オススメの特集

メインビジュアル
  • 2019年05月27日

上京1年で大注目の海外新作ドラマ、さらにNHKドラマに出演決定! 女優・奥山葵さんインタビュー

女優を目指して上京後、アップスアカデミーに通って1年で大注目の新作海外ドラマ(日本でも配信予定)のオーディションに合格。NHKのドラマ出演も決まっている奥山葵さんに、上京からオーディション合格までのストーリーやエピソードを伺いました!

自己紹介をお願いします!

奥山葵です。北海道出身で、高校卒業と同時に演技の勉強をするために東京に出てきました。今20歳で、東京に来て3年目の春です。趣味は映画を観ることと料理です。映画はホラー以外だったら何でも観ます。料理は食べることが好きな延長で、北海道にいたときはよく家庭菜園で作ったいろんな野菜を使ってピザを焼いていました。すごく美味しいんです。

お庭でそんなにたくさんの野菜が育つなんて、すごいです!

俳優になった理由は「魔法使いになりたかったから」

画像

演技に興味を持ったのはいつごろ、どんなきっかけですか?

きっかけは「ハリー・ポッターに出たい」と思ったことです。初めて観た時は小学1年生だったのですが、あるタイミングでハリー・ポッターに出るためには女優さんにならないといけないということに気づいて、そのためにどうしよう? と考えて。

ちなみにハリー・ポッターのどんなところがお好きなんですか?

現実ではありえないことが、映画の中ではリアルに見えるところ。

その世界に入りたかった?

というか、魔法使いになりたかった(笑)。

◆お年玉を握りしめて独断で北海道から東京へ。運命を決めたのはGoogle

画像

演技を学ぼうと思い、アップスで学ぼうと決断した経緯を教えてください。

Googleで「東京 演技 学校」で検索したら一番上に出てきました。
北海道の全校100人の小学校・中学校で過ごしてきたので、それ以外の世界を見る必要があるだろうなと思って。アップスのことを知ったのが高3の年末で、お年玉を持って1月のオーディションを受けに行きました。それで受かったので2月に家を決めて3月に上京しました。

決断してからの行動がはやい! すごい行動力ですね。

よく言えば行動力があるのですが、悪く言うと考えなしでした(笑)。

家族はあきれていて……女優になりたいということに対しては反対しなかったですけど、勝手に決めてオーディションを受けたことは怒られました。

相談せず行ったんですか?

そうです、お金はあるから大丈夫と思って。でも最終的には応援してくれて入学金も出してもらえたのでとてもありがたかったです。

授業初日に「間違えた」と思ったのはなぜ?

画像

レッスンを始めたばかりの頃はどうでしたか?

最初の授業からみんなとハグするのがあって「間違えた」と思いました。人と目を合わせたりするのも苦手だったので……今も慣れたわけじゃないけど、演技をするにはそうやって人との距離を縮めることも必要だとわかったし、それが全てじゃないということも知ったから大丈夫ですが……。

英語で授業があるというのはどうでしたか?

入学まで英語で授業があるというのを全然知らなかったので「おお~」と思いました。驚きはしたのですが、その時は演技自体について学ぶのが初めてだったので、それぞれの授業にパンチがあり、全部が新しくて英語だけがどうということではなかったですね。

成長スピードが早く、クラス替えの際に上級のクラスになったとお聞きしました。その際は大変でしたか?

3クラスに分けられるタイミングがあるのですが、一番グングン行く組に入ってしまって「しまった」と思いました。周りの人がみんなすごい。毎回自分だけ「次回からもう来なくていいよ」と言われたらどうしようと思っていました。

(奥山さんは真剣に取り組んでいたからそう心配していたのですが、実際に生徒に「もう来なくていいよ」と言ったことはないそうです、念のため……)

初めてのオーディションで起こったラッキーな出来事とは?

画像

アップス在学中に海外ドラマのオーディションのお話が来たんですよね。

アップスのオーディションを受けてちょうど1年の1月にお話をいただきました。一次はテープ審査だったのですが、受けた役の方向性が変わったということで一回落ちたんです。

ええっ、一度不合格だった後に再度合格、ということになったんですか!?

通常はまずないことだそうですが、その後監督が来日するタイミングで再度役を見直すということになり、はじめの審査テープをもう一度確認して私に会いたい、という話が来ました。

なかなかない条件が重なって再オーディションとなったんですね、会いたいというお話が来た時はどんな気持ちでしたか?

びっくりが一周回って、「おお……」という感じでした。

一周回って素になってしまったんですね(笑)。オーディションではどんな審査があったんですか? 差し支えない範囲で教えてください。

4~5日前に台本をいただいて準備していきました。長いセリフはなく、覚えること自体は難しくなかったのですが、英語の台本を観たのは初めてで台本の読み方がわかりませんでした。まずどの部分がセリフなのかがわからなくて……なのでアシスタントの方に見てもらって教えていただきました。Googleでも調べたり。

そして見事に合格されました。どんなお気持ちでしたか?

