オススメの特集

  • 2017年11月15日

芸能人より体力が必要!マネージャーに必要なスキルとは?

画像

憧れの芸能人には多くの関係者が取り巻いています。
大物タレントになればファンの他にも様々な人が接近してきますね。

マネージャーの役割はそのようなタレントの周囲に気を配ることも大事なことのひとつです。
スケジュール管理から仕事の取捨選択まで、タレントが大きく成長するかしないかはマネージャーの手腕も大きな要素です。
大変だけどやりがいのある仕事と言えます。

マネージャーになるには?

芸能人の夢を支えるマネージャーに憧れる人もおられるでしょう。では、芸能人のマネージャーになるにはどういった方法はあるのでしょうか。
マネージャーは、ほとんどの人が芸能プロダクションやタレント事務所で働いています。

ですから、マネージャーになるには、それらに入社する事が必要になります。
中には、芸能人を目指していた人がマネージャーに転向する場合もありますが、どちらにしても芸能プロダクションやタレント事務所に所属する事が必要です。
芸能プロダクションやタレント事務所に入るには、各社の採用条件を知る必要があります。

学歴一切不問のところもあれば、大卒以上を条件としているところもあり、採用条件はまちまちなのです。
言い換えれば、一生懸命探せば誰でもどこかで採用される可能性はあるという事です。
マネージャーには意欲や熱意、行動力が必要ですから、諦めずに採用を目指しましょう。

マネージャーの仕事とは?

マネージャーの仕事は、一口に言うと芸能人の活動のサポートです。

自分の担当の芸能人の活動がスムーズに行えるよう、マネジメントやサポートを行います。
具体的には、スケジュール管理や出演交渉、宣伝活動、オーディションの準備等がその仕事です。
大きな事務所になると、マネージャー一人で複数の芸能人を担当する事もあります。

また、マネージャーは公私ともに芸能人の良きパートナーとなる事が求められる場合もあります。
担当する芸能人の悩みを聞いたり、精神的な支えとなる事が求められたりする場合もあるのです。
その仕事は、マニュアル化できるようなものではありません。それが難しいところでもあり、面白いところでもあると言えるでしょう。

マネージャーに求められるスキル

マネージャーとしてやっていくには、営業力やコミュニケーション能力、行動力や決断力など必要なスキルがたくさんありますが、何と言ってもまずは体力が必要になります。

芸能人の行き帰りの送り迎えや関係者への挨拶回り、営業、現場の手配、将来を見据えたプロモーション戦略など、やらなければいけない事は山のようにあるのです。
撮影が深夜に及ぶことも珍しくありませんから、規則正しい生活などは望むべくもありません。
2~3日寝なくても平気なくらいの頑丈さはマネージャーに最低限必要なスキルです。

まとめ

芸能人が成功するには、もちろん本人の魅力や能力、努力も必要ですが、マネージャーの手腕も欠かせません。
それだけやりがいのある仕事ですが、楽な仕事ではないのも事実です。
マネージャーを目指すなら、まずは体力をつける事から始めましょう。

この記事を書いた人:ONE