オススメの特集

  • 2016年04月12日

俳優は体が資本!この筋トレで自信を持ってオーディションへ挑む

画像

映画やドラマを観ていてわかると思いますが、やたらと刑事ものやアクション系といったストーリーの作品が不動の人気を誇っているようです。やはり一般市民達は、そういった非現実的な世界を垣間見て手に汗握るスリル感を味わいたいと願いながら日々映画やドラマに夢中になるのかもしれません。そう考えていくと俳優としてアグレッシブに活躍していくためには、ある程度体を鍛えておく必要があるという事です。俳優として活躍するために、これから効果的な筋肉トレーニング法について紹介していきます。

アクションスターも夢じゃない!?速筋の鍛え方

筋肉は大きく分けると速筋(瞬発力)、遅筋(持久力)とに分かれます。
アスレチックジムで行うような加圧トレーニングや短距離ダッシュといった無酸素運動では主に速筋が鍛えられ、ジョギングといった有酸素運動では遅筋が鍛えられるようになっています。

アクションシーンでは瞬発力ある演技を求められる事が多いので、普段のトレーニングでは速筋を鍛える運動を取り入れていきましょう。
速筋を鍛えるトレーニングもただ短距離ダッシュや加圧トレーニングをする以外でも、ボクシングや空手、合気道といった瞬発力を要するスポーツを取り入れていくのがお勧めです。
スポーツジムに通うのも良いですが、そういった格闘技系の習い事に通って出来れば級や段といった資格を取得していくと、オーディションの面接時にそれをアピール出来ます。
俳優業を目指すのと同時に、何かアクションシーンで活かせそうな格闘技の訓練を積んでおきましょう。
速筋を鍛える事によって、自然と表情も引き締まって動作にも俊敏さが生まれてきます。
これも俳優としてのアピールポイントになるので、いつでもシリアスな演技が出来るように頑張ってトレーニングしてください。

細マッチョ体型を目指すためのトレーニングスケジュール

テレビを観ているとよくわかると思いますが、俳優達のほとんどは太っている人はいません。
5人に1人、10人に1人といった割合で、たまに太ったキャラクターも混ぜる事もありますが、まず主役級レベルの人達はみんな細身、もしくは平均的な体型です。
でもガリガリに痩せて貧弱な男はセックスアピールが足りないので、女性の人気を集める事が出来ません。
そう、国民の人気を勝ち取っていくためには、細マッチョが理想的なのです。
細マッチョといえば、ボクサーのような体型がわかりやすいと思います。
ボクサー体型に近づくためには、ボクサー達が日々行っているようなトレーニングスケジュールを取り入れていくのがお勧めです。
実際にボクシングジムに通わなくても、ボクサーと似たようなホームトレーニングを行う事も可能です。
ボクサートレーニングとしてお勧めは、

・シャドーボクシング
・縄跳び
・ジョギング(両手に鉄アレーを持つ)

ボクシングの動きも格闘といったアクションシーンで非常に役立つので、是非トレーニングスケジュールに活かしていってくださいね。

画像

トレーニングと並行して是非行ってほしいこと

体鍛えて筋肉を付けていくために、大切な事はコンディショニングです。
筋肉を早急に付けなければと焦って毎日の連続トレーニングによってオーバーワークになってしまうと、筋肉に傷がついてしまって疲労を招いたり怪我をしたりといったリスクを招いてしまいがちです。
そういった事を踏まえながら、

体鍛えて筋肉を付けていくために、大切な事はコンディショニングです。
筋肉を早急に付けなければと焦って毎日の連続トレーニングによってオーバーワークになってしまうと、筋肉に傷がついてしまって疲労を招いたり怪我をしたりといったリスクを招いてしまいがちです。
そういった事を踏まえながら、

●トレーニングの前後には必ずストレッチをして筋肉をほぐしておく事
●ハードなトレーニングを行う場合にはその後1日、2日は休息日を入れる事
基本的には48時間から72時間と言われていますが、運動の種類によっては1日~10日間と幅があります。
それは筋肉の張った感じや疲労度に合わせて自分で調節していって下さい。
●クエン酸やアミノ酸、ビタミン、ミネラルを意識して摂取する事
筋肉が生成される時には、たんぱく質(アミノ酸)、ビタミン、ミネラル、脂質、糖質といった栄養分が必要となってきます。
糖分や脂質は体内に常備備えている場合が多いのですが、アミノ酸やビタミン、ミネラルは不足しがちなので意識して摂取するように心がけていって下さい。
●トレーニングのメニューに変化を持たせる事
全身のあらゆる筋肉を鍛えていくためには、ワンパターンなトレーニングでは同じ個所ばかりの筋肉しか育ちません。
いろいろなメニューを取り入れながら、バランスよく鍛えていきましょう。

上記の事に注意してトレーニングスケジュールを組んでいってください。

まとめ

俳優志願の方の場合には、このように筋力トレーニングも実際にテレビや映画、舞台で活用出来そうな動きを取り入れたトレーニングを行うと良いようです。
出来れば何か格闘技系の資格を取得するのが一番ですが、それが出来なくてもスポーツジムに通ったり、ホームトレーニングといった形で鍛えていく事も可能です。
かっこいいアクションシーンも演じられそうだな、とオーディション本番で審査員にも感じてもらえるよう、是非速筋を意識してトレーニングを進めていってくださいね。

この記事を書いた人:猫瑠璃