オススメの特集

アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2021年05月17日

「普通の女の子」が、企業からひっぱりだこのインフルエンサーに!おうちdeいわきカレーアンバサダー、岸野りかさんにインタビュー

narrowでは、毎月イメージモデルやアンバサダーなど、一般企業主催のオーディションを多数掲載しております。
オーディションでイメージモデルやアンバサダーに選ばれることで活躍の機会を増やしている受賞者も続々とでています!

そこで、今回は、“福島県いわき市魅せる課”主催の、「おうちdeいわきカレーアンバサダー」に選ばれたお三方に取材しました。
第1弾は、岸野りかさんです。

毎日、Instagramでフォトジェニックなお料理写真をアップしている、笑顔がチャーミングな岸野りかさん。実は、0歳児のママなんです!
そんな岸野りかさんに、いわきカレーのこと、Instagramのこと、子育てとの両立のことなど、色々聞いてみました。
もともと芸能活動を目指していなかった女の子でも、1年でアンバサダーになれたワケ、気になりませんか?
是非、記事をチェックしてみてくださいね!

おうちdeいわきカレー受賞についておしえてください!

受賞の感想を教えてください

すごくうれしいです。
正直、記念受験のような気持ちで、まさか受賞するとはおもっていませんでした!
ちょっとおもしろそうだな、と思って始めたので…(笑)

今回のオーディションを受けたきっかけはなんだったのでしょう?

知人から、「こういうのがあるよ」と教えてもらって、面白そうだと思って受けました。
実はnarrowも今回のオーディションのために登録して、オーディションを受けること自体初めてだったんです。

おうちdeいわきアンバサダーに選ばれたポイントは何だと思いますか?

料理のバリエーションが豊富だったことが、面接で受けが良かったように感じたので、そこでしょうか?
今回は、いわきカレーのレシピから自分のオリジナルレシピをあげる、といった形で投稿していくのですが、私の場合は、もともとのレシピとがっつり外れたものをつくったんです。
そこが、他の方とは違ったかなと思います。

―面接で意識した点はありますか?

最終面接では市長さんとは会わなかったのですが、面接の様子を録画したものを市長さんが選考されるとの事でした。
印象をよくするために、笑顔を絶やさず、明るく話しました!

他の参加者の投稿より目立ったのはどこだと思いますか?

画像

私のInstagramは基本的に料理アカウントなので、自分のインスタは料理だけを載せていました。
ほかの方の投稿を見た際に、きれいな方が顔の横でいわきカレーを持っているような投稿が多かったと思うんです。
その中で、私は料理の写真をどんっ!と載せていて、「#おうちdeいわきカレー」で検索した時に、料理の写真だけだったのが逆に目立ったのかなって。

受賞してから、なにか変化はありましたか?

アンバサダーに選ばれて、他のアンバサダーの機会や、InstagramのDMを通じて「この商品を使ってください」と、企業からPRの声がかかることが増えました。
今回の受賞は、とてもステップアップにつながったと思っています。

―いわきカレーをきっかけに、多くのアンバサダーをされているんですね!声がかかったものは全て受けているんですか?

競合がありそうなものや、似たようなものは、先にお声がけいただいたところを優先しています。
たくさんPR商品があるときは、しっかりスケジューリングしてやっていますね。

アンバサダーになってよかったことをおしえてください!

今回の「おうちdeいわきカレー」は、皆さんに馴染みのあるカレーを通して、福島県いわき市の農作物をPRをしよう!という目的のオーディションでした。
いわきカレーは、 “ミシュランのビブグルマン”に連続掲載されている人気シェフがレシピを考案されていたり、とても話題になっているんです。
定期的に数多くのいわき市の農産物や名産品をお送り頂けるので、アンバサダーを務める前より、いわき市の魅力を多く知ることが出来ました!
こういった様々な機会を頂き、料理での活動の幅が広げることができて、とても嬉しいです。
【いわきカレーCM動画】

Instagram投稿についておしえてください!

毎日投稿のモチベーションをどう保っているのでしょう?

日々、家族のために料理を作る中で、その延長線上で写真を撮って投稿しています。
なので、「Instagramのためにこれを作ろう!」といった感じではなく、気軽にやっているので毎日投稿できています。

―「インフルエンサーになりたい!」という気持ちはなかったのでしょうか?

