オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年07月11日

女優や俳優の面接ではどんな事を聞かれるの?採用されるための自分磨き法について

画像

テレビや舞台、映画で活躍している女優や俳優達は、いつも見る度に大変魅力的です。
そんな世界に憧れて女優や俳優を目指す方も多いようですが、女優や俳優の面接では一体どんな事を聞かれるのでしょう?今回は面接でよく聞かれる事と、採用されるための自分磨き法について解説していきたいと思います。

今までの出演経験について

女優や俳優の面接では、まずはどれぐらいの実力があるのかを確かめるために、今まで出演した舞台や映画、ドラマ、劇の出演経験について尋ねる場合が多いようです。やはり素人レベルの人や初心者を採用してしまうと、演技が慣れていないせいで他の女優や俳優からエキストラ、脚本家、監督、カメラマンといった風にみんなに迷惑がかかるので、慣れた人や実力がある人を積極的に採用するようです。
その役柄にぴったりの人を探すために、面接会場には広告代理店やテレビ局、映画会社以外といった制作会社のスタッフ以外にも、その映画を作った監督やドラマの脚本家、舞台の演出家の先生も面接官としている場合が多いです。
彼らは自分が作った作品のイメージにぴったり合う人を探しています。
オーディションを受ける前に出来る限りの情報を集めて、どんな制作会社なのか?どんな作品なのか?といった事がわかると、オーディション前にその作品の役柄に合うように稽古を積む事が出来ます。

簡単な自己PR

これは女優や俳優の面接に限らずにどのオーディションでもそうですが、面接官に最初に簡単な自己PRをして下さいと言われる事が多いです。
自己PRではあなたの特技や誰にも負けない事、趣味などを簡潔に、そして魅力的に語れるように前もってまとめてから上手にアピールできるように訓練しておきましょう。
例えば料理が得意な場合には、事前に料理系の資格やファスティング系、薬膳コーディネーターといった資格を取得していると、周りの人とも差をつける事が出来ます。
ダンスが得意な場合でも、ダンスの大会で優勝した経験やダンスの資格を取得しているとアピールしやすいです。
ダンスや歌、演技が出来る事は当たり前なので、それ以外で楽器が演奏できる、武術に長けている、書道上達者といった特技があると、そういった役があった場合に積極的に採用してもらえるようになります。
特に俳優の場合ですと映画やドラマで刑事物やスパイ物、戦争物といったアクションシーンがある作品では、剣道、フィリピン伝統武術カリ、カンフー、空水流使い、空手、柔道、チャンバラといった資格を取得していると仕事をもらえる確率が上がります。
俳優だけでなく、スタントマンといった仕事もこなせるとオファーの種類も広がります。
アクション系の映画やドラマの主役を目指しているのであれば、是非格闘技の技術を身に付けておきましょう。

簡単なセリフ合わせ

女優や俳優の面接では、簡単なセリフ合わせがあります。
脚本の中のセリフの1~2ページを面接会場で2人組になって読んでもらって、実際に演技してもらいます。
そんな時に是非身に付けておいて欲しいのが、セリフを即座に暗記する力です。
本番ではセリフをほんの一言でも間違えると、また撮りなおしとなって他の役者さんや大勢のスタッフの方に迷惑がかかるので、女優や俳優の基礎能力としてセリフをきちんと覚えれるか?といった事が第一条件となります。
面接会場でいきなり台本を渡されて、それをその場で即座に演じるためには、セリフを瞬時に暗記しないと上手く演技が出来ないのですが、セリフを暗記するコツとしては忍者の不忘術を使うと良いです。
人間の記憶の種類には短期記憶と半永久記憶とあるのですが、何度も見たり聞いたりして反復して覚えていかない限りはすぐに忘れてしまうのが普通です。
それを忘れないようにするためには、恐怖を伴うようにすると良いです。
例えばセリフを朗読しながら手をつねっていると、痛みと同時にその情報は大脳辺緑系の偏桃体に保存されるので、偏桃体の働きによってその恐怖体験の記憶は何度もフラッシュバックされる仕組みとなります。
女優や俳優達で優れている人達程、忍者並みに毎日稽古や様々な訓練を積み重ねているのです。

まとめ

今回は女優や俳優の面接で聞かれる事をテーマに取り挙げながら、オーディションで採用されるコツについて紹介してきました。面接では短時間しか時間が取れないので、そんな中で自分の実力もしくはそれ以上を発揮するためには普段から様々な訓練を積んでおく必要があります。
女優や俳優業は魅力的な外見に加えて演技力が重要となってくるので、面接の時にも演技力を多いに発揮できるようにしておいて下さい。がんばってください!

この記事を書いた人:猫瑠璃