冗談かなぁ? と思いました。本当なのか嘘なのかわからなくて、撮り始めても実感がわきませんでした。撮影はもちろんやっているので実感がわいてる部分もあるんですけど、もともと海外ドラマが大好きで、自分が出るということが信じられなくて。
ただ、撮りはじめてしばらくした時に、それまで撮った映像をまとめて見せていただいたことがあって。あ、本当にこうやって形になってるんだなと思いました。

合格後、撮影が始まるまでマンツーマンで英語の指導を受けたりするなどして準備したとお聞きしました。どんな気持ちでしたか?

とにかく不安でした。お芝居はしていましたが撮影自体ははじめてで、何も知らないしわからないし、出来ることのほうが少ない。「もう帰っていいよ」と言われるのではと思いましたし、あらためて女優さんてどういうものなんだろう? と考えました。Googleで「俳優とは」って調べたり……。それで、あ、これ俳優になろうと思ったときにも同じことを調べたなと思って。

実際の撮影を経験されて、どうでしたか?

俳優って面白いなと思いました。目指していたときは楽しいだけだと思っていたけど、いろんなことが必要なんだと気づきました。
撮影現場でいろんな人を見ていると休み時間も休んでいるわけじゃなくて、常に「もっと良くするためにどうしたらいいか」を考えて試して、準備にすごく気持ちや時間を割いている。

セットに入って撮影するたびに「まだ足りない、まだ出来ることがある」と思うんです。まだ足りないって思ううちはだめなんだなと思います。

あらためて気づいた演じることへの情熱。いろんな役を演じるために、人としての魅力を磨いていきたい

画像

詳細はまだ公開できないとのことですが、海外ドラマはもう撮影が済んでいるそうですね。撮影を終えて今思っていることがあれば教えてください。

あらためて、私は演技とお芝居がすごく好きだな、と思いました。
今はいろんな役をやってみたいです。そのためにはオーディションで通るように、人としての魅力を磨かないといけないと思います。自分にはこれといって特技もないので、できることを増やしていきたいです。

いろいろな役をやられる奥山さん、楽しみです! 特にこんな役がやってみたい、というご希望はありますか?

吉田修一さんの小説に出てくる人を演じてみたいです。彼の小説に出てくる人はきれいなだけじゃなくて、嫌なところもあるけどちょっといとおしい。既存の作品だと『悪人』が好きです。

ほかに、この作品に出たい! というものはありますか?

好きな作品で出たい! と思う作品はたくさんあるのですが、どの作品もこのキャスティングがベストマッチだなと思っちゃいます。『ラブ・アクチュアリー』が大好きなんですが、どのキャラクターも他の役者さんに替えが効かないと思うので、既存キャストのままでもうひと枠新しい役を作ってもらってやりたいです。

映像と舞台はどっちがやりたい、というご希望はありますか?

どっちもやりたいです! 映像と舞台だとお芝居の過程が全然違うので、それぞれの気付きや良さがあって。でも実際やっている最中は、映像をやっている時は「ああ舞台やりたいな」と思うし、舞台をやっている期間は「映像やりたいな」と思います。

今やってない方が恋しくなるんですね(笑)。

変わらない夢がある一方で、苦手なものを好きになりたい気持ちも

画像

奥山さんが今挑戦したいこと、これから叶えたい夢は何ですか?

いちばん夢はハリー・ポッターに出ることです! これはずっと変わりません。
あと今すぐというよりはもう少し先に叶えたいことなんですが、ダンス。好きじゃないし苦手だけどできるようになりたいです。共演した人のミュージカルを観に行く機会があって、すごく気持ちよさそうで。私もあんなふうに踊れるようになって、ダンスが好きって言えるようになりたいです。

アップスで学んだのは「基礎の大切さ」と「学んだ多くのことをどう使うかは自分次第だということ」

アップスアカデミーで学べてよかったなというポイントを教えてください。

演技の楽しさを学べたこと。くじけそうになったけど続けられたのはアップスだったからかもしれません。基礎が大事なことを知れたことはとても大きかったなと思っています。特にはじめの基礎を学んでるときってつらくて、言ってしまえばつまらないし面倒だし、こんなことをずっとしないといけないのは無理かもって思ったときもありました。その大切さや成果が出ているということを初めて実感できたのは約1年後の卒業公演のときで、そこは1年続けないとわからなかったです。

いろいろなことを習うけど、それをどう使っていくかは自分次第だということも教えてくれました。アップスに来なかったら海外ドラマのオーディションもなかったですし、本当にGoogleに感謝です(笑)。
全く学びがなくなると成長がなくなるし、常に新しいも人出会いたいので、今後もワークショップなどを受けて行きたいと思っています。ただ、何を受けるにしても、その空間にいるだけで満足するようにはならないようにしたいと思っています。

感性は年齢に関係ない。先生も生徒も精神が自由

画像

アップスアカデミーやアップスアカデミーで出会った人たちは奥山さんにとってどんな存在ですか?

