アクセスランキング

メインビジュアル
  • 2022年06月25日

フリーランスで得た動画の強さが受賞の決め手!「マウスピース矯正@smileアンバサダーオーディション」グランプリ伊藤弥鈴さんにインタビュー

narrowでは、毎月イメージモデルやアンバサダーなど、一般企業や自治体主催のオーディションを多数掲載しております。
オーディションで受賞することで活躍の機会を増やしている受賞者も続々と出ています!

そこで、今回は、マウスピース矯正@smileアンバサダーオーディションで見事グランプリを受賞した伊藤弥鈴さんに取材しました。

@smileのマウスピース矯正を実際クリニックで体験してレビューするオーディション、その頂点に立った伊藤弥鈴さん。
自分から仕事を獲得しに行くスタイルで、今の基盤となる動画メディアのお仕事もゲットしています。

「フリーランスのやり方がわからない」「案件獲得ってどうやるの?」「PR投稿が苦手」という方はとても参考になる情報がモリモリなので、是非記事をチェックしてみてください!

伊藤弥鈴さんについて教えてください

今の活動の中心はなんですか?

フリーで、動画系のモデルと、動画クリエイターをしています。
女子向け動画メディア「Cチャンネル」で、1分の美容系動画を毎月15本くらいあげるといった形ですね。
現場に行って、動画の撮影や広告撮影もしています。

フリーランスになった理由はありますか?

もともと大手のプロダクションに入っていたのですが「このままだと埋もれる!絶対上に行けない!」と、早い段階で気づいちゃって。
その事務所で何年も下積みを続けるのは金銭面的にもきついと思い、フリーランスに移行しました。
とはいえ、業界の関係や上下関係など大事なことをしっかり学べたので、いきなりフリーになるより良かったと思っています。
22歳まで4年間事務所にいて、そこからいままでずっとフリーでやらせて頂いています。
フリーランスだと、依頼されるのを待ってるだけではなかなか仕事がつかめないので、自分からアプローチしてますね。

―具体的にはどうやってお仕事を得ているのでしょう?

InstagramのDMです。
案件の見つけ方のポイントは、インスタグラマーのお友達が投稿している案件のハッシュタグから飛んで、企業に直接DMをすることです。
例えば、今流行の眉毛アートとかやりましたね。
「以前友人から◯◯さんのPRを受けたってお聞きしたんですけど、まだ受け付けてますか」って聞くと、すんなり「お願いします」って言われること多いんですよ。
共通の友人がいると、相手企業も断りづらいのかもしれません(笑)
営業にInstagramは、本当に使えますね。

動画のモデルで大事なことはなんでしょうか

ヘアアレンジやメイクプロセスの動画が多いのですが、重要なのって実は段取りなんです。
セルフでやる動画を撮るので、モデル自身がヘアアレンジやメイクが得意な方が、撮る側としてもやりやすいみたいで。
そこは私がスタッフさんに評価していただいている点で、Cチャンネルの出演履歴はかれこれ6年くらいになります。

―継続期間が長いですね!

ありがたいことですね。
喋らなくていいことと短時間の動画なので、無言で黙々と作業ができるCチャンネルは、お互い相性が良かったという感じです。
話すのは緊張しちゃうので(笑)

―Cチャンネルを始めたきっかけはなんですか?

自分から営業したんです。
フリーに転向した時はコネもないし本当に職がなくて…。
何したらいいか分からない状態で辞めちゃったので、とにかく動くしかないと思って大人気のインフルエンサーさんの経歴を辿ってみたんです。
どうやって有名になったのかとか独自に調べて、必死でしたね(笑)
調べてみると、サロンモデルスタートで動画媒体で顔が売れて、そこから雑誌とか行くという段階を踏んでいる方がいて、私はサロンモデルの経験はあるので、動画媒体に近づける企業さんにアプローチしてみようと思いました。
そこで、Cチャンネルが開催しているスナップ撮影に応募したら通って、撮影に行ったんです。
その時のカメラマンさんがお偉いさんで、「動画をやってみたい!」という話をしたらCチャンネルの動画に出れることになり、今に至ります。

マウスピース矯正@smileアンバサダーオーディションについて教えてください

参加理由を教えてください

本当にタイミングが良かったのですが、実は最近までマウスピース矯正をしていたんです。
でも、前回受けたマウスピース矯正に全く納得がいっていなくて。
横から見た形とか、自分でしかわからない納得できない点があって、全然思い通りの完成図じゃなかったんです。
追加矯正を悩んでいた最高のタイミングでこのオーディションの存在を知り、絶対やりたいと思いました。

―前のマウスピース矯正と、@smileの違う点は感じていますか?

お試しのマウスピースを頂いた時に、前に付けていたものより柔らかいというか、あまり不快感がなかったですね。
カウンセリングに関しては、「こんなこともしてくれるの?そんなこともできるの?」と驚きの連続でした。
3Dでの矯正のシミュレーションも初体験でしたし、実際の完成形がわかるので、「え、この歯がこんなところまで移動できるの?」って(笑)
あと、私は笑うと歯茎が出るタイプなんですが、前歯を矯正してちょっと上に出せることにもびっくりしました。
歯茎の位置って、整形しないと変わらないと思っていたんですけど、3Dシミュレーションではぐっと上がっていて、歯茎を切らなくても大丈夫と言われて。
「それでも気になるなら、歯茎を切ることもできるよ」という話もしてもらい、カウンセリングではかなり親身になってくれました。

オーディション形式のPRはいかがでしたか?

