オススメの特集

  • 2016年06月24日

美は睡眠で勝ち取れ!質の高い睡眠でオーディションに備えよう

画像

学校に部活にレッスン、宿題に予習復習に、自宅でのトレーニング。常に時間に追われて、ついつい夜更かししてしまっていませんか?それでは、オーディションの時に肌荒れなどを起こして大ピンチになるかも。睡眠不足は美しくあるためには大敵です!今回はオーディションで勝てる美肌を作るために、いかに睡眠が大切かと言うことをご紹介してみたいと思います。

美は睡眠で作られるといっても過言ではない

寝不足から引き起こされるものと言えば、肌荒れや目の下のクマ、ニキビなど。
でも実は、寝不足が続くと太りやすい体質になってしまうんです。
肌荒れはひどいは、目の下にはクマ、その上に太ってしまったら、これまでの努力も台無しです。
ちゃんと寝る、それだけのことで、体は多くく変化することを知らない方が多いみたいです。
日中の起きているときにいくら努力しても、あまり効果が出ないなあと思っているあなた、これを機に睡眠を見直してみませんか?

ダイエットと睡眠

実は寝ているだけでもカロリーは消費します。およそ350kcal~400kcalと言ったところでしょうか?
だからと言って、空いた時間にだらだら寝るのはお勧めしません。
効果を出すためには、やはり決められた時間だけはきちんと質の高い睡眠を目指すことが大切です。
ダイエットと睡眠が関連するのは、食欲をコントロールするホルモンへの影響です。
睡眠不足が続くと、体内では、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンがどんどん増えていきます。
そして悲しいことに、食欲を抑えてくれる効果を持つ「レプチン」というホルモンは減少する一方。
夜遅くまで起きていると小腹が減った……なんてことありませんか?
それもこれもすべて「睡眠不足」が原因なんです。

質の高い睡眠を目指そう

次に体の中への影響です。知らない間に睡眠不足になっているという方、多いみたいですね。
本人は元気なつもりでも、いきなりの肌荒れ、むくみ、クマ、くすみ、ニキビ。
身体はとても正直です。きちんと質の高い眠りを目指すためには以下の事に注意してみたください!

・寝る直前のスマホ・TV・パソコン
SNSが普及して、友達とのコミュニケーションツールとして大活躍してくれるスマホ。
情報収集も空いた時間にして、私って出来る女……!なんて思っててはいけません。
お布団にまでスマホを持ち込んでいませんか?握りしめたまま眠ってしまった経験はありませんか?
スマホやパソコンの刺激は、脳に大きな影響を与えるので、リラックスできない脳は疲れ果ててしまいます。
寝る直前のスマホや、パソコン、TVなどは、出来るだけ控えるようにしましょう。
目を酷使するのもよくありませんからね!

・枕やお布団のシーツは清潔なものを使う
その枕カバー、いつ洗ったか覚えていますか?お母さんにまかせっきり?それでは美肌への道は遠いです。
お布団のシーツはともかく、枕カバーは毎日生活なものに取り換えたっていいぐらいです。
一番顔に触れるものだからこそ、見えないダニやほこり、ゴミなどで摩擦を繰り返してしまうというのはいけません。
肌触りのいい素材で、清潔なものにこまめに交換する習慣をつけましょう。
やさしい肌触りだと、リラックス効果にも役立ちます。

・睡眠30分前に体を温める
暑い季節だとついつい肌の露出の多いルームウェアで過ごしたり、エアコンをガンガンに聞かせたりしていませんか?
冬だけが冷えに注意しないといけないわけではないんです。
室温を下げすぎない、肌の露出を避ける、マッサージなどで体をほぐす、ストレッチもいいですね。
肩や首を温めたり、マッサージするのも効果的です。
リラックスしやすいアロマなどを取り入れたり、部屋の照明を少し暗めにするのもよいでしょう。

まとめ

質の高い睡眠こそが、美をもたらす秘訣。可能な限り、22時~23時にはお布団に入るよう努力しましょう。
きちんと眠りについてから2~3時間後が肌のゴールデンタイムです。忙しいからこそ、6~7時間の睡眠を意識して、オーディションの日に備えましょう!

この記事を書いた人:櫻宮ヨウ