オススメの特集

アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2020年01月28日

声優になるには

「声優になりたいけど、何から始めればいいのかわからない」という人、多いと思います。
声優になる方法を「ルート」「勉強」「レッスン」の3つの観点からお伝えします。

声優になるには、どんなルートがあるの?

オーディションを受ける

声優になりたいなら、声優事務所(声優専門でなくても、声優さんが所属している事務所)への所属を目指すことを考えたほうがいいです。事務所に所属していないと受けられない(案内が来ない)仕事も多いです。例えば好きなアニメに出ている声優さんが、それぞれ何という事務所に所属しているのか調べてみて、所属者を募集するオーディションをやっていないか調べてみましょう。

また数は少ないですが、特定の作品の役を演じるというオーディションが開催されることもあります。

「声優」オーディション一覧

「声優」プロダクション一覧

養成所・専門学校に通う

画像

いきなり事務所所属のオーディションに合格する人はそうそういません。まずは声優の養成所や専門学校に通うほうが一般的でしょう。

養成所と専門学校の違いは、養成所は特定の事務所の新人を養成するための場所で、専門学校は事務所への所属を目指してさまざまな知識や実技を学ぶ学校だという点です。行きたい事務所が決まっていてその事務所に付属の養成所がある場合、そこに入ることをおすすめします。

専門学校から養成所へのオーディションのルートがあるくらいなので養成所に入る力があるのであれば養成所に行ったほうがいいですが、一度養成所に入ってしまうと他の事務所は目指しづらくなる、という点だけは注意しましょう。

また、いずれにしても必ず事務所に所属できるわけではないので、そこは覚悟しておきましょう。

子役・声優・アイドルを経て声優になる

ここからはレアなケースの紹介になりますが、もともと別の芸能活動をしていた人が声優になるケースもあります。

『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか役などで活躍している悠木碧さんは子役として活動していましたし、『ラブライブ!』の星空凛役などをやっている飯田里穂さんはキッズタレントとして活動していました。また佐藤亜美菜さん、仲谷明香さん、秦佐和子さんなど、AKB、SKEをはじめた48グループ出身の声優さんも多いです。

ライバルに差をつけよう! 声優になるために、プラスアルファで勉強したほうがいいこと

画像

声優になりたいライバルに差をつけるため、レッスンに行く以外にやっておいたほうがいいことをご紹介します。

いろんな作品を見てパターンを知り、読解力を身につける

アニメや洋画の吹き替え、ナレーションなどさまざまな作品を見て、役柄と声のパターンを知っておくことは大事です。全く同じ声が出るわけではありませんが、「このキャラクターはこういう性格だから、こういう声で表現しているんだな」ということがわかるかもしれません。

特に好きな声優さんや興味のある声優さんがいたら、同じ人が演じている作品を中心に見てみるのも勉強になります。「こういう役はこの人のハマり役だな」「この人、声が低いイメージだったけどこんなに高い声も出るんだな」といったことがわかると思います。

その中で「自分はこんな声優になりたい」「◯◯さんみたいな声優になりたい」「◯◯シリーズに出たい」「こんな役をやりたい」など、思いはさまざまだと思いますが、まずはたくさんの作品を見ておくことが大切です。声優になる前だからこそ、いろいろ見て勉強しておきたいですね。

また「このキャラクターならこの場面ではどんな気持ちでどんな声のトーン・話し方をするだろう」ということも考えねばなりません。映像作品はもちろん、本なども含め、物語に触れて心情などを想像することも後々役に立ちます。

ダイエットや、センスを磨いて見た目を整える

ビジュアルの良さは声優に絶対必要なことではないですが、ビジュアルの良さがひとつの長所になることは確かです。アニメやゲームの声優さんが、実際にライブやイベントなどの場に立ったり、雑誌のグラビアに登場したり、写真を使ったグッズを出したりする機会は少なくありません。マストではありませんが、見た目に気を配ることもライバルに差をつけることにつながります。

声優になるために受けたほうがいいレッスンは?

画像

絶対に必要なのはボイストレーニングです。発声や滑舌・声量トレーニングなどの基礎から、ナレーションやアフレコの練習などさまざまなことを学びます。

声優は声の仕事ですが、演技力も必要です。考え方によっては、普通の演技は表情なども含めてその役を演じますが、声優は声だけで演じなければならない分難しいと言えるかもしれません。声を出せれば

また、マストではないですが、声優として活動していると歌を歌う機会をもらうことも多いです。余力があれば歌のレッスンもしておくといいでしょう。

レッスン(声優)一覧 

まとめ

いかがでしたか? 声優は積み重ねが必要で、デビューまでの道のりが長い職業ですが、俳優以上にさまざまなキャラクターに人生を生きることができ、人に夢や希望を与えられる職業です。
できそうなことからでいいので、夢のために何か行動することが大切です。

1 さまざまなルートがあることを知り、チャンスの幅を広げる
「声優」オーディション一覧

「声優」プロダクション一覧

2 ライバルに差をつけるために行動する

3 レッスンを受ける
レッスンTOP
レッスン(声優)一覧 

また、芸能活動は遊びではなくお金をいただいて行う「仕事」です。挨拶やメールの言葉遣いなどの礼儀や、連絡をきちんとする、約束を守ることなどは、仕事をする上で絶対に必要ですので、そういった点もあらためて見直しましょう。

この記事を書いた人:narrow運営チーム