オススメの特集

  • 2016年08月15日

憧れのアイドルグループに入るためのオーディションについて知ろう!

画像

アイドルグループに入るにはオーディションへ応募する方法が一般的です。オーディションとはアイドルグループに入りたい人が受ける試験のようなもので、アイドルグループのイメージに合った人を発掘するために開かれます。

アイドルグループに入るには

アイドルグループに入るにはオーディションに参加して、いくつもの審査に合格し、選ばれなければなりません。オーディションはタレントや歌手などを目指す人の登竜門で、アイドルグループの所属事務所がイメージに合ったタレントを発掘するために開催します。オーディションではお芝居や歌、ダンスといったパフォーマンスが審査されます。

最近は個人よりグループアイドル方が人気が高いことも有り、アイドルグループに入ることを希望する応募者が多いです。そのため、競争率も高く、合格率は厳しくなっています。実際にオーディションに受かってグループに入れるアイドルはほんの一握りです。しかし、オーデョンに見事合格すると、その後はアイドルグループとして歌手デビューしたり、舞台やCMなどへの出演チャンスのスタートラインにも並びやすくなります。

アイドルグループに入るためのオーディションについて

多くの人はアイドルグループのオーディションに応募する際には公式サイトからオーディション情報を集めたり、オーディション情報サイトを利用しています。オーディションに応募する時には履歴書を送ります。書類審査で合格した人だけが次の審査に進むことができます。次の審査からは歩く時の身のこなしや歌の力など、写真だけでは分からないその人の魅力を見られます。

書類審査を通過した人の中からほんの一握りの人しか次の審査に行けません。それぞれのアイドルグループによって求められるイメージは異なっていて、例えば演技力がそれほど高くない人が次の審査に進める場合や、はじめは歌唱力はそれほど重要視されなかったり、次の審査のために与えられた課題をきちんとこなすことができた人が評価される、といった形で様々です。イメージに合っていればはじめから歌やダンスが完璧であることを求められることがない場合もあります。

アイドルグループに入ったら

ものすごい倍率のオーディションをクリアしてアイドルグループに入っても必ずしもアイドルとして人気者になれるとは限りません。むしろ、アイドルになってからブレイクするまでの方が厳しい道ともいえるでしょう。

また、グループとしての人気度と個人としての人気度は必ずしも比例しているわけではないという点もあります。審査員にあなた自身の魅力を知ってもらい、努力を重ねて成長していくことが重要です。
 

この記事を書いた人:中村