単発で摂取しても人間の肌本来の成分には満たない場合が多いので、様々な美容成分がバランス良く配合されている物を選びましょう。
まだ若いうちだったら、スキンケアとインナーケアに努めていけばシワも改善していく事は可能です。
若くてもストレスが溜まってシワが出来てしまう事もあるので、いつも鏡を見ながらチェックしていって下さい。

芸能事務所に所属して、モデルやタレント仲間をたくさん作って美容情報交換を行うと、より旬な美容情報もゲットできるかもしれません。
芸能事務所には、美意識が高い人が大勢集まっているのでたくさん友達を作って美意識を高めていきましょう。

ほくろやシミは雑念を招く要因となるから扱い方に要注意!

演技派女優ともなると、テレビや映画に映る時には顔の度アップといったシーンが多くなってきます。
そんな時にどんなに演技が上手かったとしても、顔にほくろがたくさんある、もしくは目立つシミがある場合には、観客は演技よりもそのほくろやシミが気になり出すのでせっかくの名演技も全て台無しになってしまいます。
顔のある一点にだけ黒いエネルギーが集中して集まっているという状態は、何か通常とは異なるエネルギーがそこに集まっている事になるので、それが良い運をもたらすのか?それとも悪い運をもたらすのか?といった判断が非常に難しくなってきます。
どちらにしてもほくろの部分に人々の視線を集中させてしまう要因となるので、観客達を自分の演技に集中してもらいたいと願うのであれば、邪魔な物は早めに取り除いておく事が大切です。
ほくろの場合には、美容形成外科のレーザー施術によって取り除いていく事も可能です。
ニキビ跡や紫外線のメラニンによるシミの場合でも、濃くなっていくとほくろと同じような相を表してくるので早めに処置しておく必要があります。

スキンケアとして、美白効果の高いビタミンC誘導体やカニやエビの色素成分であるアスタキサンチンなどの成抗酸化作用の高い成分が配合されているスキンケア製品を継続的に使用していきましょう。
他にも美白作用の高い麹甘酒やプラセンタサプリメントなどを摂取し続けていくと、体の中から全身の美白ケアに働きかけていく事が出来ます。
スキンケアやインナーケアだけでは、どうしてもシミが薄くならない時には、エステサロンや美容形成外科で除去していきましょう。

顔に無駄な点がない方が、演技している時の目の輝きや頬の高潮感といった表情を美しく表現していく事が出来ます。
名演技も顔の表情のよしあしにかかっているので、いつも肌は美しく清潔に保っていくように心がけていって下さい。

長いまつ毛は演技に使える!

演技では目を使って感情を表現する場合が多いです。
そんな時に役立つのが、まつ毛です。

横を向いて目を伏せた時に、まつ毛が長いと憂いを帯びたようななんともいえない色っぽさを演出する事が出来ます。
さらに目を大きく見せたい時には、まつ毛を思いっきりビューラーで立ち上げてマスカラをたっぷり塗ると印象深い目元を演出できます。
まつ毛の演出も付けまつ毛やエクステといった方法もありますが、最近ではまつ毛の育毛ケアの開発が進歩してきているので、夜用のまつ毛美容液と、まつ毛の育毛成分配合の昼用マスカラを併用して使用していくとまつ毛の成長を促す事が出来ます。

せっかくの名演技が不自然にならないためにも、付けまつ毛やエクステといった人工的なまつ毛ではなく、地まつ毛で勝負できるように普段からまつ毛ケアに励んでいって下さい。

まとめ

今回は演技派女優を目指している方へ、顔の表情をよりアピールしていくためのシワやほくろ、シミの取り扱い方、まつ毛の演出方法について解説してきました。
演技の稽古で顔の表情のテクニックを磨くだけでなくだけでなく、肌のケアやまつ毛美容についても心がけながら、より印象深い演技が出来るように励んでいって下さい。

この記事を書いた人:猫瑠璃