オススメの特集

  • 2016年02月24日

敵にも味方にもなる!声優オーディション掲示板との上手なつき合い方

画像

ネット上にはさまざまな掲示板があります。なかには声優オーディション掲示板というものもあり、日々活発な書き込みがあります。

しかし、ためになる情報もあれば、危険も多々あるのがネットの世界です。

今回は、オーディション合格のための掲示板とのつき合い方をお話してみますね。

個人情報は絶対に書かない

声優オーディション掲示板に限ったことではありませんが、個人情報は絶対に書き込まないようにしましょう。

あなたの本名・住所・電話番号はもちろんのこと、個人を特定される可能性のあること、例えば出身校や友達の名前・オーディション当日に着ていた服なども書かない方がいいでしょう。

書き込んでしまうと、もし掲示板内で心ない人がいた場合、あらゆる手段であなたを特定してしまう可能性があります。

例えばあなたがオーディションに合格した場合、落ちてしまった人が妬んで、あなたの過去の書き込みを漁って個人を特定し、本名や現住所などをネット上にばらまいてしまうかもしれません。

合格して声優になれるというのにそんなことが起きてしまっては、この先とても心配ですよね。

後々のことも考えて、絶対に個人が特定できる内容の書き込みは控えましょう。

合格した人はあまり書き込まない

声優オーディション掲示板には、ときにはオーディションに合格した人の書き込みもあります。体験談を書いてくれる場合もあるのでそういった書き込みは大変有益です。ぜひ見つけてみて参考にしましょう。

しかし、声優オーディションに合格した場合、たいてい声優事務所や養成所に所属となりますが、その際には事務所から「ネットに書き込まないように」と指示を受けることがあります。

これからその人を売り出そうとしているわけですから、前述の個人情報流出は絶対避けなければいけませんし、当然ですよね。

そういった指示を受けている可能性も考えた上で、自分で有益な情報だけを取捨選択できる技術を身につけましょう。

前回のオーディション情報を集める

大きなオーディションですと、前回のオーディション内容などは声優オーディション掲示板に書かれていることが多いです。そういった情報はとても参考になるはずです。

実際のオーディションで何が聞かれたのか?何をしたのか?二次審査に進んだ人はどんな人が多かったのか?など、オーディションに応募する前に掲示板をチェックして、情報を集めるようにしましょう。

オーディション内容は、年によってそんなに変わるものではありません。だいたいの決まった形式があります。受験のときには過去問を解くのと同じで、前回のオーディション情報から傾向と対策を自分なりに立てた上でオーディションに応募しましょう。


掲示板はいつ味方が敵になるかわからない怖さがあります。しかし、プライバシーをしっかり保護した上で利用すれば、あなたを合格に導いてくれる強い味方となってくれます。

合格して声優になったら、さらに個人情報を守らなければなりません。そのときの練習だと思って、しっかり危険を意識しながら上手に利用してぜひ声優への道を進んでいってくださいね。

この記事を書いた人:秋場カナ