オススメの特集

  • 2020年06月16日

痩せていないといけない?!モデルの適正体重を理解しよう

痩せていないといけない?!モデルの適正体重を理解しよう

「モデルになりたいけど、今の体型だと無理かも」
「モデルになるためにはもっと痩せないと」

そう悩んでいる人はたくさんいます。

目標に向けてダイエットをするのはもちろん素敵なことですが、無理なダイエットは心と体に負担をかけてしまいます。

モデルとしての適正体重を把握し、さらに自分が何を目指すのかを明確にした上でダイエットをするようにしましょう。

身長と体重で肥満度を計る「BMI」という数字があります。BMIは以下の数式で計算できます。

画像

一般的にこの値が22である場合、死亡率、高血圧、糖尿病、心筋梗塞といった成人病にかかりにくいとされています。しかしBMIだけでは体脂肪率や筋肉量を計ることはできないので、この数字だけで「健康かどうか」を知ることはできません。あくまでも肥満度の目安です。

BMIが20だと一般的な「スリム体型」です。モデルを目指す場合はさたにこの値を18まで下げるのが理想的です。

例えば身長が171cmの人であれば、


BMI22の時の体重(もっとも健康的な体重):64kg
BMI20の時の体重(スリム体型):58kg
BMI18の時の体重(モデル体型):52kg


ということになります。

ただ痩せているだけではモデルになれない?!

しかしBMIの値が18であってもモデルとして不適切な体型であることがあります。体全体に筋肉がなく、骨と皮ばかりになってしまっている場合です。この場合「不健康な印象がある」ということで、モデルとして不適切とみなされてしまいます。

モデルになるためにダイエットをする場合はただ体重を落とすことを目指すのではなく、筋肉を適度に増やして引き締まった体を作ることを目指します。体幹やお尻、脚全体の筋肉は特に重要です。

バランスよく筋肉をつけるように意識しながら運動をしましょう。ただ痩せているだけではモデルにはなれないということを理解した上で運動をすることで、活躍のチャンスが増えます。

そして上記のBMIの説明でもあるように、BMIは22である時にもっとも健康的と言われています。モデル体型の18は必ずしも健康的とは言えないということです。

もちろんBMIが18だからといってすぐに病気になるというわけではありませんが、モデル体型を維持する上では通常よりも健康管理をしっかりとしなければなりません。

ちなみに筆者は現在BMIが18です。日頃から筋トレをしたり、食生活に気を使ってはいます。しかし風邪をひきやすかったり生理痛・PMS(生理前症候群)が重かったりと、健康面に問題は多いです。

筆者自身も「この体型だから不健康」と言い切れるわけではありませんが、そういう面もないわけではないでしょう。だからこそ、モデル体型を維持する中では、その他の健康管理も怠らないようにしています。

健康的な体を目指そう!

画像

モデル体型を目指してダイエットをする上で重要なのは、健康的な体作りをすることです。ただ食べる量を減らすだけでは仮に体重が減ってもモデル体型にはなれません。むしろ不健康なイメージがついてしまいます。

最も重要なのはバランスのいい食事をしながら運動をすることです。

高タンパク・低糖質の食生活を心がけましょう。砂糖で甘くされた食べ物はあまりおすすめできません。タピオカドリンクは別名「糖質ドリンク」なので飲みすぎには要注意です。

運動は筋トレと有酸素運動を組み合わせて行います。こうすることで脂肪を燃焼しながら筋肉をつけられます。

まとめ

BMIはモデル体型の一つの目安になります。値を18にするのを目指してダイエットをするようにしましょう。

ただし、「ただ体重を落とす」ことだけを目指してダイエットをしてはいけません。モデル体型には健康的なイメージも必要です。適切な食生活と運動によって痩せるのを目指しましょう。

この記事を書いた人:鈴木詩織