オススメの特集

  • 2015年12月27日

夢は紅白出場!?アニソン歌手オーディション合格への5ヶ条

画像

声優・アニソン歌手が紅白にまで出る時代です。アニソン歌手やアイドル声優によるユニットもたくさん結成され人気を博しています。そんな大注目のアニソン歌手オーディション、合格への5ヶ条をこっそり教えちゃいます!

【その1】腹式呼吸を習得すべし

アニソン歌手オーディションは、声優のオーディションと違って即戦力が求められます。歌唱力の基本、腹式呼吸がしっかり出来ていますか?

お腹で呼吸と言っても、お腹に空気を入れるわけではありません。肺にたくさん空気を入れると、横隔膜が下がってお腹がふくらみます。肩が上がる胸式呼吸では浅い呼吸になってしまうので、お腹がしっかりふくらむ深い呼吸を意識しましょう。

腹式呼吸で重心が下に行くと、安定した太い声が出せるようになりコントロールしやすい声になります。歌手には必須の技術ですよ。

【その2】滑舌を良くすべし

歌を歌うときにも滑舌は大切です。しっかり訓練されていないと歌詞が聞き取れない歌になってしまいます。またアニソン歌手は、声優としてキャスティングされる可能性もあります。そのためにも滑舌は良くないといけませんよね。

ボイストレーニングとは別に、滑舌の練習も行いましょう。早口言葉や「外郎売り」など、基本的なテキストでOKです。

滑舌は付け焼き刃でどうにかなるものではありません。オーディションに向けて日々訓練を忘れずに行いましょうね。

【その3】表情豊かに歌うべし

歌には表情も大切です。表情の乏しい暗い顔で歌うと、声も暗くなってしまいます。目を大きく開け口角を上げて明るい顔で歌えば、明るく通る声が出せるでしょう。

ボーカルの練習の際には鏡の前で表情のチェックも欠かさないようにします。また、表情筋を鍛えるエクササイズも隙間時間を使って行いましょう。

アニソンオーディションも明るい表情の方がもちろん合格に近づきます。歌唱力もアップして審査員の印象も良くなって一石二鳥ですよ。

【その4】選曲には注意すべし

オーディションで歌う曲選びはとても重要です。アニソン歌手になりたいという人は、やはりアニソン好きな人が多いと思います。しかし、アニソンの中には難易度がとても高い曲も多いのです。

好きな曲だという理由だけで高難易度の曲を選曲してしまうと、あなたの魅力が出せないまま終わってしまいます。また、その曲のオリジナルの歌手と比べてあまりにひどいレベルだと、審査員もやはり劣っていると感じてしまいますよね。

好き嫌いよりも、歌いやすい曲・あなたの魅力が引き出せると思える曲を選ぶようにしましょう。

【その5】容姿の向上に努めるべしし

アニソン歌手と言えども、見た目はとても重要です。人前に立つ仕事なわけですから、どうしても容姿にも目が行きますよね。顔立ちが整っているかどうかというよりも、みんなに愛される雰囲気や清潔感をアップしましょう。

服装や表情・しぐさなど気を付けるべきことはたくさんあります。また、アニソン歌手はファンを獲得しなければならないので、愛嬌や応援したくなる雰囲気も大切です。

オーディションまでに自分で自分をプロデュースする気持ちで見た目の向上に努めましょう。


アニソン歌手は、他の歌手と違ってアフレコの機会もほぼ必ずやってきます。さらに即戦力が求められるのでオーディションまでの日々の過ごし方が合否を分けることになるでしょう。やることはたくさんありますよ。

ボイトレはもちろんのこと、選曲や容姿にも気を配り、たくさんのアニソンファンに愛される歌手を目指してくださいね。

この記事を書いた人:秋場カナ