オススメの特集

アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2021年04月17日

narrowオーディション8つ中4つで受賞!medimixイメージモデルオーディショングランプリ、丹遥さんにインタビュー

narrowでは、毎月イメージモデルやアンバサダーなど、一般企業主催のオーディションを多数掲載しております。
オーディションでイメージモデルやアンバサダーに選ばれることで活躍の機会を増やしている受賞者も続々と出ています!

そこで、今回は、medimixイメージモデルオーディションで受賞された丹遥(ニナ)さんに取材しました。

上海出身で中学生の時から芸能界入りし、Instagramのフォロワー数は15,000人を超えている大人気の丹遥さん。
昨年4月から1年間でのnarrowでのオーディションは、8個中、なんと4個も受賞されています!
そんな丹遥さんから“自己アピールの方法”ついて、色々と聞いてみました。

自分をアピールするのが苦手…頑張っているのに、オーディションに通らない…そんな悩みがある皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね!

medimixイメージモデルオーディショングランプリ

グランプリを受賞した感想を教えてください!

画像
カラフルなmedimixの投稿写真

涙が出るほど嬉しかったのと、ここまで長かったー!と(笑)
ただ、その分、全般的にPRが出来てよかったですね。
自分の言いたいことや、アピールしたいこと、自分のできる範囲内のことはやり切れたので。
medimixはオレンジやグリーンが鮮やかで、自分のイメージと合っていると思ったし、全力でアピールしました。
参加者は、今までも数々のオーディションに参加してきた人が多くて、手ごわかったです。その中で、ほかの参加者よりも、どうやったら自分が注目してもらえるか。
みんなInstagramは慣れているし、アピールする方法をわかっているので、差をつけるのが大変でした。

他の参加者に差をつける工夫はしましたか?

アプリは使わないことですね。
アプリは不自然な感じがあって淡くなりがちだし、自分の良さを消してしまうので。
普段、一眼レフかカメラで撮るのですが、その方が立体感があってはっきりくっきり感がでますよね。その方が見てる側や、審査員の人にも伝わるのかなと。
あとは、友達が動画撮影をしていて、今回、CMっぽい動画を撮ってくれたことも印象づいたと思いました。編集もプロっぽいんですよ。
親友なので、私の良さをわかっていて、顔の角度や、欲しい笑顔をお互いわかってやっていて、それがよかったのかなと思います。

【オーディション時の動画】

応援投稿を増やすために、なにか取り組みましたか?

正直に言うと、一人ひとりお願いしました!
友達と会うたびに石鹸を渡して、「もしよかったら石鹸を使って投稿してね」って。
Facebookしか使ってない友達にも投稿してもらって、それをスクショして、私がInstagramで投稿しましたね。あとは、私の写真をつかって、ストーリーにあげてもらったり。
お願いしてなくても、普段から仲いい子は投稿してくれました。
友達は私の性格をわかっているので、快く受けてくれて。
私は、広く友達を作るタイプではないのですが、友達とは本音で話せて、お互い何かあったら助け合える仲なんです。
友達関係は長く続けたいし、人との関りを大事にして、お互い愛情を分け合っていきたいです。今回の最終面接でも、「信頼できる友達がいる!」ということは伝えました。

リアルイベントで意識したことはありますか?

ステージに立ったら、そこは「自分の世界」「自分の舞台」。
精いっぱいアピールすることを考えました。
最終面接した時には、リアルイベントで騒ぎすぎて申し訳ない!と社長に言ったくらいで(笑)
もともと、ネット番組でMCをしたり、大会に出たり、しゃべることやアピールすることが好きだったんです。
当日は、「ここが自分のステージ!」という想いで、緊張感0でした。むしろもっと時間下さいって感じでした(笑)
SNSだと、体系や人柄、性格、立体感…色々とわからないことがありますよね。
リアルイベントだと、自分の雰囲気や良さが、直に伝わるので、その点では私はリアルイベントの方が合っているのかも。
自分の良さをわかってほしいし、アピールしていきたいです。

medimixのオーディションで意識したことはなんですか?

今回のオーディションでは、リアルイベントと最終面接で2回アピールできたんです。
リアルイベントでは遠慮する必要がないので、盛り上げたほうがいいかなと思いました。
服装も意識しましたよ。やっぱ第一印象は大事じゃないですか!
リアルイベントは昼間だったのと、medimixの爽やかなイメージもあるから、赤は合わないなって。軽めの白のレースワンピで足を出して、清楚でキレイ系な服装にしました。
企業さんへの第一印象は、なるべく清潔感があったほうがいいですよね。

最終面接は予想外で(笑)
今までの面接と同じようにテーブルがあると思って、ダメージジーンズで行っちゃったんです。そうしたら、まさかのまさか、テーブルがなくて、全身が見える状態だったから、穴だらけデニムがみえるじゃん!って(笑)
でも、その時はもう服装気にせず、自分の良さ・笑顔・自信・熱意・他人と違うところをアピールしました。
第一印象(リアルイベント)の後は、トークで勝負ですね(笑)

medimixの好きなところを教えてください!

