オススメの特集

アクセスランキング

  • 2017年09月24日

モデルのオーディションの面接は派手な方がいい?当日の服装のポイント

画像

オーディションや面接前に服装で悩む人は多いでしょう。
ファッションは自分をアピールできる重要なポイントです。
オーディションの趣旨をふまえた上で、好印象を持たれるファッションでオーディションにのぞみましょう!

悩みの種であるファッション

モデルを目指している方にとって、オーディションや面接時の服装と言うのは結構悩む所です。
周りと差を付けたい、自分をたくさんアピールしたいと思い、目立つように派手なファッションで挑む方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ただ目立つ事だけを考えた服では面接を通過できないでしょう。

モデルの面接時の服装にはいくつか押えておくべきポイントがあります。
そのポイントをしっかり理解した上で、自分を最大限に表現できるファッションを心がけましょう。
ただ派手なだけの服装は、あまり良い印象を持たれないと言う場合もあります。

派手過ぎも地味過ぎもダメ

自分が目立つようにと派手なデザインや色味の服装は悪い意味で目立ってしまうかもしれません。
真っ赤やショッキングピンクなどの原色は避けて、パステル調やグレーがかった色味の服を選ぶと良いでしょう。

逆に地味過ぎる服と言うのもモデルの面接時には不向きです。
パッと見た感じ陰気で暗い雰囲気を漂わせていては好印象どころか何の印象にも残りません。
モデルと言うのは華やかさが要求される世界なので、派手過ぎない程度に華やかな要素をファッションに取り入れる事が大事なのです。

面接が求めているモデル像に合った服装

あなたが受けようとしている面接では、どんなモデルを求めているのでしょうか。
可愛いラブリー系のモデル、カッコいい大人っぽいモデル、カジュアルでナチュラルな雰囲気のモデルなど、モデルと言っても色々なタイプがあります。
その面接が求めているモデルに近いファッションを心がける事も大切です。

ファッションには色々な系統がありますが、モデルの面接は自分が好きな服装で行けばいいと言う訳ではありません。
しっかりと何系のモデルを求めているかを理解して、いつもの自分のファッションと系統が違う場合は、自分の好き嫌いは二の次にして、少し考えた方が良いでしょう。

まとめ

人は見た目で100%に近い印象が決まってしまいます。
それなのに服装で損をすると言うのは大変もったいない事なので、しっかりと面接やオーディションの趣旨をわきまえましょう。

とは言っても、ファッションは自分を表現する一番の方法です。
自分の自信のある部分を最大限に活かせる服装で臨みましょう。
例えば、自分のパーソナルカラーのトップスで顔色を明るく見せたりする事も有効です。

服装も大事ですが、一番見られているのは表情や態度、挨拶などです。
内面やマナー面もしっかりと押さえて、服装で第一印象をアップさせましょう。

この記事を書いた人:nana