オススメの特集

  • 2016年08月12日

厳しいオーディションをクリアして華麗にダンス!見る人を幸せにするアイドルになろう

画像

テレビ、映画のなかで華麗にダンスして、見る人を幸せにするのがアイドルです。夢を売ることがスタ-の仕事です。一般人が、そんな選ばれた人になるには、オーディションをクリアするだけでも容易ではありません。狭き門に挑戦してみませんか!

俳優・アイドルになるためのいくつかの方法

学生時代に小学校でも中学校でも高等学校でも人気があり、地元のスタ-であったという人は沢山います。今アイドルで芸能界で名を馳せている人たちは、芸能界に入る前は地元でそういう扱いをされていたことが多いのは事実です。ただ逆の地元のスターが芸能界のアイドルかというとそうではありません。
毎年地元のスターというのは、何万人といますが、芸能界のアイドルというのは100人程度ですし、トップアイドルというのは数人です。ある意味、東大の医学部に入るよりも統計学的には難しい狭き門です。

美人、ハンサムであるのは当然、歌えてダンスができるという人材が毎年数千人出てくる世界です。そういう世界で、数少ないスタ-の椅子を手に入れる為にはするべきことが決まっていますし、努力する値打ちもあります。
そういった場合、多くの人たちにとって芸能事務所、モデル事務所に所属することが第一歩になるでしょう。そこからオーディションに進むとかの道が開けます。

芸能事務所の気持ちになってみよう

芸能界入りするにはまず、芸能プロダクション、いわゆる芸能事務所に所属する必要があります。芸能事務所に入るは、事務所によって様々な方法があります。

最も一般的なのはオーディションを受けることです。その中でもやはりダンスができるアイドルは重宝されやすいです。大きな芸能事務所で美人のタレントは沢山いますが、ダンスが踊れたり歌が歌えるわけでもないとしたら、仕事の幅も広がらずなかなか活躍できないこともあります。芸能事務所の社長は、採用したタレントの卵を売り込むのが仕事ですから、売りこみやすいような特技、容姿端麗(たんれい)、高学歴、ダンスを極めている、などがあるとその後の仕事も入ってきやすすくなります。

芸能界に憧れて芸能事務所に入りたいという人は「あなたが芸能事務所の社長だとしましょう。その事務所にはどんな人が多いですか?どういう女の子、どういう男の子が欲しいですか?そういう人になれば、芸能事務所には入りやすいですよ」を考えぬいてみましょう。

芸能事務所に所属する以外の方法。

芸能界に入るのは、芸能事務所にはいるのが近道、あるいは当たり前のように思われていた頃がありますが、ずいぶん業界も変わってきています。芸能事務所に入るためのオーディションではなく、一般の芝居、映画、ミュージカル等の様々なイベント、企画の度にオーディションが開催されます。

それらのイベントの主催者側からすると、芸能事務所の色のついているタレントよりまだ染まっていない素材としての魅力を重視しているケースが多いです。
オーディションは、様々なエリア、時期で開催されています。ぜひ検索してみてください。

この記事を書いた人:中村