白檀の香りがしたり、エキゾチックさが好きです。
パッケージの上からでも香ってくるほど、香りが強いんですよ!
18種類もハーブが入っている石鹸は、今まで見たどの石鹸にも似ていない、めちゃくちゃユニークな石鹸だと思います。
実際に使ってみたら、香りだけじゃなく、値段も安いし、しっとりなのにさっぱりした洗い心地でした。

ちなみに、medimixは、「アーユル・ヴェーダ」に基づいて製造されています。
アーユルヴェーダはインド大陸で5000年も続いている世界三大伝統的医学のひとつで、中国医学とも相互に影響し合って発展しているんです。
私は中国上海出身なので、とても親近感がありますね。

オーディションのコツ

上手にアピールする秘訣を教えてください!

今までの経験から、大会やオーディションでは、質問されたら即答することが大事だと学びました。
雰囲気を読んで、「相手が何を知りたいのか?」「自分の魅力をどう伝えるか?」「他人と違うところをどう伝えるか?」をと臨機応変に伝えますね。

―どうやったら臨機応変に対応できるのでしょうか?

私は、中学校から芸能界に入り、上海の芸能界も経験しているんです。
高校生の時の、印象に残っているオーディションがあって。
TV局で行う最終オーディションで、新聞に自分の名前が出たんですよ!
オーディション当日は、TV局で、有名なMCがいて…経験不足から自己アピールに失敗しちゃったんです。
「最終までいけて十分」という気持ちと、上手にアピールしている人をみて、「この人どうしてこんな上手にアピールできたの?」という気持ちがありました。
そこで、アピール上手な参加者を見て、吸収していったんです。
審査員に対しての笑顔や自信、堂々と歩いている姿を見て、真似るわけじゃなく、「自分と比べたらどこがいい?」「自分に足りない事は?」と自分のものにしました。
その積み重ねで、受け答えも上手になっていった気がします。

―研究熱心だったんですね!

基本、負けず嫌いなんです(笑)
1位しかない。
昔、だれかが「1番じゃなきゃダメなんですか?」と言っていましたが、私からすると、「当たり前じゃん!ダメに決まってるじゃん!」って(笑)
Instagramでは、「自分のことばっかり考えている」と思われたくないし、顔自体が濃くて、ただでさえ気が強いと思われがちなので、抑えています(笑)

応援してくれる人を増やすコツはなんでしょう?

自分なりにPRして、あまり自慢口調にならないように気を付けています。
私は話し方が強めなので、絵文字を入れたり、しゃべり方を柔らかくできたらいいなと思ってて。
あと、人気がある人ってみんな親近感があるので、親近感を持ってもらうように意識はしていますね。
今回、グランプリ受賞報告をしたときに、フォロワーから、「丹遥ちゃんが努力している姿を見ると刺激になった!憧れです」と言われたんです。
そこで初めて、「自分は、そういう力をもっているんだ!」と思いました。
他人にどう思われているかって、自分ではわからないんですよね。

Instagramのタグ付けをする上で、気をつけていることはありますか?

Instagramで同じタグを繰り返すのは、フォロワーにロボットみたいに思われちゃうから、良くないなって思っています。タイムラインも汚くなりますよね。
あとは記事の内容によって、メイクを重視したらメイクのタグをつけるし、ファッションでポイントがあればそのタグをつけます。
たとえば、CM風動画の時は、海・デニムなど、動画に入っているものを考えました。
ポイントは、なるべく繰り返さないで、何日間も同じものを使わないようにすることだと思います。
タグの他にも、投稿は色や衣装・PR商品がかぶらないように、工夫しています。

今後の目標についておしえてください!

1年前から力を入れているnarrowのオーディションは、引き続き頑張りたいです。
新しい自分にアップデート出来るチャンスが目の前に来たら、絶対逃しちゃダメだと思っています。逃したらチャンスは0。チャンス逃さなければ可能性は50%あるんだから!
チャンスは絶対掴みたい!!
目標は、今の自分よりさらにいい自分になっていること。
今回の最終面接でも「憧れの女性」を聞かれたのですが、私には憧れの女性はいなくて、自分の憧れは明日の自分なの!

―取材後記

とってもお話が上手で、親近感にあふれる丹遥さん。どんどん話に引き込まれていきました!
「相手がどんなことを求めているのか?」を考えながら話すのは、とても難しい技術ですよね。でも、経験をつめばきっと「今より上手な自分」になります。
皆さんも、是非オーディションに応募して、1個1個経験を積んでいってくださいね!

本人からのメッセージ

画像

丹遥(ニナ)

「medimix」イメージモデル
「eco SHAMPOOBAR H2」イメージモデル
「オロビアンココスメアンバサダー」
日中美人親善大使、通販モデル
日中アンバサダー、デザイナー

画像

medimix

世界一売れていてるアーユルヴェーダ石鹸“medimix”
ココナッツオイル、パームオイル、ハーブオイルなどの天然オイル100%のナチュラルな石鹸で、古代インドで評価・検証されている、肌を健やかにする天然ハーブを配合して作られている。高い濃度の美容天然成分でお肌もしっとり。
日本正規総代理店はハイローズ株式会社
【Instagram公式アカウント】
https://instagram.com/medimix_jp?igshid=16z51xuav0nbc/

この記事を書いた人:いいむら ゆう