オススメの特集

  • 2020年04月20日

オーディションを受ける際におすすめの服装|合格するためのポイント

芸能人を目指したいと思う場合、ほとんどの場面でオーディションを受ける必要があります。オーディションでは自分の持つ能力を最大限にアピールすることが求められますが、身なりや清潔感といった服装も重要なポイントです。

しかし、実際にオーディションを受ける際、どういった服装を選ぶべきか悩む人も少なくありません。

そこで今回は、オーディションを受ける際におすすめの服装を解説します。合格するためのポイントも解説するため、オーディションを受ける予定の人は参考にしてください。

オーディションを受ける際の服装選びのポイント

画像

オーディションを受ける際は、オーディション内容に合わせた服装を選ぶことが必要です。
たとえば、ダンサー志望の人が動きにくい服装でオーディションを受けてしまうと、自分の持ち味をアピールできないことにつながります。

また、キャラクターが設定されたオーディションの場合は、そのキャラクターにできるだけ近い服装を選ぶことがおすすめです。

オーディションの種類によっては、選ばないほうが良い服装もあります。モデルやタレントオーディションの場合はカメラ撮影をすることも多いため、顔色に影響がある真っ白や真っ黒の服は避けましょう。

声優オーディションでは、セリフを読む際に邪魔にならないよう、音の鳴るアクセサリーなどは身につけないようにしてください。

オーディションを受ける際におすすめの服装

オーディションを受ける際にふさわしい服装は、オーディションの内容ごとに異なります。

しかし、どのオーディションにおいても審査員に好印象を与える服装のポイントは同じです。好印象を与えることができれば、合格する可能性も高くなります。

ここでは、オーディションを受ける際におすすめの服装を4つ解説します。

清潔感のある服装

どのような業界でも求められる人材とは、清潔感のある人です。たとえ人柄が良い人でも、清潔感のない人は第一印象で良い感情を持たれません。特に人前に出て売れるかどうかという点において、清潔感は重要視されます。

どのようなファッションをする際にも、清潔感は心がけるようにしましょう。当日着る服は新品でなくても構いません。
しかし、クリーニングに出したり、きちんと洗濯してアイロンをかけたりして、シミやシワがないかどうか確認することは必要です。

シンプルな服装

オーディションでは、シンプルなコーディネートの服を着るようにしましょう。気合の表れとして、着飾った服装でオーディションを受ける人もいますが、その場合自分よりも服装が目立ちやすくなります。

アピールするべき点は自分自身であるため、服装が目立ちすぎるとかえってマイナスになってしまいます。
本当に魅力的な人は、簡素な服装でも十分魅力やオーラが伝わります。シンプルな中にも、自信のあるアピールポイントを強調できるデザインの服装がおすすめです。

身体のラインが分かる服装

オーディションにおいて重要な点は、顔の作りだけではありません。胸の大きさや足の長さなどのスタイルや、全体的なバランスも重要です。そのため、身体のラインが分かるような服装を選ぶと良いでしょう。

もちろん、身体にぴったりし過ぎたセクシーな服装である必要はありません。ある程度の体型が分かる程度で十分です。

制服

学生にとっての制服は、第一礼服として冠婚葬祭の際にも着ることができる正式な服装です。そのため、学生の人が現在通っている学校の制服でオーディションを受けることは問題ありません。

ただし、学校によってはオーディションの際の制服着用を校則で禁じている場合もあるため、必ず確認しましょう。また、オーディションの条件に制服が許可されているかどうかも要確認です。

ほとんどの制服は清潔感がありシンプルなデザインであるため、オーディションにふさわしい服装であるといえます。

オーディションを受ける際にNGな服装

画像

オーディションを受ける際の服装には、NGな服装もいくつか存在しています。

万が一NGな服装を着てオーディションを受けてしまうと、合格することは非常に難しくなります。そのため、あらかじめNGな服装を把握することが重要です。

ここでは、オーディションを受ける際にNGな服装を解説します。オーディションで合格を勝ち取るためにも、ここで紹介する服装に注意したうえで服装を選びましょう。

露出度が高い服

男性も女性も、露出度が高い服を着ることはNGです。審査員にアピールするためにそういった服装を着る人もいますが、かえって下品な印象を与えることにつながります。

女性であれば胸の谷間が大きく見えるようなトップスや、短すぎて座ると下着が見えてしまうようなスカートなどは避けましょう。男性も無駄に胸元の開いた服装や、股間を強調するようなパンツなどは着ないようにしてください。

色味の暗い地味な服

着ている服の色は、相手に与える印象も大きいものがあります。明るい色の服は、明るさやポジティブなイメージ、情熱などを感じてもらえるため、良い印象を持たれることがほとんどです。

一方で、暗い地味な色は真面目さを伝えることができますが、やる気やその人のユニークさなどは伝わりにくいといえます。どうしてもネガティブな印象となり、その人の個性や輝くような魅力を感じてもらうためには、マイナスとなってしまうでしょう。

芸能人は、一般の人に希望や笑顔を届けることが求められます。地味な服装ではそういった部分も届けられないため、日頃から明るい服装を選ぶようにしましょう。

派手な色形の服

オーディションで自分の個性をアピールすることに意識を向けるあまり、普段より派手で奇抜なファッションをする人もいます。しかし、派手すぎる服装は浮いてしまうことにつながり、悪い結果になることがほとんどです。

全身ヒョウ柄や上下バラバラの柄物、ピンクや黄色の髪などは、悪い意味で目立ってしまうため避けましょう。

強い印象を残すためにはインパクトも大事ですが、周りが引いてしまうほど悪目立ちしてしまうと、かえってマイナスイメージを持たれてしまいます。派手な服装だけが印象に残ってしまうため、適度な服装を選ぶようにしてください。

オーディションで受かるためには髪型も重要!

画像

オーディションで合格を勝ち取るためには、服装と同じく髪型も重要な要素です。特に髪は顔に近く、男性も女性も髪型次第で印象を大きく変えることができます。
また、女性の場合は髪型だけでなくメイクも重要なポイントです。派手なメイクは好まれにくいため、ナチュラルメイクがおすすめとなります。

髪型は、表情がよく分かるように、フェイスラインを隠さないようにします。前髪も目が隠れないよう気をつけ、できればピンで留めておでこを出しましょう。オーディション中に髪が顔にかかることのないよう、できるだけすっきりとした髪型にすることも重要です。

オーディションによっては、ロングヘアの髪をまとめたりほどいたりといった要求をされることがあります。その場合でも慌てずに済むよう、整えやすい髪型で臨むように工夫しましょう。

服装と髪型、女性の場合はメイクを意識して、万全の状態でオーディションに挑むことが重要です。

まとめ

ここまで、オーディションを受ける際におすすめの服装や、合格するためのポイントについて解説しました。

オーディションを受ける際に重要なポイントは、オーディションの内容に沿った服装を選ぶことです。清潔感があったり、その人のことがよく分かったりする服装を選びましょう。

オーディションではヘアメイクも重要な要素です。明るい印象を与え、顔がよく見えるすっきりとした髪型と、ナチュラルなメイクで本番に臨みましょう。この記事を参考にオーディションの服装を選び、合格を勝ち取ってください。

この記事を書いた人:narrow運営チーム