かなり魅力はありましたね。
応募人数を全然把握できなかったので「かなり狭き門なんじゃないかな?」って思っていたのですが、カウンセリングに行った新宿院の院長先生に「グランプリとれるよ!!」と言われて、かなりやる気がでました(笑)
正直、グランプリとかは夢のまた夢と思っていて。
嘘でもそう言ってもらえたことで、「ちょっと頑張ってみようかな、私もできるかもしれない」と思えたので、院長先生にはとても感謝しています。

面接に向けて準備したことはありますか?

あります!
事前に自問自答したんですよ。
なんでマウスピースのオーディションを受けたのかとか、どういうアピールポイントがあるのかとか、全部iPhoneのメモ機能に書き出しましたね。

受賞した決め手はなんだと思いますか?

Instagramでは画像をきれいに撮ることができる人は多いと思いますが、私はそれに加えて動画に強いということをアピールしたのがよかったのかもしれません。

投稿審査で意識したことはありますか?

文章を考えるのは好きなので、フォロワーが気になりそうなことは事前に文章にすべて書きました。
あとは、良いポイントと、自分がマウスピース矯正を始めた理由をちゃんと記載することは意識してました。
率直な感想じゃないとみている人にはバレるので、レビュー系は企業イメージを損なわないようにしつつも、本音で書いています。

Instagramについて教えてください

フォロワーが増えたきっかけはありますか?
Cチャンネルのアプリで1.5万くらいフォロワーがいたので、そこから流れてきたのが1つですね。
あとは、海外のPR案件を受けたタイミングで海外のフォロワーさんがぐっと増えました。

―海外のPR案件は、どのようなものがあるのですか?

アクセサリーとかバッグとかが多いですね。
ただ、私はもう海外の案件はいいかなと思っていて…。
というのも、完全無料じゃなくて送料は負担ってパターンもあるんですよ。
フォロワーが増えたメリットはあったので、経験値を積めたかなという感じですね。

案件の投稿は、フォロワー離れやインサイトが悪いといったデメリットはありますか?

正直、通常のPRだとインサイトはあまりよくはないですね。
商品をバーンって載せたりとか、明らかにPRっぽいやつとかだと特によくないです。
逆にいいねが増えやすいのは、顔バーン!ですね。大々的に商材に紹介してる感じが出ない方が伸びやすいと思います。
ただ、今回の@smileに関しては投稿についての問い合わせ多かったですよ。
リアルのモデル友達からもDMが来たりとか、マウスピース矯正が気になってる人って多いと思うので、そういう商材は商品を大々的に出しても問題ないのかなって思います。

―案件を選ぶ基準はありますか?

ファッション、メイク関係は積極的に取り入れたいと思っています。
Instagramの案件は、私のInstagramの路線に合っているものが比較的おおいので、軽く引き受けちゃうんですよね。

今後の目標を教えてください。

インフルエンサー活動やモデルとして表に出て写真を撮ってもらったりは、細く長く続けていきたいです。
それに加えて、インフルエンサーだけでなく、また新しい自分で道を切り開きたいなって考えています。
動物占いに興味があって、資格取得のために勉強中です。
人付き合いにちょっと悩んだ時期もあったので、悩みを解消してあげられる立場になりたいなって思ったんですよね。
認定カウンセラーはとっているので、あとは個性心理学に合格すれば自分で占いができるんです。

narrowユーザーへメッセージをお願いします

私も実際オーディションに参加したときにはグランプリ受賞できるなんて本当に1ミリも思ってなかったんですけど、まさかまさかグランプリ取ることができました。
こういう奇跡的なことも起こりうるので、皆さんぜひオーディションに参加してみてください。

―取材後記

貪欲に案件をとりに行って、現在フリーで活躍している伊藤弥鈴さん。
自分のアルトマークになる人を見つけ経歴を真似してみるというのは、これから芸能界でやっていこうと思う皆さんにとても参考になったのではないでしょうか?
是非narrowオーディション参加してみて、なりたい自分を目指してくださいね!

本人からのメッセージ

画像

伊藤弥鈴

モデル/動画クリエイター

画像

マウスピース矯正@smile

透明なマウスピースを使用した歯列矯正を提供。
マウスピース矯正は海外で広く普及しており、最近では日本でも人気の矯正方法であるが、手軽さや安価であることを押し出したサービスも多く、トラブルに発展するケースも。
@smileでは誠実で分かりやすい情報をお届けして、信頼されるマウスピース矯正を提供している。
【Instagram公式アカウント】 https://www.instagram.com/at_smile_aligner/
【Twitter公式アカウント】 https://twitter.com/smile_aligner

この記事を書いた人:いいむら ゆう