ひとことで言うと、大先輩です。いろんなことを教えていただいて、普段も気にかけてもらったりしていてありがたいです。先生も先輩も、みんなすごく若いなと思いました。いくつになってもイマジネーションやいろんな感覚が働いていて、元気で若い。精神が自由だなと思います。みんな優しくてアクティブ。

私はクラスに最年少で入ってクラスメイトにはかなり年上の人もいたんですけど、みんな大人なのにすごく無邪気で青春をしにきているのかと思うくらい年の差を感じなかった。もうちょっと年相応の落ち着きがあってもいいのではと思うときもあるけど、この空間(アップス)は何歳だから何をしなきゃいけないというような概念にはとらわれない平等な場所で。よっぽど悪いことでなければ叫んでも泣いても恥ずかしくないし何をしてもいい。自由な場所です。
先生方も「感性は年齢に関係ない」とおっしゃっているし、やりたいと思う気持ちが大事だと思います。

強い気持ちがあるなら今すぐ挑戦したほうがいい

画像

いろいろな年齢層の方がいらっしゃるのですね。奥山さんと同じ20歳やもう少し上の方で「今から俳優を目指すのは遅いですか?」という質問が多く届きますが、こういった不安を持っている方に対して何かアドバイスがあればお願いします。

人に聞いて、遅いですって言われて「じゃあやめます」となってしまうくらいなら、やらないほうがいいんじゃないかなと思います。この仕事ってつらいことがたくさんあるので、簡単な気持ちでは続かない。私もはじめの1年で4~5回、実家に帰るほどつらかったし、もうやめたいと思ったことも何度もあります。この先もっとつらいことはいくらでもあると思うので、自分の強い気持ちで進んでいけないとやっていけないです。

アップスのクラスメイトにはかなり年上の人もいて、大企業に勤めていたけどやめて来ている方もいました。「もったいない」と思う気持ちもあったけど、本人にそこまでしてでもやりたいという強い気持ちがあったからだと思います。それってすごいことだと思うし、ここにはいろいろな人がいるけどみんなそれぞれそういう、お芝居がやりたいという強い気持ちを持った人が集まっている。そんなみんなを尊敬しています。

アップスに興味があるけどレッスンを受けようか迷っている方、特に英語でのレッスンがあるという点で自分には敷居が高いのではと思う方もいると思うのですが、そんな方たちにメッセージをお願いいたします。

英語に関しては私もはじめはできなかったですし、その人の英語のレベルに合ったクラスが用意されているので、その点は大丈夫だと思います。

本当にやりたいと思っているなら、挑戦しないと後で後悔すると思うから、今すぐにやるべきです。そして、はじめたばかりの頃はやめたくなることも多いと思うのですが、まずは1年頑張って続けてみてほしいです。

ありがとうございました!

北海道で生まれ育ったとお聞きして思わず納得してしまうような、純朴な一面がある一方で、自分の世界・自分の考えをしっかり持っている印象が強い奥山さん。インタビュー中は静かに、言葉を慎重に選びながらお話されていましたが、撮影タイムにごはんの話を出したらテンションが上がってくるくるいろんな表情を見せてくれたのもとっても印象的で、お話しただけですごく魅力に引き込まれる方でした! 今後の活躍がとっても楽しみです。

1日だけの特別クラス“ONE DAY ACTING”参加者を募集中!

アップスメソッドが気軽に体感できる貴重な機会をご用意いたしました!
是非挑戦して下さい! 費用は1回3000円!

レッスン詳細はこちら

オダギリジョー、菊地凛子、祐真キキ、川平慈英、藤田朋子・・・多くの著名な俳優も受けたアップスアカデミーの演技レッスン。“ONE DAY ACTING”は、そんなアップスアカデミーの演技レッスンを1日体験できるスペシャル企画!
期間は1日。年齢は15歳以上上限なし、経験不問。

<予定日程>
2019年6月30日 14:00~17:00
2019年8月4日 14:00~17:00
※応募時に上記のいずれかの日程をお選びください。
 レッスン時間は参加人数によって前後いたします。予めご了承ください 。
 当日は動きやすい服装でお越しいただきます。
※書類選考通過者に、詳細のご案内と確認事項をご連絡いたします。

<会場>
アップスアカデミー神楽坂スタジオ

レッスン詳細はこちら

この記事を書いた人:narrow運営チーム