オススメの特集

なりたい職業別
夢に近づくHow to 特集
  • 2016年04月21日

どうしたらいいの!?オーディションで最終までいくが落選するワタシ

画像

オーディションで最終までいくが落選…これ以上、なにをどうしたらいいの?壁にぶつかって立ち尽くしていることと思いますが、そんな時こそ、少し休んで冷静に考えてみてはいかがでしょうか。オーディションに落ちた理由、ともに考えていきましょう。

最終までいくが落選する人は、何度も落ちている

オーディションで最終までいくが落選した…という人は、悔しいですよね。書類審査で最初から音沙汰がなければ期待もしないですが、最終までいってしまうと、合格を期待してしまうものです。しかし、オーディションで最終まで行くが落選したという人は、1度ならぬ2度、3度とその経験を繰り返しているのではないでしょうか?以外にも、オーディションに受かる人は1度で受かってしまったりするもので、最終までいくが落選する人は、何度も落ち続けてしまうという傾向があります。では、なにが原因なのでしょうか。

最終までいくが落選したのは、必然

オーディションの最終までいったのですから、間違いなく実力はあります。自信をもってください。「じゃあ、最終までいくが落選したのは偶然?」いいえ、それは必然です。もちろん、オーディションは、ナンバーワンというより、オンリーワンを求めているので、いいくら実力があったとしても、趣旨に合わなければ落ちてしまいます。そういう不遇の時を送って、今や知る人ぞ知る芸能人になったという人もいます。しかし、オーディションで最終まで行くが落選してしまうという人のほとんどは、オーディションの趣旨に合わないとかではなく、「何か」が足らないのです。今一度、冷静になってその理由を考えてみましょう。

オーディションの最終までいくが落選した理由を考える

では、オーディションの最終まで行くが落選した理由はなんなのか?
オーディションで最終まで行くが落選してしまう人は、実力があるので、そのあと一歩の部分を見落としてしまいがちです。「落ちたのは、練習不足だからだ!」とガムシャラに練習をする人もいますが、それでは解決には至りません。人によって、足りない部分は異なりますので一概には言えませんが、解決方法としては、距離を置いてみるといいかもしれません。一旦、離れることで第三者的な視点で考えることができるようになり、「なんだ、そんなことか」と解決することもあります。自分で、散々考えて答えが出ないのであれば、指導者や友達に、アドヴァイスを求めてみると思わぬ答えが出るかも知れません。いづれにしても、冷静な客観的視点で離れて考えることが必要な時期と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?オーディションで最終まで行くが落選した人は、実力は折り紙付きなのですから、あと少しです。ここを乗り切ることで、道は開けるはずです。客観的視点で冷静に、距離を置いて考えることに主眼をおいてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人:猫瑠璃