オススメの特集

  • 2016年08月25日

オーディション前に努力して自信を手に入れる!努力の効用とは?

画像

努力というと時代錯誤なイメージを持つ人も多いかと思いますが、何事も努力無くしては始まりません。ここでは、オーディションで自信が無いという人のために、努力を極めることをおすすめしています。

やれるだけやる!そんな覚悟があなたに自信をもたらしてくれます。

自信がないのは、絶対量の努力をしていないから

自信がないという人のほとんどは、絶対量の努力をしていないからです。
俳優・女優であれば演技の勉強、お笑いであればネタの練習、ミュージシャンであれば歌や楽器の練習をしなければなりませんよね。

オーディションはプロとして使い物になるかどうかを観るわけですので、最低限の努力をしなければなりません。自信がないという人のほとんどは、この最低限の努力ができていない人が多いのです。

つまり、自信がないという人のほとんどが、“やることをやっていない=絶対量の努力をしていない”人なのです。

やることをやっていなければ、自信がないのは当り前です。
オーディションに受かりたいのであれば、少なくともオーディションが終わるまでは努力を惜しまずに続けることが大事です。そうすれば自ずと自信はついてくるはずです。

努力をしていれば、自信がないことも忘れる

努力もそこそこに、遊びに出かけたりテレビを観ちゃっていませんか?

芸能のオーディションは才能も重視されるため、自分ではどうにもできないところがあります。しかし、努力次第で才能が花開くこともありますし、その努力が審査員に目にとまることもあります。

オーディション終了までは自分の全勢力を傾けて努力するべきです。遊びたい・休みたい気持ちもあるとは思いますが、オーディションだけに集中していれば、自信がないと思う暇もなくなります。

今は、目の前のすべきことに集中!そうしていると案外、不安な気持ちも、自信がないということも忘れてしまうものです。

努力してやりきれば自信がつく

「やるだけやった!」こう言えるようになれば、たとえ結果がダメでも、自分に自信がもてます。

これだけやったという達成感が多ければ多いほど、人は自信に溢れています。
自信をつけるためには、中途半端にして投げ出さないこと=やりきることです。

自分の限界といえるまでの努力をすることです。簡単なことではありませんが、努力するということは誰にでもできることです。自信がない……と言う人は、結果は二の次でいいので、まずは、“努力してやりきる”ということを目標にしてみるといいと思います。

まとめ

努力と言うのは簡単ですが、やるとなるとなかなか難しいものです。

でも、あなたが夢見たもの・目標を今一度思い出してみてください。それくらいの努力をするほどの価値のあることではありませんか?無理に努力をすすめませんが、“やってやる!”と思った方は、ぜひチャレンジしてみてください。

その先には、努力した人にしか見えない景色が見えるはずです。オーディション、がんばってくださいね。

この記事を書いた人:MCBR