オススメの特集

  • 2017年06月28日

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

画像

春ドラマも次々と最終回を迎え、いよいよ夏ドラマが始まります。個人的に印象的だった春ドラマは「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」や「小さな巨人」などですね。警察を舞台に繰り広げられるドラマチックなストーリーにドキドキさせられました。

ところで、昔から刑事が出てくるドラマって多いですよね。「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえろ!」などなど名作と呼ばれるドラマ作品にも、刑事ものはたくさんあります。このドラマに出てくる数々の名刑事たち。作品の中での上下関係は分かりますが、作品を飛び越えた階級の比較っていまいち分かりません。

そこで今回は、刑事ドラマ(一部アニメ)に出てくる刑事たちを、階級で比較してみました。あのキャラクターって意外と偉い人だったんだ?なんて気付きもあるかもしれません。

さて、まずは改めて警察の階級について整理してみます。以下が、警察庁、警視庁、県警、所轄の各階級を横並びにまとめたものになります。

警察の階級

会社の役職とはまた違った、複雑な階級制度です。少し分かりづらいですが、今回は一番左のクラスに合わせて、各ドラマやアニメのキャラクターたちを整理してみたいと思います。警察庁長官、警視総監クラスは、あまりメインで出てくるドラマ作品がありませんので、上から3番目のクラスに当たる警視監から始めたいと思います。

警視監クラス

さすがに、錚々たるメンツが並びます。「踊る大捜査線」の室井慎次は、「上に行く」との宣言通り、ここまで上り詰めたのですね。多くを語らず有言実行。しびれます。

警視長クラス

お次は警視長。このクラスには「相棒」の内村完爾、「踊る大捜査線」の沖田仁美の二人がいました。「相棒」の内村部長は、中園参事官とのコミカルなやりとりを目にしているせいか、こんなに偉かったのか・・・なんて印象もあったりなかったり。

警視正クラス

警視正クラスになると、少しキャラ数も増えてきます。春ドラマでも楽しませてくれた「警視庁捜査一課長」の大岩純一と、「小さな巨人」の小野田義信。同じ捜査一課長でも、ドラマの作りによってだいぶ印象が違います。そして「相棒」の中園参事官・・・こんなに偉かったんですね。

警視クラス

お次は警視クラス。「踊る大捜査線」で署長と一緒に笑いを届けてくれるコミカルな2人、さらに「キャリア~掟破りの警察署長~」おちゃらけキャラの半田副署長。まさか「西部警察」大門軍団のボス、木暮謙三と同じ階級だったとは・・・。

警部クラス

警部クラスには、「ルパン三世」の銭形警部や「相棒」の右京さん、春ドラマ「小さな巨人」の香坂真一郎など、様々なキャラクター達が並びます。個人的には「あぶない刑事」の透と薫の二人の出世が嬉しいです。

警部補クラス

古畑任三郎「古畑任三郎」、青島俊作「踊る大捜査線」など、名物刑事の名前も増えてきました。このクラスになると現場でばりばり捜査しますので、ドラマとしても盛り上がりますね。やはり、事件は会議室で起きているわけでなく現場で起きているのですから。

巡査部長クラス

「あぶない刑事」のタカ・ユージコンビも出てきました。こう並べてみると、人数も多いせいか、だいぶ年齢の幅も広がってきます。もちろん出世がすべてではありませんが、「小さな巨人」の三島祐里と「はぐれ刑事純情派」の安浦さんが同列に並ぶと、なんだか少し切なさを感じます。

巡査長クラス

破天荒刑事の代表格、「こち亀」の両さんと「踊る大捜査線」の和久さんが同じ階級だったんですね。そしてもう両津勘吉は永遠に出世する事がないと思うと、こちらもちょっと切ないですね。

巡査クラス

最後は巡査クラス。警察組織の末端で日々頑張っているキャラクター達です。「古畑任三郎」の今泉と「こち亀」の中川&麗子が同じクラスに名を連ねています。警察の階級と人生の階級はまた別物ですね・・・。

というわけで、今回はたくさんのドラマ作品の中から、刑事キャラをピックアップし、階級で並べてみました。普段、横並びで眺める事もなかなかないでしょうから、新たな発見や驚きもあったのではないでしょうか?「だから何?」と言われてしまえばそれまでですが、たまにはこんな楽しみ方があっても良いと思います。今年の夏ドラマにもきっと面白い刑事ドラマがいくつもあるでしょう。他作品の階級と比較してみると、また違った印象が見えてくるかもしれません。

記事:猫狸犬虎