オススメの特集

  • 2016年12月27日

歌手としてのデビューのキッカケになる!自作の音源を作る方法

画像

スマートフォンを持っている人の場合、PCはあまり見なくて主にこの媒体機器を見る機会が非常に多いです。この機器では、様々なサービスが提供されており、使いこなせば便利であることこの上ありません。また、歌手として活躍したい人であれば、録音機能もありますのでメリットは大きいでしょう。

音源を確保する方法

学生時代に、歌の才能があって歌手になろうと夢見た人はいるでしょう。また、楽器演奏に関しても才能はあるものの、楽器を購入するのが難しいという人は知人等から楽器を借りたり、音源を借りたりするでしょう。 

歌手としてデビューする場合、オーディションを受ければ良いかもしれません。 ただ、そのためには、運営者に対して録音テープ等の音源を提出する必要がありますので、自作の音源を確保するのは必要不可欠となってきます。 

市販されているボイスレコーダー等を活用すると良いでしょう。電機メーカーでは、1万円未満の水準でレコーダー等を販売しており、安くて高品質な製品は多く存在しています。

録音スタジオの存在

デビューをしたいけれど、自分はスマホの知識が疎いという、俗に言うアナログタイプの人の場合、録音スタジオ等を頼るかもしれません。録音スタジオ等は東京都内に何軒かあり、スマホを使わない人だったり、楽器を所有して音楽家デビューをしたい人にとってはありがたい存在となるかもしれません。

録音スタジオ等ですが、時間制で運営されています。また、自作の音源を作製する場合、スタジオ利用は6~12時間程度を要するそうであり、料金は4~7万円程度となります。ただし、料金は平日と休日等で異なっており、休日等の方が割増となります。また、録音スタジオ等は複数人の利用を対象としており、一人利用に関してはあまり歓迎されないかもしれません。

自宅で録音できる環境を作る

アイドルとして活躍する事を決意し、日々歌の練習に励む人はいると思われます。そういう人の場合、自宅で練習をする事があるかもしれません。

ただ、自宅で音楽の練習をしたりする場合、近所に音漏れをする恐れがあります。音漏れはトラブルを誘発する原因となっていますが、遮音設備を用意すればある程度はトラブルは防げるようになるでしょう。歌手やアイドルとしてデビューを果たす前に、トラブルに巻き込まれてしまっては「夢が夢で終わってしまう」という事になりかねません。
防音グッズ等ですが、ブース類は数万円程度、高品質であれば20万円程度で市販されています。また、防音カーテンは4千円程度で市販されており、防音環境を整えたい人は購入すべきでしょう。
他には、一人暮らしをするようになる場合、賃貸マンションに引っ越すときは、「両隣に部屋が無い物件」に住んだ方が無難となります。また、防音性能が優れている所に住んだ方が良さそうです。

まとめ

若い女性がアイドルとして活躍するようになれば、歌唱力を高めるために歌を唄う機会は多くなります。その際、自作の録音機器を購入したり、スマホ等に付帯されている機能は使いこなさなければなりません。

また、必要に応じて録音施設等を使う事はあるかもしれませんが、複数名でグループデビューをする際、そういった施設は料金を気にすべきでしょう。 他には、自宅でもできる防音機能の向上を考えるべきであり、防音グッズ等は比較的購入し易い価格で販売されています。また、マンションに引っ越しする場合、両隣に部屋が存在しない物件を探すと良さそうです。

この記事を書いた人:nana