オススメの特集

  • 2016年02月16日

炎上する前に!事務所のオーディションに合格する前にSNSをチェックしよう

画像

最近では、事務所のオーディション参加者のほとんどが個人的にSNSをやっているようです。SNSをやるのは悪いことではありませんが、そこのアップした言葉や画像のせいで、デビュー後にネットで炎上してしまう人もいます。せっかくのデビューが取り消されることのないようにしなければいけません。
では、芸能界デビューを目指している人は、SNSでどういう点に気を付ければいいのでしょうか。

自宅や学校が特定できそうな画像はアップロードしない!

画像

まず、芸能人としてデビューしたい場合には自宅や中学校の外観はアップするべきではありません。事務所のオーディションに合格して芸能人になった後、あなたの自宅や学校の住所を特定して、直接会おうとするファンも出てくるかもしれないからです。
芸能人志望の女の子は、自分の情報をネットに出しすぎないように気を付けるべきです。自宅の外観はもちろん、学校の制服や学園祭・運動会の様子などを不用意にアップロードするのも、あまり好ましいとはいえません。学校名を隠していても、その情報で特定されてしまうことがあります。

SNSは誰でも見られるものだという自覚を持ちましょう。不用意な情報公開はやめるべきです。

悪ふざけ画像はアップロードしない!

お友達と楽しく遊んでいる画像や映像はSNSにアップして、皆で共有したいもの。でも、それがマナー違反だったり、悪ふざけと感じられるようなものだったりしたらどうでしょうか?間違いなく、炎上のタネになります。
本当のあなたが礼儀正しく素直な人だったとしても、たった1枚の画像が誤解を生むことがあります。食べ物で遊んだり、危険な場所でふざけたりしている画像は、どう見ても印象が悪いもの。いくらその場のノリで参加してしまったとしても、そういった画像はすぐに削除しましょう。
そもそも、芸能人になりたいのならばそういう行為をしてはいけません。公共の場で座り込んだり、電車のシートに寝転んだりするのもマナー違反です。誰にでも愛される芸能人を目指しているのならば、いついかなる時にもマナーを守りましょう。

オーディションや事務所の悪口を公表しない!

画像

オーディションを受けて、あと一歩のところで落ちてしまった。悔しい気持ちはわかりますが、オーディションや事務所、他の参加者の悪口をSNSで公開するのは絶対にやめておきましょう。「私を不合格にするなんて見る目がない」「他の女の子たちは全然かわいくなかった」などの発言は、するべきではないのです。別のオーディションに合格してデビューできたとしても、そのSNSがファンやネットユーザーに見つかってしまったら、炎上間違いなし。
SNSに悪口や愚痴をアップする人には、ネガティブな印象が抱かれがちです。そう思われないためにも、不用意な発言はしないようにしましょう。

どんな理由があれ、異性の画像はアップしない!

画像

そして、何より大事なのは、異性と一緒の画像はアップしないことです。芸能人にはイメージが大事です。たとえ友人やクラスメートだったとしても、異性とのツーショットの写真などはアップしないほうがいいでしょう。その写真が巡り巡って、あなたのデビュー後にネットで晒され、大げさな噂に発展・炎上してしまうかもしれません。
あとからどんなに「あの人は友達です」と主張しても、なかなか信じてもらえないのです。アイドルを目指している女の子は特に気を付けましょう。


たとえ限られた人しか見られない環境にしていても、SNS画像が漏れてしまうことはいくらでもあります。「私は大丈夫」と思い込まずに、きちんと自衛することが求められるでしょう。ただ、マナーさえ守ればSNSは楽しいツールですので、ルールを守って楽しく使用しましょう。

この記事を書いた人:木村さち