オススメの特集

アクセスランキング

  • 2017年12月02日

歌手は普段何をしている?気になる仕事内容は?

画像

歌手の仕事といえば、ライブやコンサートやテレビ番組でみんなに歌声を届けることです。

華やかなステージに立つことだけが仕事の全てではありません。私たちの知らない所ではどのような仕事をしているのでしょうか。
歌手を目指すのならば、目には見えない部分の仕事に関しても理解しましょう。

歌手の仕事とは

華やかに見える芸能界。
ライブやコンサートの出演などは目に見える仕事ですが、華やかとはいえない裏方のような仕事もたくさんあります。
しかしその内容はあまり知られていません。

アーティストになりたいと思っている人は、普段どんなことをしているのか知るだけで、参考になり、より具体的に夢を目指しやすくなります。

表の仕事より裏の仕事の方が時間はかかる

歌手の主な仕事内容には、ライブやコンサートの活動やラジオやTV出演などがありますが、もちろんこれがすべてではありません。
このように表に立つ仕事をきちんとこなすには裏で地道に行う仕事が重要になってきます。

それは作詞、作曲などの楽曲活動やレコーディング、ライブを行うまでの企画発案、立件、演出会議などです。
CDショップへのあいさつ回りや、PV、MV撮影、ラジオやTVへの営業活動、ショッピングセンターやアミューズメント施設などでの営業活動、サイン会、握手会など、数多くの仕事内容があります。

華やかに見える歌手は、裏では地道な仕事を多くこなしているのです。
しかもこれは売れている歌手と売れていない歌手でも違ってきます。
売れていない歌手は、歌手活動だけで生活するのは難しいので、バイトなど、歌手活動以外でお金を稼ぐ手段を探さなければいけません。

歌手だけで生活できるようになるには、大変な努力が必要です。

普段の生活が歌手としての表現力につながる

歌手は普段での経験などが直接的に表現力として影響してきます。
普段何気なくしている買い物や、散歩、食事や遊びに出かけている時も、歌手活動の1つとして意識しながら行動することが大切になってきます。

何気ない行動や、なんてことのない普段の風景を、歌として切りとって届け、観衆を魅了することが出来るのが歌手です。
歌手を目指す人は、意識しながら生活するといいでしょう。そのひとつひとつがいい歌を作り、いいライブを作っていくのです。

歌手は人間力が大切な職業です。人間力を鍛えることも大切な仕事のひとつと言えます。
歌手は生活すべてが仕事につながるのです。

まとめ

歌手の普段の生活を見ることはできませんが、表で輝いている人は必ず裏で努力をしています。
表に見えるだけが仕事だけではなく、見えない所でのひとつひとつを大切にして、それがのちに大きな仕事につながります。
普段の生活から意識をして、素敵な歌手になれるよう、努力しましょう。

この記事を書いた人:ONE