オススメの特集

  • 2017年11月07日

面接でとにかく好印象を与える!最初におさえるべき基本の立ち振る舞い

画像

アイドルやタレントにとってオーディションは飛躍への第一歩です。
映画やドラマはもちろんのこと、演劇やイベント、あるいは研究生や新人などに対象を絞ったものもあります。
ステップアップのためにもオーディションについて知っておくことは大切です。

しかし、大切なことは社会人としてのマナーや常識も必要だという点です。
どこまでが効果的なアピールなのか、どこまでが許される一選なのか、デビューを目指してオーディションのABCを改めてチェックしてはいかがでしょうか。

面接に臨む際に心得ておきたいこと

オーディションなどの面接ってどうしても緊張してしまうと思います。中には緊張のあまり、いつも思ったような受け答えができず後悔だけが残ってしまうと言う方も多いのではないでしょうか。
面接に臨む際には、まずは相手が自分のどのようなことについて知りたがっているのか自分なりに考えてみる必要があります。
面接においては、いかにして相手が知りたがっていることを上手く伝えるかが重要と言えるでしょう。

その為には何よりも基本の立ち振る舞いを抑えておく必要があります。
そこで今回はオーディションなどの面接で抑えておくべく基本の立ち振る舞いについて解説していきたいと思います。

自分らしさをアピールすることも大切

面接においては誰しもが丁寧な言葉づかいなどを通して、好印象を持ってもらうことに終始しがちです。
もちろんそれも大切ではありますが、オーディションなどの面接は就職活動の面接とは違い、受験者の個性を見極めることを目的としていると言う点も忘れてはいけません。そのため社会人のようなレベルのマナーは必ずしも必要とは言えません。

例えば、あまりに丁寧な言葉遣いや立ち振る舞いを意識しすぎてしまうと、普段の自分らしさを相手に知ってもらうことができず、結果的に自己アピール不足となってしまうかもしれません。
オーディションなどの面接においては、常識的なマナーや立ち振る舞いは意識するべきではあるものの、個性を消してしまうような過度に丁寧な話し方、立ち振る舞いは避ける必要があると言えるでしょう。

イメージトレーニングが重要

面接において理想とするような立ち振る舞いをする為には、事前に入念なイメージトレーニングを行っておくことも重要です。
その為には、自分自身のアピールポイントや、審査員が自分のどのような点について面接を通して知りたがっているのかを自分なりに想像してみることが重要です。

自身のアピールポイントや審査員が知りたがっていることが何となくでもわかれば、それに応じた面接の流れや受け答えなどもイメージがしやすくなることでしょう。
十分なイメージトレーニングは自信にもつながる為、面接の対策としては非常に有効と言えます。

まとめ

面接に臨む際に抑えておくべき基本の立ち振る舞いについて解説して来ました。

オーディションなどの面接においては、相手に自分のどのような点を知ってもらえば良い結果が得られるか自分なりに想像し、それに応じた立ち振る舞いを心がける必要があると言えるでしょう。
また、その為には日ごろからイメージトレーニングを重ねることもまた重要と言えます。

この記事を書いた人:ONE