もともと、Instagramをはじめたきっかけは、「せっかくいつもきれいなご飯を作ってくれているのだから、料理の写真をInstagramにあげてみたら?」という、夫の言葉がきっかけだったんです。
インフルエンサーになろうという気持ちはなく、産休育休に入って自分の時間が増えたので、そこから始めた感じでした。

投稿の工夫は何かしていますか?

初めはただ写真を撮っていただけでしたが、最近は、ある程度”見栄え”を意識するようにしました。

画像
くまマカロン

―くまのマカロン、とっても”映え”ますよね!

くまのマカロンは高校生から作り続けています。
私は、調理関係の専門学校出身で、その時の経験がいまいきていると感じます。

フォロワーが増えたきっかけはありましたか?

画像
ハロウィン投稿

我が家では、節目節目のイベントで、毎回料理を盛大に作っているんです。
ハロウィンの時に、メルカリの公式アカウントから、「ハロウィンメニューを作ったら、”#ハロウィン”で投稿しよう!」というのが流れてきたんです。それに投稿したところ、メルカリのストーリーに掲載されました。
そこからフォロワーが増えだしましたね。

お子さんは8か月ということで、子育てとの両立するのは難しくないですか?

Instagramは、子供を寝せて、ご飯を食べ終わって、やることが全部終わってから、寝る前の30分くらいを使って投稿を書いていますね。
日中はがっつり子育てと家事に専念して、日中と夜に分けています。
料理は1日1時間くらいで、まとめて5品くらい作るという感じで。

インフルエンサーになってよかったことはありますか?

色んな企業さんとのご縁があって、普段だったら自分が買わない商品と出会えたり、同じママさんとDMでお話ができたり、色々な方と繋がりを持てるということがすごくよかったです。
子育てをしていると家にこもりがちにもなりますが、SNSは気軽に社会とつながれますよね。

今後の目標をおしえてください!

Instagramをやっていく上で、改めて、「お料理、好きだな」と思ったので、料理関係の仕事ができればなと思います。
料理関係でやっていく中で、「知名度を上げるために何をしよう?」と思った時にやってみたのが、”おうちdeいわきカレー”だったんです。
もし受賞できれば、ステップアップにつながるのかなと。

今後も、そういった料理関係のオーディションがあれば受けていきたいですし、知名度を上げて、料理関係の仕事をできればと思っています。

narrowユーザーにひとことおねがいします!

行動することは、ステップアップのきっかけにもなります。
私も、初めは顔を載せるのに抵抗があって、顔出しを迷っていました。
でも、実際にやってからはプラスになったことばかりでした!
ちょっと勇気を出してやってみるのはどうでしょう。
私自身、迷っているときに受けた今回のオーディションが、ステップアップのきっかけにもなったので、迷っている方は是非受けてみたほうがいいのかなと思います。

―取材後記

家事育児をしながら、Instagramを毎日投稿してきた岸野りかさん。
自分が「好きなこと」が何かがわかって、「好きなことを仕事に」するのは、とても人生を豊かにしてくれますよね。
また、やるまでは迷うけど、やってからはプラスばかりということは、世の中多いのではないでしょうか。ジェットコースターも、怖いのは乗るまで!
芸能界やインフルエンサーは敷居が高い…そう思っている人も、是非オーディションを受けて、ステップアップしていってくださいね!

本人からのメッセージ

画像

岸野りか

いわき市農産物PR事業
おうちdeいわきカレーアンバサダー

画像

福島県いわき市魅せる課

いわき市は、福島県の東南端、茨城県と境を接する、広大な面積を持つまちで、東は太平洋に面しているため、寒暖の差が比較的少なく、温暖な気候に恵まれた地域。
年間2,000時間を超える豊富な日照時間と恵まれた自然環境の中、まじめな生産者が思いを込めていわき野菜を育てている。
【いわきカレー】
「おうちdeいわきカレー」公式レシピは、2016年から3年連続ミシュランビブグルマンを獲得した人気バル「リゾットカレースタンダード」オーナーシェフであり、「かしわビストロバンバン」を渋谷と福岡で展開する注目の人気シェフ高城直弥氏が全面監修!


この記事を書いた人:いいむら ゆう